ダイエット中の食事に関する誤解とオススメのヘルシー食材

ダイエットをするうえで食事は切っても切れない関係です。成功させるためには適度な運動も必要ですが、それ以上に食事の管理がとても重要です。ダイエットに有効な食材や食事の仕方などを学んで効率よく、そして健康的に痩せましょう。

カロリーだけで選ぶのは間違い!正しい食材の選び方

ダイエットをしているときに必ず船員が気にするのがカロリーです。ダイエット、つまり痩せるためには消費するカロリーを摂取するカロリーよりも多くする必要があるからです。だからと言って食事の摂取カロリーをとにかく少なくしようというのは間違ったダイエット方法です。

カロリーばかり気にしすぎると必ずそのほかの栄養が不足します、栄養が不足すると肌がボロボロになりますし、髪の毛も栄養が行き渡らなくてパサパサになります。肌がボロボロになるという事はシミやシワもできやすくなります。

健康的に痩せるためにはカロリーももちろん重要ですが、それ以上に十分な栄養を摂取する必要があるのです。高タンパク、低糖質、低脂肪の食材を積極的に利用しましょう。

偏った食事は太りやすい体質に!ダイエット中の正しい食事とは

ダイエットにおける食事方法で最も心がけておかなければいけないことは偏った食事をしないという事です。偏食をするという事は常に同じ栄養素ばかりを摂取している一方、それ以外の栄養素は全く吸収できていない状態です。

必要な栄養素が不足すると身体が飢餓状態になって食べたいという気持ちが増加します。しかし、同じものを食べていても不足している栄養素は吸収されないままなので飢餓状態が収まることはありません。このため、必要以上に多く食べてしまい、太り易くなるというわけです。

ダイエットを成功させるためには毎日の食事で必要とされる栄養素をバランスよく摂取することがとても重要です。食事は3食きっちり、そしてその3食で必要な栄養素が摂取できるような献立にしましょう。

炭水化物を抜くのはリバウンドのもと!正しいダイエットとは

ダイエットには色々な方法が開発されて話題になります、そんな一つに炭水化物を抜く方法があります。これは炭水化物を抜くというよりも炭水化物によって摂取される糖分を抜く、つまり糖分制限をしてダイエットするというのが目的ですが、この方法はあまり有効とは言えません。

先ほども書いた通り、ダイエットを成功させるためには必要な栄養素をきちんと摂取することが大切です。炭水化物はわたしたちの体には必要不可欠な三大栄養素の一つです。炭水化物が不足している食事はダイエットに有効な食事とは言えません。

炭水化物に含まれている糖質はでんぷんです。糖質の摂り過ぎは良くありせんが、ダイエットで重視しなければいけないのはでんぷんではなく、それ以外の糖質です。

バランスの取れた食事こそ基本!ダイエットにオススメの食材

ダイエットにおすすめの食材は色々とあります。ダイエットで必ず推奨される食材は野菜です。野菜は脂肪分が少ないうえ、必要な栄養素を効率よく吸収できるからです。

推奨される野菜の一つにブロッコリーがあります。ブロッコリーは食物繊維が多く含まれています。食物繊維をしっかりとると、腸内環境が良くなって代謝機能が上がり、脂肪の燃焼率が高くなります。
また、ダイエットには大敵というイメージの強いお肉も食材を選べば逆に有効です。

例えば赤みの肉は脂肪分も少ないですし、炎症効果も高いです。何よりタンパク質は筋肉を造り出す元となります。筋肉が増えればそれだけ脂肪の燃焼量が増えるので長い目で見れば大きなダイエット効果が得られるのです。

ダイエットに向いているとは言えない食材

ダイエットに向いていない食材とは、カロリーが高くて脂肪になる可能性が高いものです。肉類の中で、赤みの肉はダイエットに適していると書きましたが、一方で加工肉はダイエットには向いていない食材です。具体的にはベーコンやウインナーなどが当たります。

加工肉は加工する際につなぎとして脂質を多く利用するため、普通の肉類よりもカロリーが高いためです。また、ダイエットの代名詞とされている春雨ですが、実は春雨にも糖質が多く含まれているのでダイエットに向いている食材とは言えません。

