骨盤矯正にもなるタオルがあれば今すぐできる脚やせダイエット!

生活習慣の乱れから骨盤がゆがんでいる人が多くいますが、あなたはその歪みに気づいていますか?

骨盤の歪みは下半身へさまざまな影響を及ぼします。特に血流の妨げとなって、美脚の大敵「むくみ」が起こる原因の一つにもなっています。

ただし、歪みを自覚していても、改善するにはどうしたらよいのでしょうか。多くは骨盤矯正を行っているエステや整体に通わないと改善できないと思っている人がほとんどだと思います。

しかし、自宅にあるタオルを使ったストレッチで、むくみの解消と脚やせ効果が期待できる骨盤矯正を自分ですることができます

この記事では、タオルを活用して行う脚やせ方法について詳しく説明していきます。

痩せる以外にも嬉しい事色々!骨盤矯正の効果とは

思い当たることはありませんか?骨盤が歪む原因になる生活習慣

骨盤が歪む原因は悪い姿勢にあります。普段している何気ない姿勢が骨盤を歪ませるきっかけになっていることに気づいているでしょうか。例えば、長時間同じ体勢で座りっぱなしや脚を組んで座ったり。これらは骨盤をゆがませる原因となっています。

とくに猫背の人は要注意です。骨盤が前後に歪む原因にもなる上、痩せにくい身体になってしまうかもしれません。定期的に骨盤にかかる負担をリセットしてあげましょう

骨盤の歪みはアンバランスな力によって引き起こされます。脚を組む時やカバンを持つ時、癖で同じ方ばかりに負担をかけていませんか?なるべく均等に力がかかるように脚を組み直したり、左右バランスよくカバンを持ち替えるなどの工夫が必要です。

寝ている時にも骨盤がゆがむことがあります。それは身体に合わない寝具を使っている場合です。自分に合っていない枕の高さや柔らかすぎるベッドなどは、骨盤の負担になりますのでチェックしてみましょう。

骨盤矯正で正しい姿勢を手に入れよう

そもそも、骨盤矯正を行って歪みを改善すると、どのような効果が得られるのでしょうか。その効果は下半身だけにとどまりません。

骨盤を正しい位置に整えることで、脚やせだけでなく上半身も痩せるようになります。ダイエット効果と言うわけではなく、体幹が鍛えられて背筋が伸びて姿勢が良くなるからです。

姿勢に骨盤は関係ないように思われがちですが、骨盤が後ろ向きに傾居ている人は猫背になっている人がほとんどです。猫背になると、内臓が下がり脂肪がつきやすくなって、お腹がぽっこりと出た格好悪い体型になってしまいます。

また、姿勢が良くなると腰への負担が少なくなります。骨盤が歪んだ状態であれば、身体が重心をとろうとして腰に負荷かかり、腰痛の原因になります。正しい位置に骨盤を整えることは、上半身をしっかり支えることにもつながるのです。

骨盤矯正で太りにくい身体作り

さらに骨盤矯正を行うと、骨盤の歪みで妨げられていた血流を良くすることもできます。血液の滞りは、ダイエットの敵である冷え性や便秘、むくみを引き起こします。これらのつらい悩みの種も、骨盤矯正によって改善が期待できます。

骨盤は上半身を支える大きな骨なので、正しい位置に整えられることで身体が動かしやすくなり、筋肉が正しく使えるようになります。そうすると正しい姿勢で歩けるようになり、代謝も上るのでカロリーが消費されやすく太りにくい身体へと変化していきます。

骨盤矯正だって自宅でできる!タオル矯正で美脚を目指そう

自宅で簡単に骨盤矯正をしよう!

骨盤を整えることが脚やせや美しい姿勢につながることはわかりましたが、エステや整骨院に通うのは時間もないしお金がかかる・・・

今回はそんな方にむけて、自宅に誰でも持っている「タオル」を使ってできる簡単な方法があるのでご紹介します。隙間時間や寝る前の時間を活用して、セルフ矯正にチャレンジしてみましょう!

