ステーキを食べて脂肪燃焼させるダイエット

ダイエットにお肉は禁物というのが、今までの常識でした。しかし、最近ではステーキを食べて痩せるというダイエット方法が流行しています。良質なタンパク質を摂取することで、筋肉が作られ、代謝が向上していくためです。

ステーキは太るというのは間違いだった

ステーキは太るというのが今までの常識でした。肉類はカロリーが高く、できるだけ避けた方がいい食材として考えられていたからです。しかし、ステーキは太るというのは間違いでした。ステーキの元になる肉には、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は人間の体を作る上で欠かすことのできない成分です。特に、筋肉を作る際にはなくてはならない成分です。そのため、ステーキを食べることで、筋肉量が上がり、代謝も良くなるので、痩せやすい体になるというわけです。

一時的な食事制限ではリバウンドは起こりやすいですが、体内の筋肉量が増えることで、リバウンドもしにく体質になり、健康的に痩せられるというメリットがあります。

赤身肉に含まれる成分で脂肪が燃焼

ステーキの赤身肉には、Lカルニチンという成分が多く含まれています。Lカルニチンは、体内にある脂肪を燃焼させる効果があり、ダイエットに欠かすことができません。しかし、野菜や乳製品などの身体にいいと言われる食材の中にはほとんど入っていません。

貝類には含まれていますが、魚には含まれていないため、日常的に食べるのには赤身肉が適していることが分かります。せっかく運動しても、Lカルニチンが不足していては、脂肪を燃焼させることができなくなってしまいます。

体の中で作る量は、年齢によって下がっていくために、毎日の食事から意識して摂取する必要があります。赤身肉はLカルニチンを豊富に含んでいるので、脂肪を燃焼する効果も高いです。

ステーキダイエットは糖質制限に最適

ステーキダイエットは、お肉が大好きな人が行うものだというイメージがありますが、実は糖質制限ダイエットに最適です。ごはんやパン、麺類などの糖質を制限するダイエットは、血糖値の急激な上昇を抑えることでダイエット効果を高めます。

糖質を食べない分、タンパク質など他の栄養素でその分のカロリーを摂取する必要があります。ステーキは、糖質はほとんど含まず、更に脂質の量も少ないという糖質制限にぴったりの食事です。

栄養も豊富でカロリーも補うことができるので、食べながら痩せるというダイエットが可能になります。毎日の食事を変えていくだけで、身体の中から痩せることができ、食欲を我慢する必要も、無理な運動を続ける必要もありません。

ステーキダイエットに食べる肉の種類

ステーキダイエットでは、肉なら何でも食べて言いというわけではありません。脂質の多いヒレ肉はダイエットには向きません。ステーキダイエットに適しているのは、Lカルニチンを豊富に含む赤身肉です。赤身の濃い肉ほどいいので、鶏より豚、豚より牛の肉の方が適しています。

もし手に入れば、牛よりも羊の方が赤身は強い肉質です。いくら肉を食べていいからと言って、カルビのような脂質を多くふくむ部位を食べていては、せっかくの効果が弱くなってしまいます。

良質なタンパク質を取ることで、ダイエット効果を発揮するので、食べる肉の種類にはこだわるようにしましょう。ヘルシーというだけで、鶏肉のササミばかり食べているのではなく、豚や牛を中心にすることが大切です。

ステーキを食べて痩せる方法

ステーキダイエットを実践するために、食べて痩せる方法を知りましょう。ステーキダイエットのポイントは、手のひら程度の大きさ、厚さの豚肉か牛肉を食べるというものです。細かく切って調理するのではなく、焼き肉やステーキなど、原形に近い形で食べるようにしましょう。

肉だけ食べていると消化に悪いので、野菜などを足すのもいいでしょう。毎日食べるので、焼いてばかりいると飽きてしまうという場合は、ニンニクやショウガといった薬味をアクセントに使いましょう。

