履くだけダイエット!!着圧タイツのここがスゴイ

ダイエットを決意しても、手間のかかるものやコストがかさむものは続けるのが困難です。成功させるには簡単に取り入れられて費用的な負担も少ない方法を探さなければなりませんが、その条件にマッチしているのが着圧タイツです。

履くだけでスリムになると話題の着圧タイツダイエットとは

着圧タイツを利用したダイエットの最大の特徴は、ただ履くだけで一定の効果があるということです。通常のダイエットでは辛い運動を行ったり厳しい食事制限をしたりと努力をしなければならない点が出てきますが、着圧タイツダイエットの場合にはそういった努力がいりません。

誰でも簡単に取り入れることができて、好きな時に利用できますので、それぞれの使い方に合ったダイエットにすることも可能です。起きていて活動をしている時に着用するのも良いですし、寝ている間に履いてスッキリとさせるのも良い方法です。

もちろん朝に夜にと両方で取り入れることもできますので、自分なりの導入の仕方を考えてみることが大切です。履くだけという点が最大の特徴で、メリットになっています。

タイツを履くだけなのにどんなダイエット効果があるの

履くだけなのに本当に効果が得られるのかと不安になる人もいるかもしれませんが、血液やリンパ液の流れを整えて滞っていたものを強制的に排出させることができますので、非常に効果的な対策が行えます。特にむくみ体質の人には即効性があり、むくみからセルライトが作られるのを予防することもできます。

体質的に冷え性の人は血液やリンパ液が滞りがちですので、その日のうちに解消してあげることが大切です。中には体を温めるような素材が使われていて、脂肪の燃焼を促進させるような効果を持つタイプもあります。脂肪燃焼効果が得られれば、頑固な皮下脂肪も順調に減らしていくことができますので、スッキリとした状態を作り上げることができます。

即効性抜群だから履くだけでスリムに見える

脂肪燃焼効果などは一定の期間がないと変化を実感することができませんが、脚に段階的な圧力をかけてむくみを解消することで即効性も期待できます。着圧タイツは足首から太ももにかけて段階的に圧力がかかるように設計されています。

そのため、滞っている血液や溜まった水分の流れをスムーズにして、履くだけでスリムに変化させることができます。下半身は心臓から遠くなればなるほどむくみやすいのですが、足先に溜まった水分や老廃物を自然に流すのは非常に難しいことです。

酷い人はその日のうちに上手く解消されなくて次の日に持ち越してしまいます。着圧タイツを履けば、溜め込むことなくその都度強制的に流すことができますので、むくみ知らずの脚になります。

いつ履けば一番効果的なの

着圧タイツをいつ履くのが効果的なのかというと、活動している時間帯ならむくみ始める夕方以降が効果的です。特に立ち仕事の人や逆に座りっぱなしの人は時間の経過と共にむくんでしまいますので、夕方頃には履いてむくみを解消しておくことが大切です。

寝ている間に履くのも非常に有効です。むくみが解消されずに次の日を迎えてしまうというのを繰り返すと、いつの間にか慢性化してしまうことがあります。

慢性化すると頑固なむくみとなってより解消されにくい状態になりますので、その日のうちにスッキリとさせるために寝ている間にケアを行うことが大切です。夜間は横になっていますので、着圧タイツを履くと日中よりも解消されやすくなっています。

自分に合ったタイツの選び方は

効果を高めるために覚えておきたいことは、自分に合ったタイツを選ぶことです。例えば、冷え性で血流が悪いという自覚のある人で、日頃からマッサージなどの対策を行ってもなかなか解消されないというようなケースでは、少し強めの圧力がかかる着圧タイツを利用することが大切です。

圧力のかけ方や強さは商品によって異なりますので、自分に合うものを探し出すことが重要です。また、セルライト状の脂肪がたくさんついてしまった人はむくみを解消するだけでは物足りませんので、脂肪燃焼効果の得られるタイプを選ぶようにします。履いているだけで脂肪を燃焼してくれるのは脚を温める作用を持つものであり、自然と代謝が高まってほっそりとしてきます。

