ダイエットに効果的!寝る前の簡単ストレッチ方法

食事制限や筋トレなど様々なダイエット方法がありますが、なかなか時間が取れなかったり長続きしないという時は寝る前の簡単ストレッチを日課にしてみてはいかがでしょうか。安眠や疲労回復など嬉しい効果がいっぱいです。

ストレッチをするとこんなメリットがある

準備運動など簡単な動きのイメージが強いストレッチですが、実はこれだけ行っても体に対するメリットがたくさんあります。ストレッチは体の凝り固まった筋肉や筋を伸ばし、柔らかくしなやかな体に導きます。血行を良くしたり、内臓の働きを促す、むくみを解消するなどのほかにも、リラックスしたり、体の緊張をほぐすなど体を動かしながら疲労回復の役目も果たします。

ダイエット中は食事制限をしたり、筋トレや激しい運動ばかりに目が行きがちですが、ストレッチを取り入れるだけでも少しずつ効果が表れてきます。疲れている時や熟睡したい時など、寝る前のストレッチを習慣にして、美容のゴールデンタイムと言われる睡眠時間を味方につけてはいかがでしょうか。

寝る前のストレッチで熟睡して健康な体づくり

寝る前にストレッチすることで、日中に働き続けた筋肉がリラックスし、血行が促進されるため熟睡できるという効果があります。睡眠不足の状態は暴飲暴食につながるということをご存知でしょうか。これは寝不足で多く分泌される食欲増加ホルモンが作用して、日中お腹が空いていないのについつい食べてしまうという現象につながるからです。

しっかりと眠ることができれば疲れも取れ、食べ過ぎを防ぐホルモン、レプチンが増えるので正常な食欲に戻り、ダイエット効果が期待できます。どうしても食欲が抑えられない、という人は睡眠不足が原因かもしれません。難しい動きは必要なく、時間も短時間で済むので、早速眠る前のストレッチに挑戦してみましょう。

夜にした方がよいストレッチ

夜にした方が良いストレッチは、ゆったりした動きであること、痛くない程度でできること、仰向けやううつ伏せの状態でできるもの、などです。もともとストレッチは激しいものではないですが、柔軟性を高めるもの、筋肉を目覚めさせる運動前に行うもの、そして体をほぐしてリラックス効果を高めるものなどに分けられます。

目指すものは3つ目なので、やりすぎないようにするのもポイントです。例えば首を回したり、肩を回したりすることも立派なストレッチのひとつ。無意識にやってしまう時よりも、よりゆっくりと、呼吸を整えながら目を閉じて行うと立派なストレッチのメニューになります。背中、お腹、肩、首など気になるところを中心にストレッチしてみましょう。

夜にストレッチをするとこんな効果が

なぜ夜にストレッチがいいのかというと、普通の運動と違い心拍数が上がりすぎないため心肺機能に負担がかからず、心地よい疲労を体に与えることができるからです。また、深呼吸をしながら行うことで体に多くの酸素を取り入れることができ、リラックスしたときに働く副交感神経のを活発にします。

深い呼吸は血管も広げ冷え性などの改善にも役立つため、足が冷えて眠れないといった女性にもおすすめです。夜は一日の疲れが蓄積している時間ですので、少し体を動かすことが疲労回復につながることがあります。

かといって疲れすぎては逆に眠れなくなってしまいますので、ストレッチ程度がまさに適当なのです。他にも、ストレッチは内臓に刺激を与えるものもあるので、翌朝スッキリという効果にも期待しましょう。

夜といってもストレッチをするタイミングは?

仕事が終わってから、夕食の後、ベッドに入る前、夜といってもその定義は人それぞれ。効果的なストレッチタイムにするにはどのタイミングで行えばよいのでしょうか。正解はベッドに入る前、これから眠るぞ、という直前に行うようにしてみましょう。ストレッチの時間はあまり長くても疲れてしまうので、3分や5分程度でも大丈夫です。

眠る前のルーティーンにしてしまうと体も脳も記憶して、睡眠へのスイッチが入りやすくなるので安眠効果が高くなります。パジャマに着替えてあとは寝るだけ、最後のストレッチを行ったらそのまま眠る、という習慣を体に覚えさせてしまいましょう。慣れてきたら目覚めのストレッチも行うようにすると、快適な目覚めができるようにもなります。

お風呂の後にストレッチが効果的って本当?

