コスパ最高で簡単な白湯ダイエットの正しい方法

痩せたいけれど、なかなか痩せないと思ったら、コスパ最高の白湯を飲んでみませんか。意外と毎日飲んでいる人も多いようです。ダイエットに良い飲み物ですから、痩せたい人は、作り方も簡単なので始めてみませんか。

白湯を飲むだけで痩せ体質になれる

現代人は、低体温の人がとても多いです。体温が低いと血流も悪くなっているでしょうから、痩せにくい体質になっているでしょう。白湯を飲む習慣を付けることで、体温をアップさせましょう。体温をアップさせると良いことがたくさんあります。

血流がアップするので、体温も上がりますし、免疫力もアップします。そして、基礎代謝も上がりますから、痩せにくい人も痩せやすくなれるというわけです。基礎代謝が上がれば脂肪が燃焼しやすくなります。

また、リンパの流れも良くなって老廃物が体外へ排出されやすくなるでしょう。内臓が温められれば、お通じ改善にもなりますから、良いことがたくさんあります。痩せやすいだけではなく、体調も良くなるでしょう。

そもそも白湯ってどんな飲み物?

白湯と言われても、何となくしかわからないかもしれません。湯冷ましと言ったほうがわかりやすい人もいるでしょう。白湯は、一度沸騰させたお湯を冷ましたものです。冷ますといっても冷たくなるまで冷ますわけではなく50度くらいまで冷ましたお湯です。

冷ましすぎると体を温められなくなるので気を付けてください。水や氷で薄めてしまうよりも、沸騰したお湯をそのまま置いておいて冷ましたほうが良いです。早く冷ましたい場合は、スプーンなどでかき混ぜると早めに冷めます。

一度に飲むわけではありませんから、50度くらいでも十分ではないでしょうか。猫舌の人はもう少し冷ましたほうが良いかもしれません。冷たいと感じないくらいに冷ましてください。

白湯ダイエットの効果は

多くの人が試している白湯ダイエットは、効果も期待できます。特に、体温が低い人には効果が高いでしょう。体温を上げることがポイントだからです。体温を測ってみて、35度くらいなど低いようであれば、白湯ダイエットで体温を上げられるので、ダイエット効果がかなり期待できます。

体温が低いことは良いことではありません。36度以上はあったほうが良いです。体温があまりにも低いと脂肪も燃えにくくなりますから、運動してもあまり痩せないかもしれません。だから、毎日白湯を飲み続けて体温を上げましょう。お肉の油を見ると温めると溶けるではありませんか。人間の脂肪も温めたほうが燃えやすいので、コツコツと白湯を飲んでダイエットしてみませんか。

白湯を飲んで痩せるのはナゼ

ただお湯を沸かして冷ましただけの白湯ですが、50度くらいはありますから、飲むだけで体温を上げることができます。冷ましすぎた白湯を飲むとかえって体温が下がるかもしれないので気を付けてください。体温を上げることが目的だからです。

体温を上げれば基礎代謝が上がります。痩せにくい人は基礎代謝が低下しているので、痩せやすい体質に変えられます。しかも、便秘の人は温かい白湯が腸に入ると刺激されてお通じが良くなるでしょう。

内臓が温まるので活発に動くようにもなるので便秘を解消してお腹ポッコリが改善されるかもしれません。また、むくみやすい人が白湯を飲めば、血流が良くなり、リンパの流れも良くなるので余分な水分を排出できるでしょう。だから、ダイエット効果が期待できるのです。

白湯のダイエットの方法

1日に何回かに分けて飲んでください。朝、起き抜けは体温が下がっているので白湯を飲んで体を温めましょう。早く体温を上げられます。また、食事の時にも一緒に飲んでみてください。白湯をプラスするだけですから、食事の味に影響することもありません。しかも、内臓を温められるので、消化が良くなるはずです。

白湯が良いとは言え、1日に飲む量は800mlまでにしておいてください。たくさん飲めば良いというわけではありません。あまりにもたくさん飲み過ぎてしまうと体に必要な栄養素が排出されたり、逆にむくんでしまう恐れもあります。起き抜けと食事の4回くらい飲むだけで十分です。これなら、無理なく毎日続けられるのではないでしょうか。

