美味しく食べて楽しくダイエットできるフルーツダイエット

女性の永遠のテーマであるダイエットですが、ストレスをため込むようではいくら痩せても美しくはなれません。なるべくストレスをためずに簡単にできるダイエット法としておすすめなのがフルーツを食べるということです。

フルーツ置き換えダイエットの基本

フルーツダイエットは何か運動をしたり、カロリー制限を課したりというようなダイエット法ではありません。ただ朝食をフルーツと水のみにするというだけの単純なダイエット法です。これはただフルーツが低カロリーだからという理由ではなく、人間の体のサイクルが大きく関係しています。

午前中というのは人間が体内にため込んだ老廃物を排出しやすい時間帯となっています。その時間帯は老廃物を排出しやすいようつとめるために、体への負担が少ないフルーツを食べるというのがポイントです。

体内の老廃物がなくなれば、痩せることができるのはもちろん、様々な臓器が元気になることから体が健康になったり、また美肌になったりなど様々な効果を期待することができます。

健康的に痩せられるフルーツダイエットのカラダによい効果

人間の体のサイクルというのは決まっており、人間にとって午前中というのは排泄の時間となっています。この時間は体内にたまった老廃物を最も効率よく排泄することができる時間帯なのです。そのためこの時に胃に負担をかけるようなものを食べてしまうと、うまく体内の老廃物を排泄することができません。

フルーツというのは摂取して約30分ほどで消化することができるため胃に負担をかけません。またフルーツには食物繊維を含んでいるものが多いので、老廃物の排泄をより効率よく行えるよう手助けしてくれるという一石二鳥の役割を果たしているのです。ダイエットのみならず、フルーツには様々なビタミン類やミネラル類が含まれているため美容にも良いという効果もあります。

フルーツ置き換えダイエットの痩せるやり方

やり方としてはいたって簡単で、1日3食の内朝食のみをフルーツと水に置き換えるというだけです。フルーツの種類は何でも良いのですが、ポイントとなるのは柔らかいフルーツであってもしっかり噛んで食べるということです。そうすることでより消化が良くなります。

また午前中はどんなにお腹がすいたとしても摂取するのは水だけにしましょう。朝食後も人間の体のサイクルは排泄の時間となっています。そのためなるべく体内に取り込んだものを排泄しやすいように、水をしっかり飲むようにします。

すると血流がよくなりますし、空腹感を満たすことができます。低カロリーだからと言ってダイエットクッキーなどの間食はしないようにしましょう。大切なのは「午前中にどれだけ胃に負担をかけないか」です。

フルーツダイエットにおススメの果物

基本的にはどのフルーツでも良いのですが、もっともおすすめなのはバナナです。バナナは1本のカロリーが低いのに対し、多くの栄養素を含んでいます。更にエネルギー源ともなるため、体を動かすアスリートもおやつとしてバナナを積極的に食べています。包丁を使って皮を剥く必要もないためすぐに食べることができるという手軽さも魅力の1つです。

その他には中性脂肪を減少させてくれる働きのあるグレープフルーツがおすすめです。半玉だけでも十分な満腹感を得ることができますし、数あるフルーツの中でも特に糖分が少ないフルーツなのでさっぱりと食べることができます。しかし独特の苦みがあるからと言って砂糖をかけて食べたりはしないように注意が必要です。

いつの食事をフルーツに置き換えたらいいの?

このフルーツダイエットのポイントは排泄の時間帯である午前中に胃に負担をかけないフルーツを食べるというのがポイントです。そのため朝の食事をフルーツに置き換えるようにします。

ただカロリーが低い、また食物繊維が豊富で体内美化に効果があるという理由だけで行うダイエット法ではないため、排泄の時間ではなくなっている昼食時や夕食時に置き換えても意味がありません。

置き換える時間を間違えてしまうと、エネルギーが足らず脳がもっと食べるように指令を出してしまう恐れがあります。そうすればつい間食をしてしまったり、食べ過ぎてしまったりする恐れがあるため、朝食以外の時間帯の食事をフルーツに置き換えるというのは不向きです。

