産後に太った下半身どうにかしたい!とっておきの脚やせ法とは

ライフスタイルの中で経験する妊娠・出産。新しい命を育てるため、女性の身体にはたくさんの変化が起こります。十月十日間、ホルモンバランスが変わったり、骨盤が動いて出産に備えます。

無事出産を終えた後には、いつの間にかどっしりと貫禄が付いてしまった下半身に愕然とすることも多いでしょう。これには、出産のために変化した骨盤が大きく関わってきます

今回は、なぜ産後に下半身太りしやすいのか、どうすれば脚やせできるのかについて解説します。知識を付けて、産後の悩み解決に役立ててみてください。

産後に下半身がドッシリしてしまうのはどうして?


出産前はそうでもなかったのに、出産後ふと見てみると下半身がやけにドッシリしていると感じたことはないでしょうか。

これは決して気のせいなどではなく、出産によって骨盤が開いたことに影響されている可能性が高いのです。女性は妊娠・出産によって身体が大きく変化します。

赤ちゃんがお腹の外に出ると、役目を終えた子宮は急速に収縮します。それに伴って、開いていた骨盤も徐々に妊娠前の状態に戻っていくのですが、ここでうまく骨盤が閉じきれなかったり、歪んだ状態で戻ってしまうこともあるのです。

そうなると内臓が元通りの位置に戻ることができずに落ち込み、筋肉が引っ張られて次第に衰え、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

また、骨盤にゆがみがあると無意識に脚の位置やバランスがとりにくくなるので、同じく脚の筋力や代謝の低下を招いて、下半身太りしやすい体質になってしまうのです。

出産直後はNG!産後のダイエットはいつから始めればいい?

まずは身体の調子を整えて

下半身太りが気になるからと言って、出産後すぐにダイエットを始めようとするママはたくさんいます。しかし、出産直後のダイエットはあまりお勧めできません

出産は、想像以上に身体に大きな負担をかける出来事であり、ホルモンバランスもまだ安定していないためダイエットを行うのに適していません。

ムリしてダイエットを行えば、体調の悪化を招いたり骨盤の更なる歪みを引き起こしてしまいます。しかもホルモンバランスが落ち着くまでは痩せにくい体質になっているため、ダイエットをしても本来の効果を得られません。

出産直後にダイエットを始めるメリットはほとんどなく、最低でも身体や体力がある程度回復する産後1ヶ月から1ヶ月半に達してから始めるようにしましょう。

実は産後には痩せやすいタイミングがあるって知ってる?

出産直後の運動は、身体へのダメージを大きくしてしまうためお勧めできませんが、一方で産後しばらくは痩せやすい時期としても知られています。

具体的に言うと、出産から約半年間は何もしなくても徐々に体重が落ちていく痩せやすい時期だとされています。

この時期は、ホルモンバランスが妊娠前の状態に徐々に戻っていくので体調が整うことに加え、母乳が盛んに作られるため、運動などをしなくてもエネルギーを多く消費するといった理由が考えられます。

もちろん全ての人の体重が自然と落ちるわけではありませんが、生活の中で正しい食事や軽い運動を心がけることで、ドッシリとした下半身をシェイプアップさせやすくなります。

産後に痩せるためには、このダイエット黄金期を逃さず、無理をしない範囲で積極的にダイエットに挑戦してみましょう。

産後太くなった脚を細くするためのコツ

広がった骨盤が下半身太りを招く

妊娠出産を機に下半身が太ってしまったという人は多いですが、これは妊娠・出産によって開いてしまった骨盤が原因です。

赤ちゃんを支えるために骨盤が開くのは必要なことなのですが、そのせいで周辺の血管や筋肉が圧迫されて血行が悪化してしまい、むくみが溜まって下半身太りしやすい体質になってしまっているのです。

産後にこうした状態を解消し、お尻や脚を細くするためには骨盤を元通りに閉じることが重要となります。骨盤の歪みや開きを矯正することが大切なので、骨盤を引き締めるエクササイズや矯正グッズを活用していきましょう。

出産後は骨盤が動きやすい状態になっているので、もともと骨盤が歪んでいた人などは理想的な形に矯正するチャンスだとも言えます。

出産で歪んだ骨盤を正す骨盤矯正のやり方

出産によって開いたり歪んでしまった骨盤を矯正する方法は、主に3通りあります。1つ目は整骨院などへ通って、専門技術と知識を持つプロに矯正施術を行ってもらうことです。

ただし、この方法は育児で時間のないママにはなかなか実践しづらいため、残りの方法の方が続けやすく効果が見込めると思います。

2つ目は骨盤矯正エクササイズを自分で行うことで、床をお尻の筋肉で歩いたりフラフープを回すように腰を動かすなど、手軽で家事などの最中に行える「ながらエクササイズ」がたくさんあります。

3つ目は、市販されている骨盤ベルトを巻くことです。専用のベルトを正しく巻くことで、日常生活を送るだけで自然と正しい位置に骨盤を戻していくことができます。産婦人科でも推奨されている方法です。

自宅で簡単に骨盤を整えるやり方も多いので、体調が整ったら実践してみてください。

出産で崩れた体型を戻す筋トレのやり方

筋トレでたるみを引き締めよう

妊娠している間は、赤ちゃんを冷えや衝撃から守るために皮下脂肪が非常に付きやすい体質になっています。また、妊娠中は激しい運動や筋トレが制限されているので筋力も低下しがちです。

それによって体型がかなり崩れてしまったという人も多いので、出産後にはしっかり筋トレをしてシルエットを引き締めるようにしましょう。

産後の下半身太りにはスクワット!

