ダイエット中でも焼肉を食べても大丈夫!太らない食べ方

ダイエットをして、すっきりとしたボディラインを手に入れたり、健康的な体になったりしたいけれども、焼肉などを食べることができなくてつらいという人でも安心できる太らない食べ方をマスターすることで、おいしくダイエットをすることができます。

焼肉ダイエットで痩せる食べ方

ダイエット中につらいのが、大好きな肉を食べることを制限しなければならないこと、という人は多く、挫折してしまう理由の一つになっているという人も多いのですが、焼肉ダイエットをマスターすることで、大好きな焼肉をおなかいっぱい食べながら、理想のボディーに近づくことができます。

食べる順序や含まれている栄養素などを考えて食べることで、肉をおなかいっぱい食べても太ることなく、健康的に痩せることができるのです。

ポイントは、食物繊維や水分などを多く摂取することと炭水化物などの糖質を控えることで、効率よく食べた物を燃焼させる食べ方になるため、ダイエット効果を期待することができます。食べ方を知れば焼肉ダイエットが簡単にできるようになるおすすめの方法です。

まずはカクテキやキムチから

焼肉ダイエットをするときに、肉をたくさん食べても良いからと言って、はじめから肉ばかりを食べる人がいますが、体が食事の準備をして、効率よくエネルギーを使うことができるような食べ方をすることが大切です。

カクテキやキムチなど、食物繊維が豊富で、血糖値の急上昇を防ぎながら、体温をアップすることから始めることがおすすめです。キムチは、発酵食品なので、胃腸の調子を整えることが期待できる乳酸菌などをたっぷりと補給することができ、カクテキは酵素がたっぷりと含まれており、消化を助ける働きがあるため、特におすすめです。

血糖値の急上昇をおさえながら、体の巡りをよくするようなイメージで、カクテキやキムチから食べ始めると良いので、はじめに注文するものはカクテキやキムチと決めていくことをおすすめします。

次はサラダとスープを注文しよう

はじめにカクテキやキムチを食べたら、次にサラダとスープがおすすめです。サラダは食物繊維が豊富で、体に入ってくる余分な脂肪分などをスムーズに体外に排出する働きが期待できます。スープは、胃を水分で満たし空腹が落ち着く効果や体をあたためる効果が期待でき、脂肪分などが柔らかく流れていくことを助けるため、ダイエットにも良いですし、胃もたれ対策としてもおすすめです。

カクテキやキムチを食べて、サラダとスープを注文することで、ゆっくりと食事をすることにもつながり、満足感があり、胃もたれを防いでおいしく焼肉を食べることにつながります。焼肉を食べるときには、たくさん食べたいという人が多いのですが、おいしく食べることにも気を配ることが満足感のポイントです。

焼肉の時に飲んだ方が良い飲み物

おいしい焼肉とおいしいビールの相性はとてもよく、ついついお酒が進んでしまう人が多く、最高のひとときを過ごすことができますが、焼き肉の時には、糖質が少ない飲み物を選ぶことでダイエットをすることができます。

脂肪分と糖質を合わせて摂取することで、血糖値急上昇して、脂肪分を体にため込みやすくなるため太りやすい食べ方になってしまいます。焼肉の時には、ウーロン茶やジャスミン茶など、口の中がさっぱりとするようなお茶を飲むことがおすすめです。

お酒を飲む場合には、糖質が少なめの焼酎の水割りなどを少し飲むようにするとよいでしょう。ビールを飲みたい場合には、糖質カットがあれば糖質カットしている物を選び、ない場合には、いつもより少なめの量にして、一気飲みを避け、ゆっくりと味わいましょう。

焼肉でヘルシーな部位は

焼肉ダイエットをする場合に気になるのが、ヘルシーな部位です。甘くておいしい脂肪がたっぷりと乗っている部位も大変魅力的なのですが、ダイエットをしているなら、赤身を選ぶことで、筋肉や血液になる栄養分やたんぱく質をしっかりと摂取することがおすすめです。

赤身のほかにも、脂肪分が少ないタンなどもおすすめの部位ですが、焼肉らしいおいしさを味わいたい場合には、モモやヒレを選ぶとよいでしょう。レバーは、体を作るもとになるため、筋肉作りをしたい男性におすすめの部位ですが、代謝が低下しがちな女性にもおすすめです。

