青汁ダイエットで簡単に!美しく健康的に痩せられるコツ

簡単に痩せたい方には青汁ダイエットをおすすめします。昔から野菜をたくさん食べれば痩せられると言われてきましたが、この理由は代謝を高めてくれるからです。ビタミンとミネラルバランスを整えて、食物繊維を補給すれば自然と痩せることができます。

青汁がダイエットに良い理由

ダイエット食材と言えば低カロリー食をイメージする人が多いでしょうが、年齢を重ねてくるとこの方法だけでは思うように痩せません。代謝が低下してカロリーが燃焼しにくくなるので、代謝促進系のダイエットが必要になってきます。青汁にはビタミンに加えてカリウム、食物繊維が含まれており、野菜をあまり食べない方にとって最適な食品と言えるでしょう。

食物繊維が不足すると、毒素が溜まりやすくなるので肥満を促進させます。若いころは食生活が乱れていても太りにくいですが、これは十分な代謝力があるからです。30代も後半になるころには代謝がかなり低下してくるので、デトックスが必要になってきます。便秘を解消して毒素を追い出すためにも青汁を活用しましょう。

ダイエットにはどんな青汁を選べばいいの?

全般的に青汁のカロリーは非常に低いもので、1日の摂取カロリーに含める必要はありません。便通が悪くてお腹がぽっこりしている方には、食物繊維を豊富に含んでいる粉末青汁をおすすめします。

粉末で10g程度摂取してもあまり意味がないと思うかもしれませんが、粉末10gを製造するには100g程度の生野菜が必要になるのです。つまり粉末を10g摂ることは、生野菜を100g食べたことになります。

置き換えダイエットとして活用するなら、ジュースタイプをおすすめします。ケールは野菜の王様と言われるほど栄養価が高く、栄養を第一に考える方にとって最適です。ジュースタイプは繊維質を含んでいないので、速やかに吸収されます。胃腸に負担をかけないので、就寝前に飲んでもよいのです。

青汁ダイエットを成功させるコツとは

どんなダイエットにも言えますが、三日坊主では絶対に効果は出せません。痩せることは体質を変えていくことであり、これには時間を要するからです。肌状態を変えるには最低1ヶ月かかると言われますが、これがダイエットとなるともっとかかります。3ヶ月は集中ダイエットをする必要があり、3ヶ月後の結果を見て成功かどうか判断してください。

青汁ダイエットを成功させるには、生活リズムの見直しも欠かせません。青汁を飲んでいるから少しくらい暴飲暴食をしても大丈夫などと考えてしまうと、失敗やリバウンドすることでしょう。3ヶ月間は自分への甘えをなくして、徹底ダイエットを実践してください。効果を実感できたなら、再び3ヶ月の期間設定をしてダイエットを続けてください。

ダイエットに効果的な青汁を飲むタイミング

青汁はいつ飲んでもかまいませんが、本格的に痩せたいなら食事と置き換えるのが一番です。平日は厳しいという方は、土日の夕食と置き換えるなど工夫しましょう。夕食が最も高カロリーという方は多いため、夕食と置き換えるのはダイエット効果が絶大なのです。ただし、毎日だと苦痛に感じてしまうので週に1~2回で調整するといいでしょう。

健康食品として青汁を飲むなら、お茶の代わりに飲んで問題ありません。食事中や食後に飲むことで栄養バランスを整えることができます。特に野菜が嫌いという方は多めに飲むようにしてください。1日にどの程度の野菜を摂取しているか知ることで、必要な青汁の量もわかってくるでしょう。1日分の野菜が100g不足している方なら、粉末換算で10g摂るとよいです。

長く続けて緩やかに体重を減らして健康的な身体に

青汁ダイエットは続けることに意味があり、少なくとも3ヶ月は継続してください。ゆっくりと時間をかけて痩せることで、リバウンドしない身体になれます。短期間で無理に痩せようとすると、脂肪と筋肉を落としていくことになります。筋肉を残して脂肪だけを落としていかないとダイエットは失敗するのです。

人間の身体は急激な変化を嫌うので、無理な方法ほど失敗しやすいです。痩せるためのコツは自分に無理をしないことですから、人によって効果的な方法は変わってきます。

1ヶ月などの短期ダイエットは避けて、最低でも3ヶ月はかけるように心がけましょう。基礎代謝を活性化していけば、無理なく痩せられる身体に近づいていくでしょう。コツコツと継続できる方法を取り入れることが痩せるために一番大切なことです。

青汁は1日にどれくらい飲めばいいの?

