太る原因別に対策しよう!ふくらはぎの脚やせダイエット

ダイエットに日々勤しむ女性は多いですが、身体の中でもふくらはぎは特に脚やせしにくい場所として知られています。ふくらはぎが太くなってしまうのには人それぞれの原因があり、その原因に適した方法でダイエットすることが重要です。

太りやすく痩せにくいパーツのふくらはぎ

どうしてふくらはぎは太りやすい?主な原因は3つ

下半身は体の中でも多くの筋肉が集中する場所になっており、特にふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほどの重要なポイントです。そんなふくらはぎが太くなってしまう原因としては、主に3つ挙げられます。

まず1つめはもちろん脂肪です。摂取するカロリーが活動で消費するカロリーを上回っていることが原因で、脂肪が蓄積していきます。この場合太く見えるのはふくらはぎに限ったことではありません。全身の肥満に伴って、ふくらはぎも太くなっているわけですね。

2つめの原因は筋肉です。ふくらはぎは筋肉が発達しやすい部分であり、運動や筋トレで筋肉が増えるのはもちろんですが、姿勢の偏りや歩き方によっても筋肉がつく場合があります。筋肉量が多いということはそれだけ筋肉太りしやすいと言えるでしょう。筋肉で太ったふくらはぎは、指で触ると固くなっているのを感じるはずです。

また、ふくらはぎには筋肉が多く存在しているのですが、脂肪細胞は筋肉にこびりついて蓄積しやすいという特性があります。筋肉にくっついてしまった脂肪はなかなか剥がれず、いわゆる筋肉太りと呼ばれる状態になってしまいます。

そして、3つめの原因がむくみです。心臓から遠い位置にある足では、なかなか血液がスムーズに戻ることができません。重力で引っ張られることもあって、水分や老廃物が長時間留まってしまい、むくみ症状が出やすくなってしまうのです。むくんだ脚はパンパンになって太く見えてしまうため、これも太る原因だと言えます。

ふくらはぎを細くしたい!効果的な方法を選ぶには?

ふくらはぎは筋肉が発達しやすい部分であるのですが、その分脂肪や老廃物が蓄積しやすい部分でもあります。一般的に脂肪が蓄積している場合のダイエットには、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせて行う方法が最適です。

筋肉量が増えれば代謝も上がるので、自然と脂肪の燃焼効果を高めることができます。筋肉をしっかり鍛えることで血液を心臓に送り返すポンプ機能が高まり、むくみも予防できます。

しかし、できてしまったむくみの対処法としては少し遠回り。むくみに対処するなら、マッサージやツボ押しで、直接ふくらはぎ部分にアプローチするやり方が有効です。

また、発達した筋肉が原因となっているふくらはぎの太さは、通常の筋トレではなかなか引き締めることができません。まずは固くなった筋肉をほぐすことが、脚やせのコツとなります。それぞれふくらはぎが太くなった原因を見極めた上で、効果的なダイエットメニューを選ぶことが大切なのです。

むくみが原因のふくらはぎ太りを解消する方法

むくみで太くなったふくらはぎを細くするコツ

私たちの身体には多くの水分があり、血液に乗って身体中を巡っています。本来ならスムーズに心臓から送り出されて心臓に戻ってくるのですが、様々な要因によって水分が体の一部分に長い時間留まってしまうことがあります。そうなると血管から滲み出し、細胞と細胞の隙間などに老廃物と一緒に溜まってむくんでしまうのです。

むくみが原因で脚が太くなっているのはこんな人
デスクワーク、立ちっぱなしの仕事を1日中継続している。
冷たい食べ物や飲み物を好んで取っている。
常に手足が冷たく、冷え性の自覚がある。

ふくらはぎは、重力や位置の関係で特にむくみやすい場所であり、これを解消するためには水分を本来の居場所である血管やリンパ管に戻してあげる必要があります。むくみ症状が出る直接的な原因は、血行やリンパの流れが悪くなって長時間留まってしまうことにあります。つまり、運動やマッサージなどを積極的に行ってこれらの循環を良くすることが、むくみ対策のコツとなります。

