脚やせには走るのがおすすめ!その理由とは

ランニングをすると脚が太くなる!?という話を聞いたことはありませんか。脚やせをしたくてダイエットを考えているのに、太くなってしまったら逆効果ですよね。でも、正しいやり方で走れば、脚はきちんと細くなります。たくさん汗をかくことで美容にもいい効果があるんですよ。

ランニングダイエットは、ジムに入会したり家庭用トレーニングマシンを用意しなくても、ウェアとシューズさえあれば今すぐにでも始められますし、ウォーキングよりカロリーをたくさん消費できるのでダイエットにはぴったりなんです。この機会に試してみようかな、という方のために、ランニングの特徴をご紹介します。

ランニングで脚やせダイエット!その効果は?

ランニングといえば、手軽で続けやすい有酸素運動のひとつです。ただ走るだけですから難しい手順を覚える必要もありませんし、コストも高くはつきません。全身運動ですから体全体の脂肪を落とすこともできますが、脚の筋肉を程よく鍛えることができるため、下半身の部分やせにも効果があります

ランニングって脚が太くなるんじゃないの?

走ると脚が太くなってしまう、そう思っている人も中にはいるかもしれませんが、そんなことはないんです。確かに、短距離走の選手などは脚にすごい筋肉がついていますが、マラソンの選手はそうではありませんよね。長距離走と短距離走とでは、使う筋肉が違うんです

ダイエット目的でランニングを行う場合には、長距離走を行うことになります。息が上がってしまうほど全力で走ると無酸素運動になってしまい、カロリー消費の効率が落ちてしまうからです。息が少しはずむ程度の運動を長時間続けるものが有酸素運動であり、しっかり呼吸をすることでカロリー消費を促すことができます。

ここがポイント!
また、有酸素運動でカロリーがしっかりと燃焼しはじめるのは20分を過ぎてから。20分以上運動を続けると体のスイッチがオンになり、そこからしばらく脂肪が燃焼しやすい時間が続きます。運動不足の方は最初から無理をしてはいけませんが、20分から30分を目安に徐々に時間を長くしていくと効果的です。

ランニングは脚やせに効果があるの?

脚が太ってしまう原因はいくつかありますが、なかでも運動不足だという方が多いのではないでしょうか。運動不足は脂肪が溜まってしまうだけではなく、むくみや冷え性などの原因にもなります。実は、足が太いと悩んでいる女性の多くがむくみによって脚太りを起こしてしまっているんだとか。

運動不足の人にとっては、軽いランニングの実践でも十分に筋トレの効果を発揮します。筋肉を鍛えることによってその部位の脂肪燃焼が捗るようになるだけでなく、血行促進の効果も高まるのです。特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、脚の血行にとって大事な役割を持っています。

このふくらはぎの筋肉をランニングで程よく鍛えることによって、脚の血流やリンパの流れが改善され、むくみが解消されるのです。むくみは老廃物や余計な水分が下半身に溜まってしまうことで起こりますから、むくんでしまっているときは血流が悪くなっているのですね。

ランニングをすると脚が太くなる?
脚やせのためにはある程度脚の筋力をつけて脂肪燃焼を促すための基盤を作っていく必要があります。どんなに運動をしたとしても、それを燃焼させるための筋肉が発達していなければ十分な効果を得ることができないわけです。

つまり、筋肉がついてはじめて脂肪が燃焼されはじめるのですから、ランニングをはじめた直後は余分な脂肪と鍛えられてきた筋肉が合わさって、脚が太くなるように感じるのですね。しかしどんなダイエットも、継続していくことが大切です。

脚が一時的に太くなったと感じたとしても、それはやせるために必要な筋力を付けることが出来たということです。そこから適度な運動、ストレッチを組合わせていくことが出来れば、自然と脂肪は燃焼され脚やせ効果も実感することができますよ。

走る時の正しいフォームとは

せっかくのダイエットで脚を太くしてしまわないためにも、必要なのは正しいフォームです。日常では歩き方にも同じことが言えますが、悪い姿勢で歩いたり走っていると、適切な筋肉をつけられなかったり、余計な筋肉がついて脚が太くなってしまうことも。だらだらと適当に走るだけでは効果がありません

フォームを意識するだけでダイエット効果アップ!

走る時は背すじを伸ばして、腕をしっかり振るように気をつけましょう。かかとから着地すると脚に衝撃がかかってしまいますから、つま先からやわらかく着地することを意識しましょう。お尻とお腹に力を入れるよう意識すると、自然と正しい姿勢が保てます

悪い走り方は骨盤を歪めてしまうこともあり、肩こりや腰痛などの原因になることも。日常生活でも正しく歩くことを意識したり、椅子に座っているときに背すじを伸ばすようにするだけで効果がありますから注意してみてください。

姿勢を良くすればおのずとインナーマッスルや腹筋回りなどの筋力も強化できます。また、腕を意識して振るようにすれば二の腕や肩回りの筋肉を鍛え脂肪を燃焼させていくことが出来ます。

ここがポイント!
太ももやふくらはぎなどの部位も同じです。走る際にその部位の筋肉を意識しておくようにすれば、自然と理想のボディラインを実現することができるでしょう。もちろん、効果の出方には個人差がでてくることになりますが、間違った姿勢、フォームでボディラインが崩れてしまうと矯正しづらいので気をつけましょう。

