お腹周りの気になる脂肪を落とす秘訣とは

お腹周りの脂肪に悩まされている人は多いのではないでしょうか。一度ついてしまうとなかなか落ちない、この脂肪がついてしまう原因とはいったい何なのでしょうか。そして効率よく落とすにはどんなことに気を付ければよいのでしょうか。

落ちるのはいつも最後?お腹周りにつく脂肪の原因

体重が気になってダイエットをしてもお腹周りの脂肪というのはなかなか落ちないものです。ここの脂肪が落ちないのには理由があります。まずお腹周りというのは言うまでもなく内臓がたくさん詰まっている部分で、私たちの体の中でもかなり重要な場所と言えます。しかしお腹周りには骨がありません。

実はお腹周りの脂肪というのは内臓をガードする役目をしているため、なかなか落ちないのです。そして、お腹周りには骨と同時に筋肉もあまり損じしません。そのため余計に脂肪がたまりやすくなっている状態です。これがお腹周りに脂肪がつく根本的な原因です。特に筋肉が落ちていく中年以降の男性はお腹周りの脂肪がつきやすくなるといわれています。

お腹に溜まった脂肪を落とすコツってある?

そんなお腹周りの脂肪を落とすにはどのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか。結論から言えばお腹周りの脂肪を落とす場合でも普段のダイエットと何ら変わりありません。まずは本人の痩せるというモチベーションが何よりも大切です。ダイエットは一日二日で出来るものではありません。継続することが何よりも大切なのです。

実際にダイエットをする際に心がけることは大きく分けると三つあって、一つはバランスのとれた食事を摂るように心がける事、睡眠時間は十分に取るようにする事、そして最後は毎日無理のない半に出適度な運動を心がけるという事です。

この三つを成功させるためには自分の生活習慣を見直して良くない部分を改善する必要も出てくるでしょう。

お腹ダイエットの前にまずは改めたい悪習慣

では、お腹周りに脂肪がつきやすくなる悪い習慣を改めることから始めましょう。まずは食事の際に一気に食べ物を食べる人、つまりドカ食いする人はお腹周りの脂肪がつきやすくなるので見直した方が良いでしょう。

ドカ食いすると体内の血糖値が一気に上がります。すると食べたもので摂った栄養がそのまま脂肪へとなってお腹に溜まりやすくなるのです。特に食事と食事の間隔があく人はドカ食いをしやすいです。普段の姿勢もお腹周りの脂肪がつきやすくなる大きな要因です。普段の姿勢が猫背の人は要注意で、猫背になるとお腹周りに力が入りにくくなります。

腹筋が効かないという事はその分脂肪がお腹周りに溜まりやすくなりというわけです。また、腹筋が効かないことで代謝が悪くなるのも脂肪のつきやすさに拍車をかけています。

お腹ダイエット法!スクワットで脂肪退治

お腹周りの脂肪、つまり内臓脂肪を落とすためには運動が必要不可欠です。色々とある運動の中で効果的だとされている運動にスクワットがあります。スクワットによるダイエットのメリットはたくさんあるのですが、最大のメリットは脂肪の燃焼量がとても多い事です。スクワット一回でなんと腹筋100回に相当するほどの脂肪が燃焼されると言われています。

スクワットの正しいやり方として、足は肩幅と同じくらいまで開くようにします。そしてゆっくりと腰を下ろしていき、腰を下ろし切って所で2秒ほどキープしましょう。そしてしゃがんだ時と同じようにゆっくりと体を起こしていきます、これを繰り返してください。

実際にやってみると、初めは一回だけでもかなり負担になるものです。はじめのうちは無理をせずに少ない回数にとどめるようにしましょう。

寝る前に行いたいストレッチ

スクワットと合わせて寝る前には体のストレッチをおこなっておきましょう。このストレッチはお腹周りの脂肪を落とす目的はもちろんですが、適度な運動をして体が程よい疲労を感じると質の良い睡眠をすることが出来ます。

先ほども書きましたが、ダイエットに必要な要素の一つに十分な睡眠があります。そういった意味でもストレッチは重要です。おこなうストレッチとしてはベッドや布団の上で座ったまま、または寝転んで出来るストレッチが良いでしょう。

