就寝前のストレッチタイムでらくらくダイエット

寝る前にストレッチを行うことで、代謝を良くすることができ、痩せやすい体にすることができます。さらに、睡眠の質も高まるので、安眠することができ、寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されダイエットに効果的です。

年齢世代を選ばない簡単ストレッチダイエットとは

ストレッチは、筋肉を伸ばす動きのことです。年齢や世代を問わず行うことができ、性別も関係ありません。自宅でゆっくりと行うので、雨や寒さも関係なく、一年を通して継続的に行うことができます。ストレッチというのは、特別な道具がなくても行うことができる動きです。

ストレッチダイエットというのは、自宅で簡単に誰もが行える方法です。スポーツウェアを用意したり、ジムに行く必要もないので、お金もかかりません。自分に合わせたペースで行うことができ、筋肉を伸ばすという気持ちのいい動きの中でダイエットができ、ボディラインを整える効果も高いです。日頃使わない筋肉を伸ばすと、自分でも伸びていることが分かり、効果を実感できます。

ストレッチがダイエットに効くのにはこんな理由がある

ダイエットで運動するというと、ランニングや筋トレ、水泳といった激しい運動を思い浮かべる人が多いです。確かにこれらの運動は消費カロリーが高いのですが、毎日行うことが難しいという面があります。ストレッチは、ランニングなどと比較すると消費カロリーは低いです。

しかし、筋肉を伸ばすという動作が、代謝を活発にさせ、痩せやすい体を作ることができます。おまけに、ストレッチは自宅で毎日行うことができます。ダイエットは短期間で行うとリバウンドの可能性が高くなります。継続的に行うことで、少しずつ痩せていき、リバウンドのリスクも低くなります。ストレッチを継続的に行うことは、ダイエットに効果的であるということが分かります。

ストレッチを行うベストなタイミングとは

ストレッチは、1日のうちいつ行っても構いません。好きな時間に好きな場所で行えるのがストレッチの特徴です。しかし、効果的に行うのであれば、血行がよくなる入浴後がおすすめです。できれば、入浴はシャワーで済ませるのではなく、湯船に入るようにするといいでしょう。

あたたかいお湯の中に入ることで、筋肉がほぐれ、その後のストレッチも伸びやすくなります。ただ、お風呂から出てすぐにストレッチをするというのは良くありません。

汗を拭いて、身体が落ち着いてから行います。入浴後は水分が失われているので、多めに水分補給をすることも忘れてはいけません。床が固いようであれば、マットやタオルを敷いておくと、骨が当たっても痛くありません。

就寝前のストレッチがダイエットに良い理由

就寝前のストレッチを行うことで、身体の筋肉を伸ばすことができます。最近は長時間パソコンやスマートフォンを使う人が増えていて、同じ姿勢で筋肉が固まってしまうということが多いです。寝る前にストレッチを行うことで、凝り固まった筋肉を伸ばし、安眠につなげる効果があります。質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。

さらに、ストレッチを行うことで代謝が活発になります。寝ている間は意識がありませんが、呼吸や血液の循環などの活動は行われていて、これを基礎代謝といいます。寝ている間の消費カロリーを上げることができるので、就寝前のストレッチというのはダイエットに効果的であることが分かり、手軽に行えるので実践しやすいです。

就寝前に短時間でできる簡単ストレッチ

仕事から帰宅して、夕食や入浴を済ませると、夜遅い時間になってしまうという人は多いです。ストレッチをする時間もないと考えるかもしれませんが、短時間で簡単に行えるストレッチであれば、本やDVDを使うことなく行えます。まず、仰向けに寝た状態で、手足を天井に向けて垂直に上げます。

そのまま、手足をぶらぶらと振ってみましょう。手や足は、心臓から遠いところにあるので、老廃物がたまりやすいです。振ることで老廃物を流し、スムーズな身体にすることができます。また、仰向けに寝たまま、上半身は上の方は、下半身は下の方に引っ張られるように伸びるのも効果的です。伸びたら力を抜いてみましょう。血液が流れるのを実感できます。

