ダイエット中はうどんが最適な理由と効果的な食べ方

ダイエットには様々な手段がありますが、人間は炭水化物を食べないと生きていくことができないので、いかにして炭水化物を減らすかが問題でした。しかし、敢えて炭水化物であるうどんを食べることでダイエットが行えるとして注目を集めています。

うどんがダイエットにオススメの理由

うどんがなぜダイエットに適しているかというとそれはそのカロリーがご飯やパンに比べて低いからです。同じ量を食べたとしても摂取カロリーが低く抑えられるのでそれはそのままメリットと言えます。また、ご飯の場合は何かと大きめのおかずを用意したり、丼にしたりとカロリーが加算されてしまうようそがあります。

一方でうどんはトッピングするにしても限定的なのでカロリーオーバーする心配も少ないです。日本人にとっては馴染みのある食材であるうどんがダイエットにおける救世主となってくれるということです。特殊な食材でないため、日々の食事に取り入れやすいことも大きなメリットであり、主食をそのまま置き換えれば高いダイエット効果が期待できます。

ダイエット中にうどんを食べると良い効果

ダイエットにおいてうどんを取り入れることのメリットはカロリーの低さだけではありません。しっかりとお腹に溜まるということです。うどんには食べ応えがあり、コシのある麺を噛むことは満腹中枢を刺激する効果もあります。体に満腹になったと思わせることはダイエット中にストレスを溜めないためにも重要です。

うどんを食べる時には出汁を自然と飲むことになるので、胃の中を効率的に膨らませることにも繋がります。加えてうどんは高価な食べ物ではないのでダイエット中に購入することにためらいが生まれにくく、日常的に食べ続けることができます。出汁の塩分にさえ気をつければ、その味付けにはある程度幅を持たせることもでき、飽きにくい食材です。

うどんのコシで良く噛んで食べる事が大事

全てのうどんがダイエットに適しているわけではなく、出来ればコシのあるうどんがお勧めです。コシのあるうどんをしっかりと噛むことで満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいになったと感じやすくなります。気持ちの上でも噛んでいるということが食べているという感覚に繋がりやすいというメリットがあります。

また、噛んで小さな状態にしてから飲み込むと胃腸での消化がスムーズとなるため、消化に失敗してしまうリスクを減らすことができます。通常のうどんをよく噛んで食べても同様の効果が得られますが、コシのあるうどんの方が自然と噛むことになり、また噛む回数も多くなりやすいのでお勧めです。一口で30回くらい噛むことをイメージしましょう。

うどんでダイエットするやり方

うどんでダイエットすると言っても普段の食事をそのままにして、うどんを食べていてもカロリーが増すだけです。うどんを普段の食事と置き換える方法がお勧めです。例えば白ご飯の代わりにうどんを食べることが有効です。ただおかずを無くしてうどんだけを食べることは栄養の偏りに繋がってしまうので、野菜などは食べるようにしましょう。

例えば野菜炒めと味噌汁と白ご飯という献立ならば、野菜炒めとうどんにするのがベターです。もし、献立をうどんだけにしたいのであれば、うどんの具として野菜を豊富に取り入れるようにしておきましょう。うどんを3食ともに置き換えるのではなく、1日1食置き換える程度に留めておくことが栄養バランスを崩さないポイントです。

うどんを食べてダイエットするメリット

日本人の多くは1食につき何らかの炭水化物を食べています。それがご飯であっても、パンであってもうどんに置き換えればカロリーが下がります。うどんは日本人にとって特殊な料理ではないので違和感なく置き換えられるのが大きなメリットです。

果物や豆腐などを食べてダイエットすることに比べても、特別な食事をしているという感覚が非常に少ないです。はたから見てもダイエット中かどうか分からないほどです。

日常の食事の感覚を保ちながらも、ダイエットが行えるのがうどんでダイエットをする大きなメリットです。トッピングを工夫することで飽きにくいメニューにすることも可能であり、長期にわたって続けやすいことも優れたメリットと言えます。