むくみ改善に効果のあるツボ押し

むくみは水分や老廃物が同じ場所に長時間存在し続けることで起きてしまうため、血行やリンパの循環を良くすることで解消できます。それに役立つのが、東洋医学の一種であるツボ押しです。

ツボには神経や血管などが集中しているとされており、ここを刺激することで全身に作用を及ぼすことができるのです。むくみを改善するには、足の裏の中心にある腎臓のツボを押し、そこからかかとの内側に向けてある尿道や膀胱のツボをマッサージするのが効果的。自分の親指を使ってもよいし、ツボ押しグッズを利用してもOKです。

腎臓と排泄機能を活性化することで、体内に溜まった水分や老廃物を効率よく尿と一緒に排出することができ、むくみの原因を解消することができます。また、同じツボには血行を促進する効果もあるので、スムーズな運搬にも役立ちます。

血流改善でむくみ脚をスッキリさせるリンパマッサージ

リンパは体内の老廃物などを回収して外へと排出させる役割を担う重要な存在ですが、同じような役割を持つ血流とも深く関係しています。リンパの流れと血流は連動していることも多く、リンパマッサージなどによって循環を良くしてあげると自然と血流も良くなるという特徴があります。

むくみの原因は血行が悪化して同じ場所に長時間水分や老廃物が留まることなので、リンパをマッサージすることで血行を良くし、溜まった老廃物を押し流すことが重要です。マッサージには、自分の両手を使い、足首から心臓の方向へ向かう順番で行うのがコツ。

まず、むくみやすいふくらはぎを中心に、足首から膝の内側にあるリンパ節へ向かって血液を押し上げるようなイメージでマッサージします。そして、そこから足の付け根のリンパ節を目指して、再び押し上げるようにマッサージをしていきましょう。

痩せると人気のふくらはぎ痩せ靴下

自分でいくらケアしてもなかなかふくらはぎが痩せないという人や、仕事や家事で忙しくてケアする余裕がないという人の場合、ふくらはぎ痩せ靴下などを活用するのもおすすめ。ふくらはぎが太くなってしまう大きな原因の1つ、むくみを改善するのに効果的なアイテムです。

むくみは、ふくらはぎの筋力が落ち、血液を心臓に送り返す機能が低下することで起きやすくなります。弱まったそのポンプ機能を、専用の靴下を履いて圧力をかけることでサポートすることができます。自分では何もしなくても自然と圧力がかかり、血液をスムーズに送り返せるようになるため、むくみの解消や予防に期待できるのです。

日中に使用できるタイプや就寝中に履くタイプなど、さまざまな靴下があるので、好みのものを使用してみましょう。

ふくらはぎの筋肉にアプローチするやり方

筋肉で太くなったふくらはぎを細くするコツ

筋肉は私たちの身体を動かすために欠かせない存在ですが、特にふくらはぎには、身体の中でも多くの筋肉が集まっています。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど重要な役割を担っており、筋肉によって血液を心臓へ押し上げるポンプのような機能を果たしています。

そのため、ふくらはぎは筋肉が自然とつきやすい部位になっているのです。ですが、筋肉の量が増えるということは同時に質量が多くなることであり、筋肉の周囲に脂肪がつきやすいというデメリットもあります。更に、筋肉を使うと疲労物質が発生するのですが、そのまま放置していると、脂肪や老廃物が筋肉にこびりついて固まってしまいます。これが筋肉太りと言われる現象です。

筋肉でふくらはぎが太く見えるのはこんな人
中学生、高校生の時に、体育系の部活をやっていた。
ヒールの高いパンプスなどを好んで履いている。
せっかちで、つい早いテンポで歩いてしまう。

スポーツをしてなくてもついてしまう筋肉に注意!

