効果は高いがその分リスクも!後悔しない絶食ダイエット

効果は高いがその分リスクもある方法なので、後悔しない絶食ダイエットをするには知識が必要です。食事をある程度制限するのは、減量をするには必須ですが、そのハードバージョンが絶食です。大変ではありますが、体重やすべてのリセットになります。

短期で痩せると注目の絶食ダイエットとは

短期で痩せると注目の絶食ダイエットとは、長期的に行うスローな方法とは異なり、一定の期間食事を断つという決断のもと、ダイエットを実行します。人間は毎日1日の3回の食事を食べていますし、さらに間食もしますが、それらをすべて経ちます。食べないと人間の生命は危険と考えられますが、それは長期的に行ったケースです。

数日間であり正しい方法であれば、むしろ体は良い意味でのリセットをすることができます。短期的に食事を断つことで、体内ではあらゆる変化が起きて、大幅なデトックス作用が働きます。溜まり切った不要な老廃物は、下剤などは飲まなくても、自然に排泄をされますので、便通もかなり良くなります。食事からの毒素も入らず、悪いものは出ていくので、体重と精神面までリセットされます。

絶食と聞くと怖いけど効果はあり!絶食ダイエットの始め方

絶食と聞くと怖いと感じやすいですが、ダイエット効果は高いものであり、絶食ダイエットの始め方は、最初に正しい知識を得ることから始まります。食事スケジュールは大きく、3つのステップで行われていくこととなり、このステップを着実にこなすことこそが、断食ダイエットの成功を左右します。

いきなり食べないのではなく、必ず体も必要で用意をするべきなのは、準備期間を設けることです。準備期間を正しく過ごすことができると、本断食期間がそれだけスムーズになります。もっと大事なのが回復期であり、猛烈な食欲が襲ってきますので、実はここが正念場です。でも回復期を焦ることなく、自分と向かい合って正しく過ごすことで、大きなリバウンドは起こさないです。

絶食ダイエット期間に守るべきこと

絶食ダイエット期間に守るべきことは、3つの段階を着実に進むこと、固形物は一切口にしないことです。本断食に入る前後は、まだソフトな固形物を口にするものの、本断食に入ったら固形物は口にはしなくなります。口がさみしいと感じるために、ごまかしの食品やドリンクを口にするのも、同様にNGな行為となります。

キャンディーをなめたり、ラムネを口の中で溶かしてみたり、アイスクリームやプリンなど、口でとろけるようなものも食べないことです。飲み物はシンプルに水か白湯が基本であり、清涼飲料水や、カフェイン入りのコーヒー、紅茶なども禁止になります。

ハードな運動は体に負担になるので、激しくスポーツをするのも控えます。ただ軽い運動は良いので、ウォーキングなどは積極的に行って大丈夫です。

絶食ダイエット終了後の回復期間と回復食

絶食ダイエット終了後の回復期間と回復食、これこそがダイエットの成功を左右をするポイントなので、本断食後の最後の試練ではありますが、ただし手段で乗り越えます。本断食が終了をすることで、食べられるという開放感がありますし、今まで我慢してきただけに、食べ始めると今まで感じたことのない食欲が襲ってきます。

しかし内臓はすっかり急速モードなので、過食を一気にすれば体調を乱しますし、ドカ食いをすることにもなります。回復期間は断食期間と同じだけ日数を取り、食事内容は具の入っていないみそ汁や、重湯などから始まります。徐々に湯では野菜や、おかゆなどに移行をしていき、少量をだんだんと増やしていきます。油ものなどは控えて、シンプルな食事メニューにします。

期間は半日から一週間が目安!期間ごとのスケジュール詳細

期間は半日から一週間が目安であり、期間ごとのスケジュール詳細をチェックして始めます。初心者に向いているのは半日断食であり、朝は固形物もカフェも飲まないで、白湯か水のみを飲みます。基本のルールですが半日断食の場合は、食事をしない時間を18時間もつことを目指した方法です。

だから朝は食べないこと、ランチは通常通りで大丈夫です。一週間のスケジュールは、準備期が1日であり、予備断食のため食事は少なめです。本断食は2日目から4引けですので、口にするのは水のみです。

