ナッツダイエットの驚きの効果と正しい食べ方

生活習慣病予防、いつまでも若々しくいるためになど目標はそれぞれ違いますが、ダイエットに励んでいる人はとても多いです。

例えば今話題のライザップでは絶大な効果を実感しているという方も多いですし、炭水化物抜きの食事を食べたり、酵素ドリンクを飲むなどもあります。そんな様々な方法がある中ですぐにでも始められるのがナッツを使ってやせるという方法です。

ナッツダイエットとは

ナッツダイエットとは1日に合計で25gほどのナッツを毎日食べ続けるという方法です。1日25gというと、例えばアーモンドの場合で25粒、クルミでおよそ8粒ほどとなります。他のナッツ類ですとカシューナッツやマカダミアナッツなら13粒ほどを目安としておきましょう。ちなみにピーナッツはナッツではありませんから、この方法では除外します。

ナッツをおやつのようにして食べることができますので小腹がすいた時に食べたりしておけば暴飲暴食を防ぐことができますし、ダイエットをしているというストレスをあまり感じることなく続けることができるのがこの方法のメリットです。ミックスナッツでもOKですが、合計で25gほどになるように調整しましょう。

ナッツを食べることでカラダに沢山のメリットがある

ナッツを食べることでダイエットだけではなく、健康的な意味でもたくさんのメリットがあります。まずナッツ類は食物繊維が豊富なので便秘解消に良いです。これはナッツの食物繊維が胃や腸などで水分を吸収して腸のぜん動運動を活発にしてくれることによるものです。

またナッツには不飽和脂肪酸が含まれており、体内で脂肪燃焼のサポートをした上で脂肪がつきにくくする効果が期待できます。

そして美肌効果もあるといわれています。ナッツにはとにかくビタミンB1、B2、B6などが非常に豊富に含まれており、これらの働きによって糖質、脂肪、たんぱく質などの代謝促進をしてくれるのでデトックス効果にもなりますし、痩せやすい体作りにも役立ちます。

ナッツの栄養とカロリー

ナッツはとても栄養価が高い食べ物として知られています。ナッツと言っても様々ありますが、特に効果を感じることができるのは食物繊維、ビタミン類、不飽和脂肪酸などがあります。カロリーはそのナッツの種類によっても違いますが、比較的カロリーが低いものですとカシューナッツがあります。

カシューナッツは100gで約576キロカロリーです。またアーモンドも100gで598キロカロリーとなっているのでカロリーは低いほうだといえるでしょう。栄養価が非常に高いことで知られているクルミはカロリー面では少し高めで、100gで約674キロカロリーとなっています。

ただナッツダイエットをしている時は1日でわずか25gほどしか摂取しないので、そこまでカロリーを気にし過ぎる必要もないです。

ダイエットに向いているナッツの種類.はどれ?

ダイエットに向いているナッツという意味ではカロリーだけで言えば比較的低めであるカシューナッツがオススメですが、全体的な効果を見てみるとおすすめとされているのはクルミ、そしてアーモンドです。特にアーモンドはダイエット向きといわれており、食物繊維が豊富、不飽和脂肪酸であるオレイン酸も豊富なことで体内にある余分な糖分や脂肪などの吸収を抑制してくれます。

そしてもう1つのおすすめはクルミです。クルミは血液の流れを良くすることから動脈硬化の予防にも良いですし、なんといっても食物繊維が豊富なのでおなかの中をすっきりさせることができます。特に便秘で悩んでいる方であればクルミを毎日摂取するようにすることで宿便なども出やすくなります。

ダイエットにおすすめの無塩ナッツってなに?

ダイエットに特に良いといわれているのはアーモンドやクルミなどですが、おつまみになっているようなものは塩分も多く、油で揚げられているものばかりなのでダイエット向けではありません。同じナッツを食べるのであれば無塩のものを食べるほうが良いです。

無塩ナッツというのはその名の通り、塩分などで味をつけられていないナッツそのものの味のものです。おつまみ用のナッツは油で揚げられている上に塩分で少し濃いめに味付けされているため、ダイエットには不向きです。

できれば無添加で、無油(揚げられていない)のシンプルにローストされただけのナッツを選択するのが良いです。最近では無塩・無添加・無油のナッツミックスも販売されているので、そういったものを購入するのも良いです。

ナッツはいつ食べるとダイエットに効果的?