産後の筋トレとしてお勧めなのが、下半身の筋肉を重点的に鍛えて引き締めることができるスクワットです。赤ちゃんを抱っこしながら行うこともできるので、寝かしつける時などに一緒に実践すれば一石二鳥です。

やり方は、まず壁に背中をくっつけて立ち、赤ちゃんを落とさないように抱っこ紐などで固定します。そのまま壁に沿ってゆっくりとスクワットするだけで、30回程度を目安に繰り返しましょう。

壁に背を付けて行うことで背筋が伸びますし、いきなり大きな負荷がかかることがないのでおすすめです。これを1セットとし、1日に3セットほど行いましょう。

悪くなったリンパの流れを改善するマッサージのやり方

身体の巡りを良くしてスッキリボディへ

骨盤が歪んでしまうと、本来骨盤の中に納まっているはずの臓器が下へずれていってしまいます。こうなると筋肉が引っ張られて衰え、周辺の血行やリンパの循環も悪化して代謝が落ちてしまう上に、骨盤が開いたまま戻りにくくなります。

リンパの流れや血行が悪くなると、血液中にある余分な老廃物や脂肪などがスムーズに運搬されなくなり、むくみを招いて下半身が太くなる原因になってしまいます。

詰まってしまった足首~股関節にあるリンパ節の滞りを解消して、余計なものをスムーズに排出できるよう手助けをして、すっきり引き締まった下半身を取り戻しましょう。

リンパマッサージの手順

この状態を解消するために役立つのが、リンパの循環を改善するマッサージです。脚の付け根にあるリンパ節に向かって、足の先から血液を集めるように全体を下から上へさすっていきます。

まずは踝から膝に向かってふくらはぎを中心にさすり、次は太ももを中心に膝から脚の付け根へと手を滑らせましょう。力を入れる必要はないので、優しく丁寧に行うのがポイントです。

無理せず行おう!産後のダイエットの注意点

授乳の大切な時期だからこそ食生活を見直して!

脚やせを目指すなら、運動や骨盤矯正の他に食事にも気を遣う必要があります。どんなに脚やせのためにダイエットを行っていても、食欲のままに高カロリーのものを食べ続けていては痩せることはできません。

また、赤ちゃんへ授乳を行っているのであれば、ママが食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養になるため、赤ちゃんの為にもバランスの良い食生活を心がける必要もあります。

お菓子や脂っこい食事は太りやすいだけでなく、乳腺が詰まりやすくなるため乳腺炎などの原因になったり、母乳の質が落ちて赤ちゃんが飲まなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

野菜や良質なタンパク質を中心に、栄養バランスに気を付けて食べていれば、自然とダイエットにも赤ちゃんにも良い食生活を送ることができます。やはり、野菜がたっぷりとれて油をあまり使用しない和食がおすすめです。

焦りは禁物!無理せずマイペースにダイエット

いくら脚を細くしたいと言っても、先にもあげたように、出産後の無理なダイエットは禁物です。出産は身体に相当な負担を与えますし、その後の育児も体力と気力を大きく削られます。

赤ちゃんが生まれてすぐは、睡眠時間さえ十分にとれない場合もあります。その状態でダイエットを行えば、体調不良を招いて育児がままならなくなってしまうことは安易に想像がつきますよね。

もちろん妊娠前の綺麗なボディラインを取り戻すのも大切なことですが、それ以上に赤ちゃんや自分の今の体調の方が大切です。

過剰な食事制限を課してしまえば母乳の質が悪くなり、赤ちゃんに十分な栄養を与えられないこともありますし、脂肪を落とそうといきなり運動を始めても、疲れて余裕がなくなってしまいます。

産後に身体に鞭を打ってダイエットをしたところで、あまり良いことはありません。産後は特に体調も乱れやすいので、無理をしないことを第一に考えましょう。

何としてでも脚やせしたい人のための秘策とは


育児でなかなかダイエットに費やせる余力が無い人や、様々な脚やせダイエット法を実践しても効果を得られないという人の場合、思い切ってエステサロンに通うという方法もあります。

エステでは最先端のマシンを使って、効率よく脂肪の燃焼をサポートすることができますし、プロのエステティシャンによって骨盤矯正の施術を受けることもでるため骨盤の戻りもスムーズです。

自分で努力するだけでは得られないような、高い効果を得ることができるので、何としても脚を細くしたい!という人はエステを試してみるのも良いでしょう。

ただし、エステはお金も時間もある程度必要になるので、自分の状況でエステ通いが可能かどうか慎重に考えてから実践することも大切です。夫婦で相談して、育児の息抜きとしてエステに活かせてもらうのもよいリフレッシュになるかもしれません。

まずは自分でエクササイズや骨盤矯正グッズなどを試し、それでも無理なら、奥の手としてエステを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

産後に体型を戻すには、無理せず自分の体調と相談しながらダイエットを行うことが大切です。また、産後数ヵ月は痩せやすい期間と言いますが、激しい運動ではなく、自宅で簡単にできるものを取り入れて実践することをおすすめします。

赤ちゃんと一緒にコミュニケーションを取りながら、少しずつ身体を引き締めていってくださいね。継続して行うことで、徐々に元通り以上のボディを作ることができるはずです。