下半身太りの方必見!1ヶ月集中脚やせダイエットで美脚になる方法

スカートから覗くスラリと伸びた脚に憧れる女性は多いですが、実は、脚は特に痩せにくい場所としても知られています。なかなか理想的な脚になるのは難しいですが、3日で脚やせができたり、1ヶ月という短い期間でも効果的に脚やせできる方法もあるのです。1ヶ月後の結果を楽しみに、ぜひ試してみてください。

今すぐ脚やせしたい!1ヶ月で細くする方法ってある?

脚に限ったことではありませんが、身体に一度蓄積してしまった脂肪はそう簡単に落とすことはできません。脂肪を落とすためには運動や食事制限などをして脂肪を燃焼させ、少しずつ量を減らしていくしかないのです。これには何ヶ月もかかると考えるのが一般的。たった1ヶ月で劇的な脚やせを実現するのは到底難しいと思っていませんか?

しかし、脚が太くなっている原因を知り的確な対処さえしていけば脚やせの実現も不可能ではありません。1ヶ月という短い期間で脚を細くしたいなら、むくみ解消や筋力トレーニング、カロリー制限、有酸素運動など、あらゆるダイエット方法の中から最適なやり方を見つけて選び、組み合わせる必要があります。

1ヶ月で脚やせするには脚が太い原因を知らなきゃ!

通常は何ヶ月もかけて行っていく脚やせダイエットを1ヶ月という短期間で実現したい場合は、そもそも何故脚が太くなってしまったのか原因を知ることが重要となります。脚は単純に脂肪が付くという理由だけで太くなるのではなく、必ず根本の原因があります。原因が分かれば、それを取り除くための最適な方法でダイエットを行うことができ、より早く効果的な脚やせが可能になるのです。

例えば、むくみやすい体質の人は脂肪ではなく、脚に溜まった水分のせいで太く見えているのかもしれません。仕事の都合で1日中立ちっぱなしになっている、あるいは逆にパソコンの前で座りっぱなし。そんな環境では必然的に血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。むくみ解消を心がければ脚を細くすることもできます。

下半身に脂肪が溜まってしまうのには、基礎代謝の低下が関係しています。その原因としてまず考えられるのが、運動不足でしょう。といっても、いきなりハードなスポーツを始める必要はありません。1ヶ月間、日々の生活に脚の筋肉を動かす適度な運動を取り入れるだけで、スッキリと脚を引き締めることも可能です。

また、同じ体勢が続く生活を送っていると、無意識のうちにクセのある姿勢を取り、骨格が歪んでいるのかもしれません。歪んでしまった骨格は、内臓や血管に負担をかけ、機能の低下から基礎代謝のダウンにもつながってしまいます。筋トレを続けていくうちに自然と姿勢も整い、骨格の改善にも期待できます。

更に、基礎代謝の低下には、食事内容や食生活のリズムの乱れも影響します。仕事が忙しいから、ストレスが溜まっているからといって、肉中心の食事や外食が多くなっていませんか?短期間で痩せるためには、運動ばかりではなく、食事の面での見直しも大切です。

人によってそれぞれに合わせた対処が必要となるので、まずは原因をはっきりさせることがポイントです。では、脚やせダイエットを実行するために、具体的な方法を見ていきましょう。

太もものセルライト対策に効くリンパマッサージ

脚が太りやすくなるのは、むくみにしろ脂肪の蓄積にしろ、リンパや血行の流れが悪くなっていることが直接的な原因です。リンパや血行が悪くなれば水分の流れも悪くなってむくみやすくなりますし、本来運搬されていくはずの糖質や老廃物がいつまでも残って脂肪として蓄積されやすくなります。

これを防ぐためには、脚のリンパマッサージが有効です。リンパの流れが良くなることによって老廃物なども流れやすくなり、太りにくい脚に改善していくことができるのです。老廃物は放置していると頑固なセルライトになってしまうため、流れやすい初期のうちにきちんと排出してしまうことが大事です。