ナッツダイエットをしている時にどのタイミングでナッツを食べるのが効果的なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。ナッツを食べるタイミングは基本的にはいつでもOKなのですが、効果的という意味では食前に食べておくのが良いでしょう。

これは食前に食べることで満腹中枢を刺激することができますから食べ過ぎを防ぐことができますし、食事の前にナッツを食べておくことで血糖値が急激に上昇することを防ぐことができます。もちろん小腹がすいた時におやつ代わりとしてナッツを数粒食べておくというのも良いです。

ダイエット中は痩せたいということを意識しているため、空腹に対して敏感になりがちです。そういった時にナッツを食べることでリラックスできますし、ストレスをあまり感じずに継続することができます。

ダイエットに効果的なのはどのくらいの量?

ナッツダイエットに効果的とされているのは1日におよそ25gほどですが、これはアーモンドですと25粒、クルミなら8粒、カシューナッツで13粒、マカダミアナッツも約13粒ほどです。ミックスナッツであれば自分で計算しながらおよそ25gほどになるように調整すると良いです。

少しでもたくさんのナッツを食べておきたいということであればアーモンドが1日25粒ほどなので、食前や間食で食べる時に分けて食べやすいです。1日3食と間食1回であれば、25粒を4回分に分ければ1回につき6粒ずつ食べることができますので、満足感を得ることもできます。クルミであれば4回分に分けるとすると1回につき2粒ずつということになります。

効果的なナッツダイエットのやり方

同じするのであればより効果的にナッツダイエットをしたいものです。より効果的にダイエットするにはナッツを食べる時によく噛んでから水分を一緒に摂取することです。水分といっても冷蔵庫などで冷やしてあるものは冷え性などの原因になりやすいですから、できれば温かい飲み物や常温の飲み物を飲むようにするのが良いです。

そして小腹がすいて辛い時にもナッツをひとつまみ食べるようにすることで、スナック菓子やスイーツなどダイエット中にはできれば避けておきたい食べ物を口にしないですみます。水分も一緒に飲むのでおなかがいっぱいにならない程度に空腹をなくすことができます。食前に食べる場合もできれば食事を食べる30分前までに食べるようにするといいです。

ナッツダイエットをする時は食べすぎに注意

ナッツダイエットをしている時、ナッツは小さな粒なのでついつい食べ過ぎてしまう時があります。ただ気をつけないとナッツ類は量を食べてしまうとそれなりのカロリー摂取になってしまいますので、ダイエットをしている意味がなくなってしまいます。

1日に摂取するのは25gほどと決まっているのですから、それを1日3食の前に食べる分ということでまずは3回分、間食もしたいということであればその分も例えば午前中と午後で1回ずつで間食分で2回分ということで合計で5回分にあらかじめ分けておくというのも良い方法です。

また食べる時には容器からそのまま食べるのではなく、小皿などにその時食べる分だけを出して食べるようにすると食べ過ぎを防ぐことができます。

美味しく食べられるナッツレシピ

ナッツはそのまま食べるだけではなく、食事の中に取り入れることもできます。簡単にできるメニューですと、インゲン豆のナッツ和えがあります。インゲン豆を茹でて食べやすい大きさにカットし、ナッツを包丁で細かく切りましょう。

細かく切ったナッツにすりゴマを適量加えて、インゲン豆と軽く混ぜ合わせます。マヨネーズ・味噌・麺つゆ・砂糖・お好みでカラシを加えたものをインゲン豆に加えて和えればできあがりです。

鶏カツの衣に使うのもおいしいです。ナッツを棒などで叩いて細かくくだき、醤油、おろしショウガ、おろしニンニク、を混ぜ合わせたものに一口大に切った鶏肉をつけておきます。

おからパウダーと水、卵を混ぜ合わせたら下味をつけた鶏肉をつけてから砕いたナッツをまんべんなくまぶし、油を入れて温めたフライパンに皮のほうを下にした鶏肉を入れて、弱火でふたをして5分間ほど焼きます。時間がきたら裏返してまた同じように焼いて出来上がりです。