自分でフォームはチェックし辛い?靴底の減り具合をチェック

とはいえ、走る時のフォームは自分では正確にチェックすることはできませんよね。動画で撮影することができたり、他人に細かくチェックしてもらえる環境にあればいいのですが、自分の走っている姿を客観的にみられる環境は限られています。

そこでおすすめの方法が自分の靴底の減り具合をチェックしていく方法です。靴底の減り具合が極端に偏っている場合、姿勢が悪くなっているということ、もしくは走り方に癖がでてしまっているということです。靴底の減り具合がさほどひどくないのであれば問題はないのですが、あまりにその減りが激しいという場合には姿勢矯正を心がけることから始めていきましょう。

必要に応じて姿勢矯正ベルトを付けたり、整体院で治療を受けるなどして姿勢や走り方を直していくことも大切になってきます。

しっかりダイエット効果を出す走り方とは

しっかりダイエット効果を出す走り方について、ポイントとしてはいくら動くのがつらくても体から力を抜きすぎることなく、姿勢を正していくことを押さえておきましょう。辛くなるとどうしても姿勢は悪くなってしまうもの、人によってはついつい猫背気味になって走っている人もいるでしょう。

ですが、この姿勢が悪い状態で走っていると変な部位の筋肉が鍛えられてしまい、脚やせの逆効果となる危険があります。姿勢が悪いことで代謝も悪くなり、結果的に思うように効果を実感できなくなるというわけです。

しっかりダイエット効果を出していくためには、姿勢を正していくこと、その状態を常に意識していくことが大切になってきます。これから走ることでダイエットを始めるという人は知識としてしっかり身に着けておくといいでしょう。

走る時間や距離は・続ける期間は?

走る時間や距離について、無理をすることなく個々のペースに合ったものを選ぶようにするのがお勧めです。自分の力を過信しすぎてしまうと、ケガの元になってしまったり、体調不良を引き起こす可能性も出てきます。

ここがポイント!
ある程度余裕をもって運動を続けることで、心にもゆとりがでてきますし体力的にもより長い時間続けることが出来ます。同じ動作を長い時間続けることが出来るのであれば、その間安定的に脂肪を燃焼させることができるというわけですから、ダイエットには打ってつけです。

もちろん、走る距離や時間は長いに越したことはありませんが、こまめに休憩をはさむことも大切です。無理をしないことが長く運動を続けるためのコツですし、1週間、1か月と継続的に運動を続けることで初めて得られる効果も中にはあります。

走る時に丹田を意識するとさらに効果アップ!丹田とは

走る時に丹田というツボを意識するとさらにダイエットの効果を高めることが出来ます。丹田とはへその下部分にあるツボのことで全身の気がそこに集まるともいわれています。この部位に力を入れるようにして走れば自然と姿勢を正すことが出来ます。

お腹周りを意識することで腹筋や背筋などを鍛えることもできますし、これによって呼吸法にも気が回るようになります。走りながら複数のことに気を配っていくとなれば難しくなってきますが、丹田に気を集中することで複数の効果が期待できるとなればこれは簡単な話です。まずは丹田の場所を把握して、意識を集中させることからはじめていきましょう。

どうせ走るなら効率的に!脚やせ効果を引き出すコツ

ダイエットのために運動を取り入れていく、走ることにするというのであれば、効果は高いに越したことはありません。同じように運動をしても思うように脂肪が燃焼されないというのであれば、ダイエットを続ける意思も薄れてしまいます。時に意地になりすぎて体調不良を引き起こしてしまうほど体を酷使してしまう人も出てくるでしょう。

そうならないためにも、運動を効率的にすすめていくためのコツをしっかり押さえておきましょう。走る前にはマッサージやストレッチをして血行を促進しておくこと、またダイエットサプリを服用して脂肪燃焼効果を高めていくのもおすすめです。こうした工夫を取り入れることで、着実にダイエット効果は高まっていきますし、より楽に脚やせを成功させることが可能になります。

いくら走っても効果が感じられないようなら原因はコレかも

もしも、いくら走っても十分なダイエット効果が得られない場合には脚の血行が悪くなっていることが原因となっているかもしれません。脚にむくみが生じ、血行不良が顕著にあらわれるようになるとそれだけで体の中に老廃物、余分な水分がたまりやすくなります。この状態でいくら運動をしたとしても、元々の血行が悪い状態なので脂肪もうまく燃焼されないというわけです。

また、脚にたまったセルライト、脂肪の塊がその邪魔をしている可能性もあります。この場合にはまず、セルライトマッサージを施して脚の脂肪の塊をほぐしていくことから始めていきましょう。そうして初めて運動による脂肪燃焼効果を得ることが出来ます。いくら走っても思うように効果が得られない時にはこうした方法で対処していくといいでしょう。

ジョギングやランニングが脚やせにお薦めな理由

ジョギングやランニングは先に挙げたように有酸素運動に分類される運動です。有酸素運動は体への負荷が無酸素運動に比べて少なく、無駄に筋肉を鍛えることなく必要な部分だけの筋力を強化していくことが出来ます。

同じ動きを繰り返し行うことで着実にカロリーを消費することが出来ますし、息切れや心拍数の上昇もある程度抑えることが出来るので運動が苦手な人にもおすすめです。

こうしたジョギングやランニングは毎日出来るのであればそれに越したことはありませんが、何も無理をしてまでこれを強制する必要もありません。少し時間が空いても、2日ごとや3日ごとに適度な運動を取り入れることが出来れば自然と体質もいい方向に変化していくでしょう。