効果的なストレッチとしてはウエストを捻るストレッチが有効です。ウエストを捻ることによってお腹周りを引き締める効果が得られます。また、足を上げる腹筋もお腹周り、特に下腹部分を痩せさせる有効なストレッチ方法です。

お腹をへこませるならやっぱり筋トレ

お腹を凹ませるためには筋トレをすることもとても重要です。筋トレをおこなうこと自体が直接脂肪を燃焼させるわけではありませんが、脂肪を燃焼しやすくする身体づくりが出来ます。カロリー、つまり脂肪を消費しやすい身体づくりの一番の近道は筋肉をつけることです。

筋肉がお腹周りにつくということはお腹周りに脂肪がつきにくい身体にもなるので一石二鳥です。よくお腹周りの脂肪を落とすのに腹筋ばかりする人が居るのですが、腹筋だけをつけてもあまり効果がありません。

筋肉が一番つく所、それは脚です。つまりお腹周りの脂肪を早く落としたいと思うのであれば、お腹周りの運動と同様に脚の筋トレをすることがとても重要といえます。また、脚のトレーニング場成長ホルモンが分泌しやすくなるため、代謝を上げる効果も期待できます。

コツさえ掴めば簡単なドローイン

そのほかに簡単にお腹周りのダイエットが出来ると注目されている運動法がドローインです。ドローインとはどのような運動家というと、呼吸法と腹筋の動きを組み合わせた運動法です。今腹筋が弱い人が増えてきていて、中には腹筋が一回もできないという人もいます。

腹筋が全くできないのではダイエットどころではありません。そんな腹筋が弱い人でも効果的にお腹周りの筋肉を落とせる方法の一つがこのドローインなのです。いつでもどこでも出来るのもこのドローンの大きなメリットの一つです。

気になるドローインの基本的なやり方ですが、まずは息をゆっくり吐きながらお腹をへこませます。お腹をへこませた状態を10秒くらいキープしてゆっくりへこませたお腹を戻しましょう。たったこれだけです。

いくら運動をしても食生活が乱れていてはダメ!

今までいくつかの運動方法を紹介しましたが、いくら運動をしっかりしていても食生活が乱れていては何の効果もありません。お安価回りの脂肪がたくさんつく一番の原因は消費するカロリーに対して摂取するカロリーが多い皮だという事は言うまでもありません。

お腹周りに脂肪がたくさんついている人の食事の傾向としては外食が多かったり、揚げ物など脂質の多いものをたくさん食べていることが多いです。女性であればそれに加えて甘いものをたくさん食べている場合もお腹周りの脂肪が付きやすくなります。

また、お酒が好きな人はアルコールの摂取量にも十分注意する必要があります。運動と同時に乱れた食生活を改めることがダイエットを成功させるためには必要不可欠です。

脂肪を減らせる食事の順番

摂取する食物もダイエットには重要ですが、実は食べる順番というのも重要で、この食べる順番を心がけるだけで驚くほど脂肪減少に効果があるとされています。食事の順番としてはまず汁物から先に食べるようにします。汁物はお腹に溜まりやすいので、汁物を先に食べておくことによって満腹感を感じやすくなり、ドカ食いを防げます。

次に食物繊維、具体的には野菜を食べるようにします。野菜は脂質が少ないうえにダイエットに有効な成分がたくさん含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。

次はお肉や魚などのタンパク質を食べるようにして、ご飯や麺類などの炭水化物は空腹時に食べると脂肪がつきやすくなるので、最後に食べるようにします。炭水化物を最後に食べるというのが最大のポイントです。

頑張り過ぎは禁物!ダイエットのルール

色々なダイエット方法を紹介しましたが、ダイエットをするうえで必ず守っておいてほしいことがあります。それは頑張りすぎずに自分のペースでおこなうという事です。早く痩せようといきなり無理なメニューを組む人が多いですが、j無理なメニューを組むと始めたばかりはモチベーションが高いので継続できますが、一週間ほどすればだんだん辛くなってほとんどの人が止めてしまいます。

それよりも自分が出来る無理のない範囲でコツコツ続ける方がダイエットは必ず成功します。また、特にトレーニングやストレッチで無理をするとダイエットをするどころか逆に身体を傷めることになるので、特に運動は始めは少ない回数をこなすようにし、慣れてきたら徐々に回数を増やすようにしてください。