間違った選び方では逆効果なことも

正しく選んで取り入れることができれば着圧タイツの効果をしっかりと引き出して変化を実感することができるのですが、選び方を誤ると逆効果になることもあります。選び方の誤りとしてよくあるのが、圧力の強過ぎる商品を選ぶことです。

たしかにむくみの酷い人はより強い圧力をかけて溜まったものを排出してしまいたいと考えますが、強過ぎるとかえって血流を阻害することもあります。程良い圧力なら血液や水分が上手く流れるようにサポートしてくれるのですが、強過ぎると輪ゴムで巻いた時のようになって流れにくくなります。

ですから、いくら早く効果を出したいからといって、本来のサイズよりも小さめのものを選ぶことはNGであり、ちょうど良いサイズを選ぶ必要があります。

着圧タイツで痩せる正しい履き方

自分に合った着圧タイツが見つかったら、あとは正しい履き方をマスターすることが大切です。正しい履き方として必ず押さえておきたいのが、正しい位置で履くことです。

着圧タイツの中には伸びの良くないものもありますが、引き上げるのが大変だからといって正しい位置まで引き上げずに終わりにしてしまうと、正しい作用は得られなくなります。どの位置でどの程度の圧力をかけるのかを設計されて作られているのが着圧ソックスですので、正しい位置で履いていなければ意味がありません。

また、昼用の着圧タイツを履いたまま寝てしまうこともやってはいけません。昼用・夜用と分かれているのには訳があり、その時々の姿勢に合った設計になっています。

着圧タイツの履き心地

長時間履いているものですので、やはり履き心地は重視しなければなりません。履き心地が悪いとストレスになりますし、長く続けることができません。履き心地を左右する要素の一つに素材がありますが、ゴワゴワしているものより肌触りの良いものが好ましいといえます。手で触ってみて気持ちが良いと感じる素材なら、長時間履いていてもイライラしません。

程良い圧力がかかっていると感じられる着圧タイツであることも重要であり、圧力は弱すぎても強すぎても良くありません。気持ちが良いと感じるレベルなら、水分や血液、リンパ液を効率良く流して排出させることができます。長く身につけるものですので、ストレスがかからないことが一番大事です。

着圧タイツはこんな人にオススメ

着圧タイツをオススメしたい人は、頑固なむくみ体質に悩まされている人です。同じような生活を送っていても、むくみやすい人とむくみにくい人がいますが、これには理由があります。ふくらはぎのポンプの役割が弱くて心臓から送られてきた血液やリンパ液を上手く送り返すことができなかったり、冷え性で血液の流れが悪くなっているとむくみのリスクが高まります。

むくみやすい体質の人は慢性化してしまって自然に解消できなくなってしまうケースが多いのですが、着圧タイツを履けばむくみを強制的に改善できます。頑固なむくみ体質の人でも、その時々に合った着圧タイツを利用することでその都度解消していくことができ、段々とむくみにくくなります。

補足見えるからって圧力の強さで選ぶと危険

着圧タイツを利用する時には、できるだけ短時間でほっそりとした脚を手に入れたいと考えます。しかし、欲張って圧力の強過ぎるものを選ぶととても危険です。圧力をかける場合でもちょうど良い範囲というものがあり、それを超えてしまうと負担にしかなりません。

締め付けすぎて負担をかけると血流が悪化して、かえって脚がだるくなったり健康にも影響を及ぼす恐れがあります。ですから、効果が高まりそうだからという理由で圧力のかかりすぎる着圧タイツを選ぶようなことはせず、自分にピッタリのものを見つけることが大切です。

正しく利用したいのであれば、圧力の強さが効果の高さに比例しているわけではないということを覚えておかなければなりません。