青汁は1日あたり粉末で10g、ジュースで100mlが目安になります。現代人は50~100g程度の野菜が不足しているので、粉末青汁10gを摂ればカバーできます。大量に摂っても副作用はありませんが、コストは上がってしまうでしょう。自分にとって無理のないコストに抑えないと継続することができません。

青汁は食事と一緒に摂るのがおすすめであり、お茶代わりに飲んでいる方もいます。置き換えダイエットをするなら、夕食と置き換えるのがよいでしょう。食事と置き換えする場合は、少し多めに飲んでも問題ありません。1日に必要な野菜は350gと言われているので、これを目安にして飲む量を調整していきましょう。野菜をほとんど食べない方は、青汁の量を増やしていく必要があります。

他の食材と組み合わせて更なる効果が期待できる

青汁はケールや大麦若葉などの野菜が原料となっているので、タンパク質はほとんど含まれていません。タンパク質は筋肉を構成する栄養素ですから、タンパク質不足は肥満体型を招きます。ダイエットをしたい方は魚や大豆などをたくさん食べてタンパク質を補給していきましょう。肉にも豊富なタンパク質が含まれていますが、脂肪分が非常に多いのが欠点でもあります。

脂肪を抑えるのはダイエットの基本ですから、動物性食品は摂りすぎないように注意してください。鶏肉は脂肪分が少ないので、肉が好きな方は鶏肉を中心にするのが好ましいです。青汁は豆乳との相性もよいので、豆乳に溶かして飲むのもよいでしょう。抹茶のようなマイルドな風味になり、水で溶かすより飲みやすくなります。

アレンジして美味しく続けよう

青汁は粉末タイプを利用している方が多く、水や牛乳に溶かして飲んでいる方が目立ちます。それ以外だと豆乳に溶かしたり、スープに混ぜたりしている人もいるようです。アレンジの方法は自由自在で、自分の好きなように利用することができます。アイスクリームやヨーグルトとも相性がよいので、試してみるとよいでしょう。

最近の青汁は抹茶風味に近づいており、昔とは比較にならないほどおいしいです。青臭い風味がほとんどなくなり、お子さんでもおいしいと言うほどです。子どもは正直なので、子どもがおいしいと感じるものは大人にもおいしいと考えてよいでしょう。青汁は青野菜や緑黄色野菜をあまり食べない方におすすめで、料理に混ぜて食べている方も少なくありません。

青汁を飲むときの注意点

青汁は食品なのでリスクはなく、少しくらい飲みすぎてもまったく問題ありません。1日の野菜の摂取目安量は350gですが、500g食べたからと言って健康を害することはありません。

ただし、青汁ダイエットを意識するあまり、無理な食事制限をするのは避けましょう。青汁は非常に栄養価が高いですが、完全栄養食ではありません。タンパク質がほとんど含まれないので、食事ではタンパク質を多めに摂るようにしてください。

青汁の吸収性を高めるためには、あまり薄くしすぎないほうがよいでしょう。パッケージ記載の飲み方に従って飲むのが一番よいです。水分は1回あたり200ml程度に抑えておくのが吸収性を高くするコツです。一度にたくさん飲むよりも、何度かに分けたほうが吸収性は高くなります。

エステサロンに通いながら青汁ダイエットで食事管理

青汁ダイエットはエステサロンでも推奨しているところがあります。痩せるためには体重の維持が必須であり、そのためには食事管理が欠かせません。エステに通うことで理想のスタイルが手に入るでしょうが、生活習慣を改善しないと再び太ってしまいます。太らない身体を手に入れるためには、生活を見直すしかないのです。

エステサロンと青汁ダイエットを並行する方は、暴飲暴食を避けることを心がけましょう。お菓子を食べる方は、食事のカロリーに含める必要があります。

お菓子は別腹という発想を持っていると太るので、例えば300kcalのシュークリームを食べるなら、食事のカロリーを300kcal減らしましょう。食事管理はカロリー制限と栄養バランスの改善が基本となるので、暴飲暴食に加えて食生活がワンパターンにならないように注意してください。