筋肉のコリをほぐすパーツ別ストレッチ

身体の中でも、肩こりに悩んでいる人は多いです。肩のコリをほぐすには、肩幅に立った状態で、両肩を思い切り上にあげます。その状態で10秒保ったら、息を吐いて肩を元の位置に戻します。これを何度か繰り返すと効果的です。また、常に頭を支えている首は、ゆっくりと回すことでストレッチできます。

左右両方から回すようにします。頸椎を傷めてしまうので、後ろ側は深くやる必要はありません。次に両手を使って頭を下向きに下げていきます。そして、右手を使って首を右側に倒し、左側も同様に行います。自分ができる範囲で構いませんので、無理をせずにゆったりと行うようにしましょう。硬くなった筋肉をほぐすので、身体が楽になるのが感じ取れます。

快適な睡眠に効果のあるストレッチ

快適な睡眠に効果のあるストレッチをするために、まずは体をリラックスさせましょう。仰向けで横になり、左足だけを持ち上げます。左手でつま先を持ち、斜めに引っ張るように持ちましょう。足の裏側の筋肉が伸びているのを感じられたら、反対側も行います。次に左の膝を右手で右側に倒します。

顔は左を向くようにすると、全身の筋肉が伸びているのを実感できるでしょう。10秒ほどこの姿勢を保ったら、反対側も同様に行い、10秒保ちましょう。頑張り過ぎてしまうと、無意識に呼吸を止めてしまうことがあります。呼吸はゆっくりと行い、筋肉を伸ばすときに吐くようにすると効果的です。鼻から吸って、口から吐くというのを、意図的に繰り返します。

面倒くさがりな人には寝たままストレッチ

ストレッチは立った姿勢で行うものと考えている人が多いですが、寝たままの姿勢でも十分に効果を発揮します。仰向けで寝た姿勢で、両膝を抱えるように両手で引き付けます。おしり、腰、背中の筋肉が伸びているのが分かったら、今度は両膝を立てて、手は左右に広げましょう。立てた膝をゆっくりと左右に倒していきます。

今度はうつ伏せになり、腕で状態を支えるようにしましょう。顎が上がらないように注意して、おなかに意識を向けましょう。そして、膝をついて、両手を前に出した状態で、おしりを後ろに引きながら腰から背中の筋肉を伸ばしていきましょう。最後に仰向けになり、ゆっくりと深呼吸すれば、全身を動かすストレッチの流れが完成します。

ストレッチダイエットを活かす正しい生活習慣とは

ストレッチダイエットを行うのであれば、効果的に行いたいでしょう。そのためには、正しい生活習慣を送るようにします。朝はきちんと起きて、朝食を食べてから出かけるようにしましょう。三食を食べ、食事のバランスにも気を付けるといいでしょう。睡眠は毎日決まった時間に行うようにして、早寝早起きを身体のリズムにしましょう。

休日だからといって、いつまでも寝ていると、このリズムが崩れてしまい、かえって体調が悪くなってしまうことがあります。平日も休みの日も、同じようなリズムで生活を送ると、身体が楽になります。ストレッチを行うのも、寝る前など時間を決めて習慣化すると、無理なく毎日行うことができるでしょう。自分がリラックスできる時間を見つけましょう。

快眠とストレッチの関係について

快眠とストレッチと言うのは深い関係があります。筋肉が固くなっている状態では、リラックスすることができません。寝る前にパソコンやスマートフォンを使っていると、脳が刺激され、興奮状態になってしまいます。ストレッチをゆっくりと行うことで、興奮はおさまり、リラックスした状態で眠りに入ることができます。

興奮したままの状態でも寝ることはできますが、睡眠が浅くなり、身体を休めることができません。リラックスしてから寝ることで、深い眠りで身体をしっかりと休めることができます。ストレッチは布団の上でも行うことができます。呼吸をしっかりすることで、身体だけでなく、精神的にもゆとりが出て気持ちよく眠りに入ることができます。