回復期は5日めから7日目であり、食事を少しずつ増やしていきます。最初は具の入らないみそ汁を飲み、重湯をいただき、胃腸を鳴らしていきますが、これはリバウンド防止にもなります。

絶食はハードルが高い!そんな方には夜だけ絶食ダイエット

絶食はハードルが高いという人であっても、夜だけ絶食ダイエットであれば頑張ることができます。断食は一定の期間食べないですが、普段から小麦粉や砂糖などをたっぷり食べる食生活の人は、特に断食には強い抵抗感を感じやすくなります。

しかし夜の時間であれば、あとは眠るだけであり、翌朝には空腹感とともに、体重の減少というハッピーな結果が待っています、夜眠る前は若干つらいと感じても、眠りに入れば朝を迎えるのみであり、朝にはやってよかったという喜びを手にします。

夜断食の日のランチは通常通り、夜は水か白湯でしのぎます。翌朝は回復食なので、胃腸に負担のかからない重湯などを、よく噛んでいただきます。日中はこまめに、水分を飲むようにします。

絶食ダイエットが向いた人の特徴

絶食ダイエットが向いた人の特徴は、短期的に集中をしてダイエットの結果を出したい人です。長期間のダイエットスケジュールで、ロングランのダイエットはできない人には、すぐに結果が目の前の断食ダイエットはかなり向いています。短期間何も食べない方法は、ハードな方法なので挫折をするケースもありますが、断食も短い期間であれば平気な人などは、やって損のないダイエットです。

目の前に何か大事なイベントが迫っている人も、すぐに体重の減りを実感できますので、短期的に頑張ることができます。結婚式とかデートなど、自分をスリムに美しく見せたいシーンでは、即効性のあるダイエットを求めるのが人間です。また体調を良くしたり、デトックスをしたい人にも向いています。

短期間で痩せる可能性大!絶食ダイエットの長所

短期間で痩せる可能性大なのが絶食ダイエットであり、断食による長所は驚くほど多くあります。腸内の大幅なリセット作用は絶大ですので、断食期間とその直後の、腸内におけるクリーン化は素晴らしいものがあります。人間のお腹には宿便が溜まっていて、それらがどんどん排泄をされます。

食べないことで体内のエネルギーを使うこととなり、それに利用されるのが脂肪なので、本格的に脂肪燃焼をして脂肪が分解されます。美味しいと感じる脂質に糖質などは、過剰摂取をすると、悪玉コレステロールが増えます。

血液の疾患にもつながる問題ですが、断食ダイエットは血液の中の悪玉コレステロールを使用することができます。そのため断食を実践することで、悪玉コレステロールの数値は下がります。

リバウンドの可能性大!絶食ダイエットの短所

リバウンドの可能性大なにも絶食ダイエットであり、正しい方法を守らないと、思いがけないことも起こります。知っておきたいのは断食ダイエットの短所であり、いくつかのマイナス要素があります。力が入らなくなり物事への集中力が下がります。

メンタル的にはイライラしやすくなり、だんだんと意識がうつろになりやすく、階段の上り下りもつらくなりますし、椅子に座って体を起き上がらせているのも大変と感じやすくなります。

健康な状態の人が行うべき行為であり、断食をすると筋肉が減って基礎代謝も下がるので、体が冷えて寒さを感じます。ストレスで疲れている人や、精神的に安定をしない人、医薬品を常時飲んでいる人などは、向いてはいない方法です。

止める勇気も持とう!絶食ダイエットにおける大切な注意点

止める勇気も持つべきであり、絶食ダイエットにおける大切な注意点として、限界まで頑張りすぎないことです。妊娠中の女性や授乳中の人には向かない方法ですが、それ以外にも病気もちで日ごろから、処方薬を常に飲んでいる人なども控えることです。

断食は専門施設で行うか、周囲の人へ宣言をしてサポートを受けることで、最終的な健康な断食の成功を迎えます。一人だけで密かに行うのは、力も入らなくなりますし、意識も遠くなるので助けは必要です。

スケジュール通りにやっていても、人によっては負担が大きく、立ち上がないほどの負担を感じることがあるので、その時には回復食に入ります。最初から数日の断食をするのではなく、朝だけとか、夜のみなど、気楽な断食からのスタートです。