そしてダイエット食材の代表である野菜も向いていないものが存在します。イモ類はでんぷんが多いのでなんとなくイメージ出来る人も多いですが、ゴボウやレンコンも実は糖質が多いのであまり適している食材とは言えないのです。

ダイエットに欠かせない栄養成分とは

ダイエットを成功させるために必要な摂取すべき栄養素を知っておきましょう。まず、先ほども少し触れた食物繊維があります。食物繊維を多く含んだ食べ物は色かに時間がかかります。そのため、お腹に溜まりやすく食べ過ぎを防ぐ効果があります。

タンパク質は細胞を構成する主成分なので必ず必要です。そのほかに酵素を生成する材料ともなります、酵素は体内の代謝機能を上げてくれるため、ダイエットの相乗効果が期待できます。

もう一つ、ビタミンB群もダイエットに欠かせない栄養素です。ビタミンB群を十分に摂取することによって体内の脂肪やタンパク質をエネルギーに変える力が増すので、代謝機能が上がり痩せやすい身体にすることが出来ます。

ダイエットに適した油とは

ダイエットには大敵とされている脂ですが、これは大きな誤解です。油にはダイエットに不向きな摂取しないほうが良い油ももちろんありますが、逆に摂取することでダイエットを促進してくれる油も存在します。ダイエット方法の一つに油を飲む油ダイエットも存在するほどで、上手く利用すればとても効果が高いです。

油の成分の一つに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。ダイエットに有効な油はこの二つのうち、不飽和脂肪酸で構成されている脂です。不飽和脂肪酸で構成されている脂で私たちが普段から良く使っているものとしてはオリーブ油があります。

オリーブ油は実際にダイエットに有効な油としてとても話題になっています。オリーブ油は摂取することでダイエットの大敵である脂質や糖の代謝を促進する効果があります。

食材だけじゃなく食べ方も大事!太らない食べ方とは

ダイエットを成功させるために大切なのは、摂取する食材だけではありません。それ以上に重要なのが食事のとり方です。食べても太らない食事の原則は規則正しく食べることです。規則正しく食べるには、毎日出来るだけ同じ時間に同じ回数食事を食べるようにしましょう。食事の回数は普段通り一日3回きっちり食べるのがダイエットには良いとされています。

よくダイエットで1一日2食にしたり1食だけにする人が居ますが、抜いたことによって不足した栄養素を身体が求めるので、一回の食事で必要以上にたくさん食べてしまう可能性が高いです。

そして、効率よく栄養素を吸収するためにはお腹がすいてから食事をすることが重要です。決まった時間にお腹がすくようにするには食事の時間をある程度固定させることが必要なのは言うまでもありません。

太りにくい体を作る食材

太りにくい身体にするためには筋肉をつけることが一番の近道です。ですから効率よく筋肉を造り出してくれる食材も普段の食事に取り入れるようにしましょう。先ほどSダイエットに有効な食材として紹介した赤身の肉以外だと、鶏肉も筋肉を造り出すために有効な食材です。

ただし皮の部分は脂肪が多いのでダイエットで食べる際には皮の部分を取り除くか、カロリーの少ないささ身や胸肉を利用しましょう。卵も筋肉を造り出すうえで必要な栄養素であるタンパク質やアミノ酸などを豊富に含んでいる食材です。何より幅広い料理に利用できるので使わない手はありません。

また、肉類の中では魚が有効で善玉脂肪が多く含まれているため、筋肉の生成の促進効果があるうえに不飽和脂肪酸によって血行が良くなり代謝機能が上がる効果も期待できます。

ダイエットを成功に導く食生活とは

ダイエットを成功させるための食生活として最も心がけなくてはいけないことは、無理をしないという事です。ダイエットは継続、つまり続ける事が最も大切ですが、一気に痩せようと無茶な食事制限をすると必ず途中で挫折して断念し、失敗します。

一気にたくさん痩せるよりも毎月少しずつ同じくらい痩せていく方が切れ員癒せることが出来ます。また、食事の時間も大切です。

私たちの体は体内時計によって血糖値が上がったり下がったりしているのですが、血糖値が下がった時に食事すると、効率よく栄養を摂取できるうえに食べ過ぎを防ぐこともできます。食事の時間についてですが、前日の夕食から翌朝の朝食までの時間を空けるようにした方が良いとされています。