脚の太さが目立つ場所と言えば、まず挙げられるのが太ももです。太ももに脂肪がたくさん付いてしまえば、スカートやパンツを履いた時のシルエットも不恰好になりますし、脂肪が邪魔して思うように下半身を動かせなくなってしまいます。

太ももは特に脂肪が多くセルライトになりやすいため、まずは凝り固まってしまったセルライトをほぐして燃焼しやすい状態にする必要があります。太もものセルライト対策には、自分で行うマッサージが効果的です。

基本的には手を使ってマッサージしていけば良いので、自分でも簡単に実践できます。セルライトは指で潰すようにすると柔らかくなりやすいので、力を入れながら指などでグイグイと揉みほぐしていきましょう。

また、血液の流れに沿ってマッサージしたほうが効果的なので、つま先方向から足首、そして太ももの付け根方向へと向かってマッサージしていくのがおすすめです。お風呂に入った後、カラダが温まっている間に行うのがより効果的です。

1ヶ月間無理なく続けていける運動

大腿四頭筋の筋肉をほぐしてむくみ解消ストレッチ

脚が太く見えてしまう原因の一つに、体内に水分が溜まってしまうことによるむくみが挙げられます。塩分の高い食べ物を食べたりすると体内の浸透圧バランスが崩れ、本来は血液に乗って流れるはずの水分が細胞の間に浸出してしまいます。この状態が続き、滲みだす水分の量が増えれば、むくみとなって脚をパンパンに大きく見せてしまうのです。

これを解消するためには、大腿四頭筋という太ももの筋肉を柔らかくほぐすことが効果的となります。この筋肉は、脚全体の血液循環に大きな影響を与えているもの。ここが緊張してしまうと血行が悪くなって水分が滞りやすくなり、むくみも発生しやすくなってしまいます。常に柔らかく血行を妨げないようにするために、大腿四頭筋をほぐすストレッチを意識的に行うようにしましょう。

即効性を期待できるスクワット

1ヶ月という短い期間を考えると、少しでも早く確実に効果を得られるダイエット方法を実践する必要があります。マッサージなども有効なのですが、直接脂肪を減らしてほっそりとした脚に見せるためにはエクササイズも欠かせません。

中でも即効性が高く効果的なのが、しゃがんで立ち上がるという動きを繰り返すスクワットです。単純な動きですが、実際にやってみると太ももやふくらはぎへの負担がかなり大きく、初心者なら10回続けるだけでもとてもきつく感じるでしょう。

筋肉を鍛える効果も高いため、筋肉量が増えれば代謝も上がって周辺の脂肪を燃焼させる効果もアップします。1ヶ月の間、計画的に実践することでしっかり効果を出すことができるので、おすすめのエクササイズと言えます。

<脚やせに効果的なスクワットのやり方>

1.両足を肩幅より少し外側に置いて立ちます。
2.左右の手を頭の後ろに添えて置き、目線を前に向けて、背筋を真っ直ぐに伸ばしましょう。
3.息をゆっくりと吐きながら、太ももが床と平行になる位置まで腰を落とします。
4.今度は、息を吸いながら足を伸ばし、元の姿勢に戻りましょう。
5.この動作を10回繰り返します。これを1セットとし、1日に2セットを目標に実践していきます。

最初は10回程度から始め、慣れてきたら回数を増やしていくとよいでしょう。

1ヶ月距離や時間を定めてウォーキング

スクワットでいくら筋肉を鍛えても、残念ながら筋力トレーニングだけでは既に付いた脂肪を燃焼させることはできません。もちろん筋肉量が増えれば基礎代謝が高まるのでメリットも大きいのですが、効率よく脂肪を燃焼させるためには有酸素運動も実践する必要があります

有酸素運動の中でも負担が少なく取り組みやすいのが、ウォーキングです。酸素をしっかり取り込みながら長時間継続できる運動は、脂肪燃焼に非常に大きな効果を発揮してくれます。ただ、ウォーキングで脚やせを実現するには、いくつかのコツがあります。