内臓系の部位も栄養素が多く、脂肪が少ないため、ダイエット中の人に多く注文してほしいおすすめのヘルシーな部位です。

ダイエット中の焼肉で避けたい部位は

ダイエットをして、スリムで健康的な体を手に入れたい人でも、焼肉を食べることができる焼肉ダイエットは、気持ちが上がり、たくさん食べたくなるものですが、焼肉の部位をしっかり選ぶことが成功のためのポイントになるので、避けたい部位についてもしっかりと覚えておきましょう。

ダイエット中には、脂肪分が多い部位は基本的に避けることが大切です。いつも食べているハラミやカルビなどは、脂肪分がたっぷりと含まれているため、脂肪分が少ないタンやモモ、ヒレなどや内臓系を多く注文し、ハラミやカルビを食べたいときには、少しだけ食べるようにしましょう。

脂肪分をとっても、運動をしてすぐに燃焼させることができればよいのですが、大量に食べてしまうと燃焼しきれなくなるため、控えることがポイントになるのです。

焼肉の時のご飯は食べてもいいのか

肉を焼いたときの香ばしく、甘い匂いとたれの香りをかぐと、大盛りのご飯を注文して、肉とご飯を一生に大量に食べてしまうという人に注意してほしいのが、焼肉の時のご飯です。

人間の体は、血糖値が上がると、余分なエネルギーを脂肪として体内に蓄積する働きがあります。ご飯は、炭水化物と言って、分解されると糖になり、血糖値を上げる働きがあるため、脂肪分がある食事をするときには特に食べないほうがダイエット効果があります。

焼肉の時にはご飯を食べたくなるものですが、ご飯の代わりに、はじめに食べたサラダやカクテキ、キムチなどを追加して、野菜をごはん代わりに食べることがおすすめです。サンチュやレタスなど、焼肉とよく合い、一緒に食べることができる野菜もおすすめです。

焼肉ダイエット中は付けるタレにも気を付けよう

ダイエット中には、血糖値の急上昇を防ぐことがとても大切なポイントになります。ご飯を控えて、野菜類を多く摂取し、注文する部位に気を付けてダイエットをしている人が陥りやすいのが、焼肉のタレです。

焼肉のたれは、焼肉をとてもおいしく食べることができるように工夫されているため、大変魅力的ですが、甘いタレが多く、糖質がたっぷりと含まれているので、せっかく気を使って食べているのに、ダイエット効果が薄れてしまうので気をつけましょう。

ダイエット中には、調味料に気を付けることがとても大切なポイントになるので、焼肉に付けるのは、タレではなく、塩がおすすめです。最近はハーブソルトなども流行しており、香りが良くておいしく食べることができるのでおすすめです。

焼き肉のヘルシーな焼き方って

焼肉ダイエットをしているときに、注意したいポイントが肉の焼き方です。肉には脂肪が含まれており、脂肪は、一定以上の温度で溶けるので、脂肪が溶けてある程度落ちてから食べることがポイントになります。

さっとあぶって食べることが好きな人もいると思いますが、ダイエット中には、脂肪分が溶けて落ちるように、良く焼いて食べることを心がけましょう。肉を焼いているときに、よく見てみるとじわじわと脂がにじみ出てきて、したたり落ちていくのが分かります。

コツをつかむと脂肪分をある程度落とすヘルシーな焼き方が分かるので、ダイエット中の焼き方をマスターすることができます。はじめから脂肪分が少ない赤身肉を多く注文したり、たっぷりの野菜と一緒に食べることもポイントです。

サイドメニューやデザートを頼むのは控えよう

ダイエット中の焼肉では、糖質をできるだけ摂取しないようにすることがヘルシーに焼肉を楽しむポイントです。ご飯の代わりに野菜を食べたり、飲み物に気を使ったりしていても、サイドメニューやデザートを頼んでしまうと、ダイエット効果が期待できなくなってしまいます。

ダイエット中には、サイドメニューやデザートを頼むことを控えて、後悔しないように気をつけましょう。デザートが食べたいという人は、ケーキやアイスクリームではなく、ヘルシーなフルーツを少し食べるようにすることがおすすめです。

フルーツは、ケーキやアイスクリームよりもヘルシーですが、糖質が含まれているため、食べすぎないように気を付けて、おいしく楽しみましょう。