キュッと引き締まった足首を目指す足首痩せダイエット

足首周りがキュッと引き締まっていると、脚全体にメリハリがついて見えますよね。でも、足首痩せってなかなか聞かないキーワードです。足首が太い理由には骨格など、遺伝性の問題の場合もありますが、血行不良によるむくみのことも多いんです。

足首は骨太のせいだからどうしようもない……と諦めず、まずは足首痩せを目指してがんばってみませんか?足首の血行が改善されると、ふくらはぎや太もものむくみも自然と解消されますし、下半身全体のダイエットにもつながるんですよ。今日から試せる効果的なエクササイズをご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

足首が太くなるのはこんな原因があった

足首が太くなる原因で多いのが、冷えを対策せずそのまま放置してしまうことです。冷えている時にはむくみが起こり、むくみを放置すると足首はどんどん太くなります。むくみを放置しているうちに老廃物や脂肪が合体してセルライトになってしまいますので、気になるむくみはなるべくその日のうちに解消しなければ痩せるものも痩せられません。

そして、冷えやむくみの原因になっているのが血行不良です。下半身は心臓から遠く、また重力の影響を受けるため血流が滞ってしまい、むくんで老廃物などが溜まってしまうんですね。それを解消してくれるのが第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉なんですが、日頃から運動不足だとふくらはぎのポンプ機能がうまく働いてくれません。

足首のケアは見落としがち!?
足首周りは筋肉も少なく、脚の中でも心臓から遠い位置にあるため特に血流が滞りがちな場所です。しかし、ふくらはぎや太ももはケアをしている人でも、足首のケアは見落としがち。だから意識的にケアをしてあげることが足首痩せ成功のポイントなんです。

女性は男性よりも筋力がつきづらい体質のため、筋トレをしてもなかなか筋肉がついてくれません。それに日中は立ちっぱなしや座りっぱなしでお仕事をしている方も多いのではないでしょうか。ふくらはぎの筋力が衰えているうえ、ほとんど使わないとなると、むくみはどんどん進行してしまいます。

足首の血流を改善してあげれば、自然とふくらはぎや太もも、腰回りの血行も良くなります。足首痩せだけでなく、下半身全体のダイエットにもつながるなんて、お得だと思いませんか?最初はお風呂で半身浴や足湯を行ったり、気がついたときにぐるぐる足首を回すところからはじめてみるといいでしょう。

ただ歩くだけじゃだめ?いい歩行・悪い歩行

足首を太らせる悪い歩き方とは

歩き方も足首が太くなる原因になりかねません。厚底の靴で地面を擦るようにして歩いていませんか?脚の血行を良くするには、きちんと動かすことが大切です。普段ヒールや厚底靴を手放せないという人も、お休みの日などに少しでもスニーカーで歩くようにしてみてください。

かかとを引きずって歩く人は注意が必要です。足首部分の関節を動かさないと老廃物が溜まりやすくなり、血液やリンパの流れも滞ってしまいます。日頃から歩く習慣がない人も太くなりますので、一日を通して動きの少ない人はよく動かすようにすることが大切です。日頃の習慣が現れやすい部分だといえます。

毎日少しも歩かない、という人はいないはずですから、歩き方の改善はもっとも手軽で試しやすいダイエット方法です。自宅でもできますし、通学・通勤の時間をダイエットに使うと思えばわざわざ時間を取らなくてキレイに痩せられ、忙しい方でも大丈夫なんです。では、実際に正しい歩行のやり方をご紹介しましょう。

足首痩せに繋がるいい歩き方とは

正しい歩き方ってどうやるんでしょう?かかとから勢い良く着地している人は気をつけて。かかとを地面に打ち付けるのはもっとも悪い歩き方で、硬いかかとの骨から膝、腰、背骨を抜けて頭まで衝撃が伝わってしまいます。つま先からかかとにかけてやんわり足裏を着地させるのが正しい歩き方です。

最初は意識してもうまくできないと思いますが、そんな時はつま先立ちをイメージしてみてください。かかとをなるべく地面すれすれで着地させずに歩いてみると、正しい歩き方のイメージがつかめるはずです。それ以外では、背筋を伸ばして顎を引き、きちんと腕を振って歩くことが効果的な方法になります

ここがポイント!
正しい歩き方をしようと気をつけていると脚の動きにばかりとらわれてしまいますが、姿勢も大事ですので姿勢が乱れないように気をつけなければなりません。人が裸足になると自然とこのような歩き方をしているのですが、日頃からヒールのある靴をはいている人は正しい歩き方を忘れがちです。その結果、足首が太くなってしまいます。