白湯で便秘が解消できる

頑固な便秘で悩んでいる人はたくさんいます。食物繊維が少なくて便のかさが増えない人もいますし、腸のぜんどう運動が衰えている人もいます。白湯を飲めば、腸内の水分量が増えるので硬くなっている腸内の便も柔らかくできるので便を体外に排出しやすくなります。

また、腸を温められるので、腸のぜんどう運動を活発にさせることもできます。他の臓器も温められるので頑固な便秘で悩んでいる人にも良いかもしれません。

食事の内容を見直したり、適度な運動を取り入れるのも大事ですが、白湯も飲んでみませんか。そうすれば、より一層便秘が解消されやすくなります。便秘で悩んでいる人であれば、どのようなタイプの便秘であってもきっと効果が出るでしょう。

基礎代謝がアップする効果も

痩せにくい人は、基礎代謝が下がっていると言って良いでしょう。体温が低い人に多く見られます。基礎代謝は、何もしていなくてもエネルギーが使われることですから、基礎代謝が高い方が痩せやすいというわけです。基礎代謝をアップさせて痩せやすい体質にしましょう。

基礎代謝は、体温が高い方が高いです。現代人には、低体温の人がとても多く、基礎代謝が低い人もたくさんいます。白湯を飲んで体温を上げれば、自然と基礎代謝が上がるでしょう。

1日に何回かに分けて飲みますから、体温を高い状態でキープしやすいです。痩せにくいと感じている人は、体温を測ってみてください。36度ないようであれば、基礎代謝が低くなっている恐れがあるので白湯を飲んでみませんか。

デトックス効果で老廃物の排出してくれる

白湯には、デトックス効果もあります。水分があまりにもなさすぎると血流もリンパの流れも悪くなります。白湯を飲んで水分を増やしましょう。しかも、白湯は温かいのでより血流もリンパの流れも改善する効果が高いです。むくみやすい人が飲めば、きっとむくみにくくなるでしょう。

体温が上がると臓器の働きが改善されるので、老廃物が排出されやすくなります。白湯を飲むだけで尿量が増えますから、余分な水分も老廃物も排出されるので、デトックス効果が期待できます。

体内に余分な水分があったり、老廃物が貯まっていると体調にも影響が出てしまいます。デトックスすれば、体調も良くなるでしょうし、体も動かしやすくなるので生き生きとした毎日になれるかもしれません。

効果がある白湯の作り方のコツ

普段、白湯を作らないと意外と作り方がわからないかもしれません。白湯を作る時は、単にお湯を沸かすだけではなく、効果がある作り方を試してみてください。アーユルヴェーダでは火が人間には必要だと考えられていますので、やかんを火にかけて作りましょう。電子レンジで簡単に作っても良いですが、火にかけることをおすすめします。

沸騰したら、やかんのふたを開けて10分程度火にかけたままにしましょう。そして、火を止めてカップなどに注ぎます。50度くらいになるまでそのまま置いておいてください。これがダイエット効果が期待できる白湯の作り方です。一度にたくさん作ろうとしてやかんからお湯がこぼれないように気を付けて作ってみましょう。

白湯ダイエットを高めるために意識すること

50度くらいの白湯を飲むことがポイントですから、あまりゆっくり飲み過ぎないことです。10分くらいで飲み干すくらいが良いでしょう。体温が特に低いと感じていたり、飲みにくいと思ったら、はちみつやショウガなどを入れて飲んでも構いません。体温を上げることが目的だからです。

だから、ミネラルウォーターでも水道水でもどちらでも構いません。低い体温を上げて、内臓を温めましょう。そして、基礎代謝を上げてください。これが、白湯ダイエットの目的なので、このことを常に意識してください。

そうすれば、効果のある飲み方を続けられます。このことさえ意識していれば、基礎体温が高くなるでしょうから、特別なことをしなくてもダイエットに成功するかもしれません。