ベッドに入る前のタイミング以外でも、入浴後にストレッチを行っても効果があります。ただし、ここでの効果は柔軟性アップという部分が大きくなります。筋肉は冷えると固くなり、温まると柔らかくなるという特徴があります。入浴後は1日の中でも1番温まっている状態ですので、開脚や前屈などのストレッチがうまくいきやすいのです。

体が柔らかいことは怪我の防止にもつながり、生活習慣病予防や老化防止という思わぬメリットもありますので、余裕があればぜひこのタイミングでストレッチを行ってみましょう。若々しさはメイクやファッションだけでは作り出せません。毎日のストレッチを体のメンテナンスにあてて、体年齢を引き下げておきましょう。

やりすぎるストレッチに気を付けよう

体にいいことだらけのストレッチのようですが、間違った方法で行えば思わぬ怪我や不調のきっかけになります。例えば、勢いをつけて無理な体勢になろうとしたり、息を止めて我慢したり、その体勢からいきなり元の形に戻そうとするなどです。

痛気持ちいいくらいがちょうどいいのは事実ですが、反動をつけてストレッチをすると腱が切れたり筋肉を痛める恐れがあります。息を止めることも筋肉を固めてストレッチの意味がなくなってしまうので呼吸は止めずに、ゆっくりと動くことが大切です。

急に元の姿勢に戻そうとするのも筋肉がびっくりするのでおすすめしません。どこまでも体の先が伸びていくようなイメージを持って、固めないという意識でストレッチしてみましょう。

暗めの部屋でストレッチをして睡眠へとつなげよう

心地よい入眠につなげるためには、環境にも注意する必要があります。熟睡できるストレッチだからと言って、煌々と明かりをつけてノリのいい音楽をかけながら行ったのでは逆に目がさえてしまい、眠れなくなってしまいます。電気は間接照明などで抑え、音楽をかける場合はリラクゼーション音楽やゆったりとした曲調のものをチョイスしましょう。

香りも五感の中では特に大きな役割を担っているので、より深くリラックスするためにアロマなどを使ってみてもいいかもしれません。安眠のために良い香りとされているラベンダーなどを選べば、睡眠への導入としては完璧です。視覚、聴覚、嗅覚など体のあらゆる感覚を繊細に使っていくことも美人の条件ではないでしょうか。

ダイエットに効果があるストレッチ方法

夜行うストレッチは安眠のためという目的もありますので、あまり激しく負荷が大きいものは向きません。行ってみて気持ちいいと思える程度の簡単なものをチョイスしてやってみましょう。例えば、仰向けに寝て両手を広げ、片足を曲げ、反対側の足に向かって倒し腰をひねる運動。

このとき、顔を倒す方向と反対に向けるのがポイントです。背筋が伸びて、気持ちいと感じればOK。そのまま数回深呼吸をしてキープ。ゆっくりと反対側に移動して1セットです。うつ伏せは両脇に手を添え、床を押しながら頭をあげて海老ぞりになるポーズもおすすめです。

腰を折らないように首を長く保つのがポイントほかにも効果的なストレッチはありますが、まずはこの2つから始めてみてはいかがでしょうか。

寝る前に気を付けないといけないこと

ストレッチも終わったし、あとは寝るだけ、という段階でついついニュースが気になってスマホを手にしてしまうという人、意外と多いのではないでしょうか。せっかくの睡眠の準備もスマホを見れば台無しです。スマホだけでなく、テレビやパソコンといった強い光を目に感じると、脳が刺激されて眠気が吹き飛んでしまいます。

きるだけ、そのまま眠りにつけるように準備しておくことが大事です。ストレッチの前にホットミルクやココアなどを飲んで体を温めておくのも効果的です。ミルクに含まれるカルシウムも睡眠の質を良くする効果があります。歯磨きは必要ですが、睡眠は最大の美容法とも言われますので、この機会に真剣に日々の眠りと向き合ってみてはいかがでしょうか。