「タオル枕」で骨盤矯正

タオルで骨盤矯正用の枕を作ってセルフ骨盤矯正してみましょう。必要なのは同じ大きさのバスタオル2枚と紐(ビニール紐など)です。まずバスタオルを2枚重ねて、できるだけきつく、端から巻いていきます。

巻き具合が緩かったり、均一でなかったりすると効果がないので注意しましょう。しっかり巻き終わったらビニール紐などで靴紐のように互い違いに巻きつけてしっかりと固定します。これでタオル枕の完成です。

このタオル枕を、仰向けに寝た腰の辺り、おへその真下に来るように置きます。そして体の力を抜いて、両足の親指がつくようにして足でハの字を作ります。腕は頭の上に伸ばしてお互いの小指がつくようにして手のひらを床につけます。

この状態を5分間キープしましょう。この時ゆっくりと腹式呼吸をしながらキープすると効果が高まります。5分経ったら枕を外してリラックスします。長くやっても効果は変わらないので、5分で終了しましょう。

タオルで骨盤矯正をしてO脚を改善する方法

タオルはO脚改善にも使える!

O脚を改善するためにはスクワットをするのが効果的です。ただし、普通のスクワットではなくここでも「タオル」を使って行います。

目的は骨盤の矯正であって筋トレとは違うので、負荷をかけるスクワットを行う必要はありません。

タオルスクワットのやり方

まず、両脚を揃えて立ち、膝にタオルを挟みます。タオルは太もも内側の筋肉を意識するためのものなので、フェイスタオルでもハンドタオルでも構いません。

挟んだタオルが落ちないように、ゆっくりと腰を落としていきます。床と太ももが水平になるのも目標に下したら、ゆっくりと戻します。これを10回程度繰り返します。

骨盤にかかる筋力を左右均等にすることで、O脚を改善する効果があります。即効性はないので効果が出るまでには少し時間が必要ですが、毎日繰り返すことで確実に効果が期待できます。

タオルを使わずできる骨盤矯正エクササイズ


自宅で行える骨盤矯正には、道具を使わずにできるものもあります。骨盤矯正は、普段不均等力がかかっている骨盤に対して均等な力をかけて改善していくものです。そのため左右均等に力をかけるエクササイズが有効です。

間違いなく簡単にできるものとして「お尻歩き」があります。お尻をつけた状態で床に座り、脚を伸ばします。上半身は起こしておいて、手は床などにつけず上げておきます。

そして左右のお尻を交互に前に出して歩いていきます。お尻に痛みを感じたらすぐにやめましょう。ある程度進んだら同じように後ろに下がります。これを1セットとして3セット繰り返します。

骨盤は大きな筋肉で固められているため、お尻歩きによって効果的に筋肉を動かすことができます。筋肉への負荷が均等になると骨盤が左右対称となり歪みが解消されます。

骨盤だけじゃない!タオルがあればすぐできる脚やせストレッチとは

簡単にできてむくみスッキリ

骨盤矯正だけではなく、下半身太りの大きな原因と言える「むくみ」をタオルを使ったストレッチで解消できます。むくみは使えていない脚の筋肉を動かすことで解消することができます。

普段思ったより使えていない足首の筋肉を、タオルを使うことで負荷をかけてストレッチします。

タオルストレッチのやり方

まずは体育すわりをして軽くつま先を上げます。タオルの両端を持って、真ん中あたりを両足のつま先にかけましょう。そうしたら、爪先に負荷がかかるようにタオルを引っ張ります。

その力に負けないようにつま先を前に5秒ぐらいかけてゆっくりと倒していきます。そして同じぐらいの時間で力を緩めてつま先を元の位置に戻します。手の力が強すぎて倒れないように注意が必要です。

この動作を5回繰り返すことで、ふくらはぎや足首に溜まった要らない水分を排出してむくみが解消出来ます。

どんなタオルを使えばいいの?サイズや決まりはある?