おろし大根を使えば、和風になりあっさりと食べることができ、クレソンといった香草も肉を食べやすくすることができます。もちろん、シンプルに塩や胡椒で食べても、肉の味を感じることができます。

ステーキを置き換えるタイミング

ステーキダイエットは、いつ行えばいいのでしょうか。昼の活動時間を長くするために、お昼に食べるのが理想的です。しかし、毎日お昼にステーキを食べ続けるというのは、日本では難しいかもしれません。無理なようであれば、夕飯に食べても構いません。

昼食というのは、パスタやうどん、丼物など、炭水化物を多く摂取している時間でもあります。その時間にステーキを食べることで、炭水化物の摂取を減らし、タンパク質の量を増やすという効果もあります。

カロリーも、栄養にも問題がなく、体の中から痩せやすい体質にすることができます。ステーキに置き換えるという、今までにない新しいダイエット方法は意外と日常生活の中で実践しやすい方法です。

どのくらいの赤身肉を食べるといいの?

赤身肉を食べる量は、自分の手のひらの大きさが目安になります。厚みも手のひらを参考にして選ぶようにしましょう。牛肉のステーキ用の肉がスーパーなどで販売されているので、目安量を参考にしながら選ぶようにします。

日本人はステーキを食べる習慣があまりないので、手のひらサイズの肉を食べると、食べ応えがあることに驚くでしょう。小さなステーキ肉では、2枚分になることもあります。赤身の牛肉は、ステーキ用として多く販売されています。

毎日食べるのが大変であれば、焼き肉用の肉にしても構いません。薄切り肉は、野菜などを巻いて食べられると言うアレンジが可能です。赤身肉は1日1回、食べるのが目安になるので、まとめ買いしておくと安心です。

肉を食べていると体臭が気になりそうだけど

肉を食べていると、体臭が気になるという人もいます。確かに、肉食を続けているとにおいの原因となる物質が腸内で発生し、体臭になってしまいます。

肉ならすべて体臭が悪化してしまうと言うわけではなく、特に注意しなければいけないのは、牛肉の霜降り肉や豚肉のロースなどの脂身の多い部位です。赤身肉はそれほど脂質を含んでいないので、体臭はそれほど気にする必要はありません。

よく噛んで食べるようにして、野菜も一緒に食べることで、体臭を防ぐ効果を上げることができます。毎日肉を食べるという習慣がないと、胃もたれするかもしれないと不安に感じる人もいますが、糖質制限をすることで、それほど胃もたれをしないで食べることができます。

薬味や味付けでさらに効果アップ

ステーキにレモンをかけると、ビタミンCの摂取により鉄分などの栄養素の吸収が高まります。ショウガは体をあたためる効果があり、栄養の吸収を助ける働きもあるので、ダイエット効果も高まります。ニンニクを薬味として活用する人も多いですが、抗菌作用もあります。

日本人になじみのあるおろし大根は、消化を助ける酵素を含んでいます。肉というのは、なかなか消化しにくいという面がありますが、大根の酵素は、おろすことで更に活性化するというメリットがあります。

和風の薬味として、ワサビもありますが、味をさわやかにするだけでなく、消化を促進する働きもあります。薬味や味付けを工夫するだけで、食べやすくするだけでなく、効果を高めることができます。

安い肉でも柔らかく美味しくする調理のコツ

毎日高いステーキ肉を食べてるというのは、経済的にも続けにくいことです。そこで、安い肉でも柔らかく食べるためのコツを知りましょう。まず、食べる30分前に冷蔵庫から出し室温に戻しましょう。そして、焼いた時に固くなってしまう、白いスジを切るようにします。

更に、肉全体を叩いておくと、柔らかくなります。調理するためのコルとしては、塩を振るのは、焼く直前にしましょう。塩を振ってしまうと、肉汁が流れ出て行ってしまうからです。

最初は強火で焼き、うまみを中に閉じ込めるようにします。焼き色が付いたら、弱火にし、裏返したらまた強火にしていきます。最後には弱火にして焼き上げると、両面が均一になり、美味しく食べることができます。