蓄積された脂肪が燃焼され始めるのは、運動を開始してから20分後。ですから、最低でもそれ以上は歩き続ける必要があります。この時間を維持できるよう、距離や時間などの目標を掲げてウォーキングしていきましょう。

また、背筋を伸ばし姿勢よく歩くことも大切です。肩を心持ち後ろに引き、胸を張った姿勢を維持します。お腹のあたりを意識しながら、汗をじんわりかくくらいのやや早足で進んでいくことがポイントです。

代謝を上げて体脂肪を落とすには食事制限

ダイエットの基本中の基本と言えるのが、食事制限です。摂取するカロリーが高ければ高いほど、消費されずに残る脂質や糖質の量が増え、そのまま脂肪として蓄積されてしまいます。摂取カロリーより消費カロリーの方が高ければ、足りないエネルギーを補うため脂肪の燃焼も活性化します。代謝を上げて脂肪を効率よく落としていくためには、やはり食事制限も避けて通れません。

ただ、栄養バランスが悪くなっては身体に良くないので、きちんとバランスよく食事を摂りつつカロリーを制限していくことが重要となります。野菜や果物中心の食生活に切り替えたり、糖質の多い炭水化物やスイーツ類をできるだけ食べないようにして実践していきましょう。

カロリー制限しながら、野菜、フルーツを効率よく取るためには、人気のスムージーがおすすめです。むくみの改善には塩分排出を促進するカリウム、脂肪燃焼を促進させるにはマグネシウムがよいと言われています。カリウムを多く含むものは、バナナやアボガド、ほうれん草など。ほうれん草にはマグネシウムも多く含んでいます。そのほかマグネシウムの多い牛乳や豆乳と組み合わせると、脚やせにぴったりのスムージーレシピとなります。

<1ヶ月脚やせためのスムージーレシピの例>

【材料】
ほうれん草 1束
バナナ 1本
豆乳 100cc
水 50cc
氷 適宜

【作り方】
1.ほうれん草をざく切りに、バナナを一口大にカットします。
2.材料をすべてミキサーに入れてスイッチを入れ、なめらかになったらできあがり。

短期間で脚やせするなら着圧ソックスに頼るのもおすすめ!

短い間に脚やせするためには、自分の努力だけでは間に合わない可能性もあります。利用できるものは全て活用していった方が脚やせに成功する可能性が高まるので、市販されている脚やせグッズなども積極的に使用していきましょう。

中でもおすすめの商品が、履いて過ごすだけの着圧ソックスです。普通のソックスよりも若干締め付け力が高くなっており、全体的に力をかけることで脚に溜まりがちな水分や血液を心臓に送り返しやすいようにサポートしてくれます。

寝ている間だけ着用していても効果が得られ、自分で何もしなくても手軽に脚を細くすることができるアイテムです。もちろん日中履いていても構わないので、毎日欠かさず着用してむくみや老廃物の蓄積を予防していきましょう。

筋肉をつけると脚が太くなる?筋肉と脂肪の豆知識

筋肉を鍛えると脚が返って太くなるという話も有名ですが、厳密に言えば筋肉そのものが発達しすぎて足を太くしているわけではありません。

運動すると筋肉に疲労物質や老廃物が溜まるのですが、そのまま放置していると次第に老廃物などが硬くなり、筋肉にこびりついてしまいます。すると筋肉はしなやかさを失ってガチガチに硬くなってしまい、代謝も落ちて運動効率が悪くなるばかりか、更にその上に老廃物が付きやすくなるという悪循環に陥ります。

これが筋肉太りの正体で、決して筋肉そのものが悪いわけではないのです。大切なのは運動後などにきちんとマッサージなどをして老廃物を流し、筋肉を綺麗な状態でキープすること。ですから、忘れずに運動後のケアを行うようにしましょう。