タオルの大きさに決まりはありませんが、短すぎると持ち辛く、しっかりと効果が現れない恐れがあります。一般的に使われているフェイスタオルが適当でしょう。フェイスタオルは幅が35cm程度×長さ80cm~90cmのものです。

それよりも30cm程度長いバスタオルでも可能ですが、長さと一緒に幅が増えるため女性では掴めない可能性もあります。身長が高く長い方が良い人は、バスタオルと同じ長さで幅が短いスポーツタオルがオススメです。

また、生地にも注意が必要です。力をかけると伸びるようなものや厚みのあるもの、刺繍があって硬いものは持ちにくく、力がかからない恐れがあるので使わないほうがいいでしょう。

タオルでリンパの流れを改善する方法

タオルで手軽にリンパを刺激

脚にも多くのリンパ節があります。足首や膝の裏、股関節などにリンパ節があり、太ももの裏側には特に太いリンパの流れがあります。

夜寝る前にタオルを使って刺激してあげると、リンパの流れが良くなって余計な水分や老廃物の排出がスムーズになりむくみ解消に繋がります。

タオルリンパマッサージのやり方

両膝を曲げて脚を立てた状態で仰向けに寝ます。片足を上げてタオルの真ん中をつま先に引っ掛けます。タオルの両端を掴んで脚を上げていき伸ばしていきます。痛く感じない程度でできる限り高く上げます。

一番高くなったところでタオルを軽く引いてつま先に10回程度負荷をかけます。怪我の恐れもあるので無理をしないような力の加減が適当です。

その後、タオルを引いた状態で脚を左右に少しずつ傾けて揺らしましょう。そしてゆっくり下ろしていきます。これを両脚に対して行います。たったこれだけで、むくんでいた脚がすっきりします。

タオルで内ももの筋肉を鍛える方法

丸めたタオルでトレーニング

内ももを鍛えるためにはタオルを脚の付け根に挟むのが効果的です。タオルでも厚みがあり大きなものの方が効果が高いので「バスタオル」を使います。

まずバスタオルの幅を半分になるように畳み、そのままロールケーキのように巻いていきましょう。簡単に解けないようにしっかりと巻きつけます。あとは、立ったまま巻きつけたバスタオルを両脚の付け根で挟むだけです。

タオルトレーニングのポイント

身体が前傾にならないように、背中側の腰辺りで腕を組みます。腰に手を当てるだけでも大丈夫です。あとはタオルが落ちないように内側に力をかけて30秒程度キープします。

次に膝の少し上のところにタオルを移動して、同じように30秒間キープします。血流が止まるほどの力は必要なく、内ももの筋肉に力が入る程度で十分です。

下半身の部位別に鍛えていくタオルストレッチ

ヒップアップ編

タオルを使った下半身のストレッチは部位ごとに異なります。ヒップアップのためには脚を後ろに上げるストレッチが効果的です。

立った状態で片側の太もも表にフェイスタオルの真ん中を当て、タオルの両端を手で持って後ろ側に持ち上げます。一番上ったところで6秒間キープします。

ふくらはぎ編

ふくらはぎの筋肉を伸ばすためには、フェイスタオルを1本用意します。タオルを巻いておきます。それを床の上に置いて足の甲に当たるようにして正座をします。

その状態をしばらくキープするだけです。これだけでふくらはぎの筋肉はしっかりと伸びるので効果があらわれます。タオルの当たる部分によって感じ方が変わるので、位置を調整して自分が気持ち良いと思う場所を見つけましょう。

まとめ


自宅にあるタオルを使って超簡単に行える骨盤矯正の方法をご紹介しました。綺麗な脚を作るためには、脚だけではなく身体の中心にある骨盤を整えることが大切だと分かりましたね。

骨盤が整えば、脚が細くなるだけではなく腰痛が軽減したりウエストラインがキレイになるなど全身に嬉しい結果がついてきます。

健康的で美しい体型を手に入れるために、自宅に居るときの少しの時間で試してみてはいかがでしょうか。