フルーツダイエットで失敗する人

フルーツダイエットは朝食をフルーツに置き換え、昼食や夕食というのは通常通りに食べても良いというダイエット法です。基本的にはこのルールさえ守っていれば失敗することはないのですが、フルーツという低カロリーな食事から油断をしてしまい、昼食や夕食を極端に食べ過ぎてしまう場合があります。

そうなれば1日のエネルギー摂取量を超えてしまう恐れがあるので、ダイエットになりません。また朝食に食べるのは原則フルーツのみなのですが、合わせてシリアルを食べたり、サラダを食べてしまっては意味がありません。

野菜も低カロリーではありますが、物によっては消化に時間がかかり、胃に負担をかけてしまうものもあります。フルーツ以外を食べてしまったり、油断して食べ過ぎてしまうとこのフルーツダイエットは上手くいきません。

フルーツを食べることでデトックス効果もある

私たちが普段主食にしている炭水化物や、おかずとして好んで食べる魚や肉類というのは消化・吸収に非常に時間がかかります。胃の中に長時間食べ物が滞在することによって、体内でその食べ物の腐敗が進んでいきます。

これが体内に老廃物としてたまっていき、毒素を発生させて、胃だけではなく腸などの様々な臓器に悪影響を及ぼすだけではなく、排泄機能を鈍くさせてしまうのです。こういった問題を解決してくれるのがフルーツです。フルーツには食物繊維が豊富に含まれています。

そのため体内の老廃物をスムーズに排出するための手助けをしてくれる上に、腸内環境をととのえてくれることから、デトックス効果があるということが認められています。

アンチエイジング効果も絶大

フルーツには豊富なビタミン類やミネラル類が含まれています。これらの栄養素には抗酸化作用があります。私たちの体を構成している細胞は、金属のように酸化して劣化していきます。その劣化によってシワやシミができやすくなったり、肌が乾燥したりなどの様々な肌トラブルを起こします。

抗酸化作用というのは、こういった酸化による劣化を防いでくれる働きがあります。つまり、健康的で若々しい肌を保つためにはこの抗酸化作用というのは必要不可欠なのです。

ビタミン類というのは火や水に弱いものが多いため、野菜などに含まれているものは加熱調理によってそのビタミンが損失されてしまいがちなのですが、フルーツというのは基本的には生で食べるため、ビタミンの損失を心配することなく食べることができます。

フルーツダイエットで注意する事を覚えておこう

フルーツダイエットの際には、基本的には1種類のみを食べるようにしましょう。様々な種類のフルーツをミックスすると効率よく多くの栄養を摂取することができるように思えますが、フルーツに含まれる酵素は組み合わせによっては合わないものもあります。

つまりせっかくフルーツを食べたとしても、他のフルーツの酵素が邪魔をしてうまく体内で効果を発揮することができない場合が出てくる可能性があるのです。そのためフルーツダイエットでは1種類のみを食べるのが望ましいとされています。

1種類ではどうしても飽きてしまうという場合には、日替わりで種類を変えるようにしましょう。日替わりで違うフルーツを食べるというのは何の問題もありません。

フルーツダイエットをさらに効果を高める方法

フルーツには嬉しい効果がたくさんあるのは事実ですが、実はデメリットもあります。それは体を冷やしてしまうものもあるということです。フルーツは冷たくて甘いものがおいしいのですが、冷蔵庫などで冷やしたものを食べると体が冷えてしまいます。

冷え性に悩む人には特に良くありません。そのためフルーツの効果を効率よく摂取するためには常温で食べるようにしましょう。またフルーツダイエットによる効果を更に高めるためにはしっかり水分補給をするということが大切です。

フルーツによって排出力が上がるので、水分をしっかりとることによって代謝が上がりますし、また体内の老廃物をより排出しやすい状態にしてくれます。その分多くトイレに行きたくなったり汗をかきやすくなったりします。脱水症状にならないようにするためにも水分はしっかりとりましょう。