ダイエット中に食べるうどんのおすすめトッピング

うどんをダイエットとして活用するならば、そのトッピングにも工夫すると効果を高めることができます。お勧めのトッピングとしてはワカメが挙げられます。ワカメはカロリーが非常に低く、それでいてお腹に溜まりやすいことからダイエット効果を高めてくれます。食物繊維もたくさん含まれているので便秘の解消にも役立ちます。

ネギもお勧めのトッピングの1つです。ネギには脂肪燃焼を促してくれる硫化アリルが含まれています。ネギにしてもワカメにしても出汁を吸って膨らむため、満腹を感じやすくなる効果もあります。どちらも気軽に買えて細かい量は気にしなくても問題のない食材なので、家でうどんを作る際にも気軽にトッピングすることができます。

うどんは炭水化物が気になると言う方はコレを覚えておこう

うどんは炭水化物なのでダイエットには不向きなのではと考える方もおられるかもしれませんが、実はうどんが炭水化物であることはむしろ重大なポイントです。炭水化物は人間の頭や体を動かすためのエネルギーになるため、炭水化物が不足すると脳の働きを鈍らせてしまうなどのデメリットをもたらしてしまいます。

つまり、ダイエット中であっても仕事や勉強に悪影響を与えないためには炭水化物を一定量取ることが重要です。うどんは炭水化物としては非常にカロリーが低いため、必要な炭水化物の量を摂取しつつダイエットするにはうってつけの食材と言えます。もちろん、食べ過ぎには注意ですが、炭水化物を取らないということもリスクのある行動と言えます。

いつの食事を置き換えると効果的なのか

うどんをダイエットで活用するならば夕食がお勧めです。夕食後にはエネルギーを消費する機会があまりないので、カロリーの低いうどんがぴったりだからです。寝る直前に食事をしてはいけないのはうどんも同様ですが、ご飯やパンを食べることに比べると摂取カロリーが少なく済むので夕食に向いています。

とはいえ、実際の生活の中では夕食を毎回うどんに置き換えることは難しい部分もあります。その場合は昼食をうどんに置き換えることも有効です。昼食を食堂などで済ましているという方なら簡単に置き換えることができます。うどん屋さんのチェーン店などでは安くて美味しいうどんが食べられるので、そちらを利用するのも有効な手段となっています。

アレンジ豊富なうどんレシピ

うどんは季節を問わず食べられる料理ですが、ガラリとアレンジを加えなければ飽きてしまうこともあります。そこでいくつかアレンジレシピを覚えておくのがお勧めです。1つは茹でたうどんに温泉卵を入れてかき混ぜ、その上からつゆをかけるぶっかけうどんです。

そこに大根おろしやネギ、ワカメなどをトッピングするだけで栄養と美味しさの両方を得ることができます。焼きそばの麺をうどんにした焼うどんもがっつり食べたい方にはお勧めです。ただし、焼うどんにする場合は具に使う肉を少なめにしておくなど、工夫が必要な面もあります。牛肉や豚肉は少量であれば体に必要なタンパク質として有用性があるので、肉類などを完全に外す必要はありません。

栄養不足にならないようにバランス良く食べましょう

うどんをダイエットに取り入れる際には栄養バランスが乱れないように注意を払っておく必要があります。特に気をつけたいのは野菜不足です。うどんには野菜をたくさん入れることが少ないので、ごく少量のネギなどで満足しがちです。ワカメやもやしなどを積極的に入れるか、うどんとは別にサラダを食べるかなど工夫する余地があります。

うどんをダイエットに用いる場合でも他の2食はうどん以外を食べるので、その際に野菜をしっかりと摂取しておくことも可能です。いくら摂取カロリーが低くても栄養バランスが乱れると体調不良に繋がる恐れがあることには留意しておきましょう。なお、これはうどんに限った話ではなく、あらゆるダイエットに共通して言えることです。