立って活動している時には、否応なくふくらはぎの筋肉を使用しています。筋肉がつくのは、激しいスポーツをしている人だけと思いがちですが、ふくらはぎに限って言えばそうではないのです。無意識に取っている姿勢や歩き方がふくらはぎに余分な負担をかけ、日々の積み重ねでいつのまにか筋肉が発達している可能性があります。

例えば、猫背が癖になって立つ姿勢がよくない場合、骨盤が後ろに倒れているのかもしれません。そうすると、体全体の歪みにもつながり、ふくらはぎに必要以上の負担がかかってきます。また、日常的に急ぎ足で歩くことが多く、前のめりになりがちな人も要注意。体を支えようとするふくらはぎは、がんばって過剰に筋肉を使ってしまいます。

心当たりのある人は、姿勢のよい歩き方をすることで、ふくらはぎの負担を減らすことが可能です。まず、胸を張り、お尻をキュッと引き締めるような姿勢を意識しましょう。膝を伸ばしたまま、股関節部分を支点にして脚を踏み出すイメージで歩くのがポイントです。

筋肉で固くなったふくらはぎにはスクワット

筋肉を使用すると老廃物や脂肪などの疲労物質が発生すると上述しましたが、それらは放っておくと次々に筋肉にこびりついて固くなっていきます。固くなった場所にはさらに老廃物がくっつきやすくなるため、運動すればするほど固くなり、落とすのが難しくなってしまいます。

この状態では、運動やマッサージの効果も低くなってしまうため、硬くなった筋肉をまずほぐして柔らかくする必要があります。そこで役立つのが、スクワット運動です。

スクワットは、ゆっくりとした動作でありながら高い負荷をかけることができる運動で、身体の中にあるインナーマッスルにも働きかけることによって全身の血行改善に役立ちます。筋肉をほぐすためには血行を良くするのが一番ですが、スクワットなら筋トレと血行改善、更に脂肪燃焼まで全てをカバーできるので大いに役立ちます。

脂肪が原因の太いふくらはぎを引き締めるためには?

脂肪太りで太くなったふくらはぎを細くするコツ

脂肪によってふくらはぎが太くなってしまった場合、ダイエットの基本となるのは有酸素運動です。有酸素運動は不可の高い筋トレなどの無酸素運動とは異なり、消費エネルギーは少ないのですが、軽くて無理のない運動を長時間続けることができます。脂肪はできるだけ長い時間運動し続けたほうが燃焼しやすくなるので、脂肪太りにはうってつけのダイエット法だと言えます。

脂肪が原因となっているのはこんな人
外食の割合が多く、油分の多い食事となりがち。
市販飲料やスイーツなど、甘いものが好き。
仕事で座っていることが多く、運動する機会があまりない。

有酸素運動ならどんな種類でもかまわないのですが、ふくらはぎを細くするのであれば、ウォーキングや踏み台昇降運動など足を使う運動がおすすめです。時間がない人の場合は、同じ運動量でも消費カロリーが格段に高くなる水泳や水中ウォーキングを行うと、より効率よくダイエットを進められるでしょう。

セルライトを取り除くマッサージ

女性の場合は男性よりも皮下脂肪がつきやすいことで知られていますが、長い間放置したままの皮下脂肪は、徐々に固まってセルライトへと変貌していきます。一度セルライトになってしまうと簡単には燃焼しなくなるため、できるだけ早い段階でセルライトを取り除いておく必要があります。

セルライトは、エステサロンなどに行けば専用の強力なマシンを使って減少させられますが、自宅でもマッサージによってケアすることができます。市販されているマッサージジェルや専用のグッズなどを利用すると、楽に行えます。

マッサージする場合、デコボコが気になる部分を指でつまむようにしながら、力を入れて押し潰すイメージで行いましょう。頑固なセルライトはこうでもしないと取り除けないので、他のマッサージとは異なり、ある程度力をこめて行うのがポイントです。