足首を細くする方法!簡単なエクササイズで足首痩せ

足首が太くなってしまっても、細くする方法はもちろんあります。ただし、太くなる要因をかかえたままでは再び太くなってしまう可能性がありますので、なぜ太くなるのかをきちんと突き止めることも重要です。脚にたまりがちなむくみをスッキリさせることで痩せられるなら、実はそう難しくありません。

脚やせが行える方法には色々なものがあります。本格的な施術を受けるためにエステに通うこともありますし、歩き方を見直すことも有効です。また、ストレッチを実践したりマッサージを行うことでも細くすることができますので、自分に合った方法を見つけることが大切です

ここがポイント!
どの方法を選んだとしても即効性はなく、短期間で効果が出ることはありませんので、継続することがとても重要です。きちんと冷えを解消したり筋肉を鍛えることで足首のサイズがダウンするとメリハリが出て、脚全体がほっそりとしたように見えますよ。

いつでもどこでも簡単にできる足首痩せストレッチ

足首痩せが行えるストレッチにもたくさんの種類がありますが、その中でも簡単に行えるストレッチを取り入れるのがオススメです。自分のコンディションに合ったものを選び、取り入れやすい方法を根気良く実践していけば、次第に足首は細くなっていきます。

すぐにできる方法としては、足を後ろに伸ばしてアキレス腱を伸ばす動作が効くといわれています。左右どちらも行って10回ほど繰り返せば一定の効果が得られます。アキレス腱伸ばしはいつでも行うことができますし、ちょっとした空き時間を利用できますのでとても便利です。

日頃から足首の関節を使っていない人はアキレス腱伸ばしをすると痛みを感じることがありますが、無理はせず痛気持ちいいくらいで止めてくださいね。アキレス腱伸ばしは足首痩せだけでなく怪我の防止にもなるのでぜひやってみてください。

椅子に座っている時にすぐできる足首痩せストレッチ

椅子に座りながらでも足首痩せのストレッチを行うこともできます。取り入れたいのはかかと上げであり、足首だけでなく太もものシェイプアップにもよく効きます

椅子に座る時は姿勢がとても重要であり、深く腰をかけて背筋を伸ばすように心がけます。次につま先を床につけたままかかとをできるだけ高く上げ、そのまま10秒ほどキープします。キープしている間、床を踏みつけるように力を入れることで負荷をかけることができます。最後に元に戻して終わりですので、この動作を10回くらい繰り返します。

慣れてきたらステップアップ
慣れてきて簡単にできるようになったら、より高い負荷をかけるために両膝の上に重ねた本をのせたりすると更に効果的なストレッチを行うことができます。

足首からふくらはぎにかけて細くできるエクササイズ

足首だけでなくふくらはぎの太さもかなり気になるという場合、両方を同時にケアできるエクササイズが有効です。足首だけが太い人も中にはいますが、大抵はふくらはぎまで太くなっていて全体のシルエットが美しくないことも多いので、ふくらはぎまで一緒に細くするようにします。

このストレッチは横になった状態で行ないます。仰向けになり足の裏にタオルを引っ掛けて、その引っ掛けた方の足を天井に向かってゆっくりと持ち上げます。そして膝を伸ばしたままで、この体勢を3~5分ほどキープします。

終わったらもう片方の脚も同じように行うのですが、体幹がしっかりとしていない人は横にぐらついてしまうことが多いので、その点に注意が必要です。

足首痩せにはこんな方法も!足首回しダイエットとは

足首痩せを目指す場合には、足首回しダイエットもしばしば行われます。足首がほっそりしてくると脚全体も痩せてきますので、脚痩せ全般において足首は非常に重要です。足首の関節が柔らかい人は動作がスムーズですし、骨盤の動きも滑らかです。

しかし、柔軟性が失われてくると筋肉が緊張して血流が低下し、老廃物の排出も上手く行われなくなってしまいます。これは足首が太くなる直接的な要因になりますので、足首の柔軟性が失われないようにケアを行わなければなりません。

ふくらはぎ太りにも深く関係している部分であり、ふくらはぎがむくみやすい人は足首に問題を抱えていることが多いようです。足首の状態が悪くなるとむくみ脚を作ると考えられます。

足首回しダイエットの手順と効果

足首回しダイエットを行いたい時には、床に座って両足を揃えてまっすぐ前へ伸ばします。回す方の脚を曲げて太ももの上へ引き寄せたら、足先を両手で持って足首を外側からゆっくりと回していきます。外回しに20回終えたら、次に内回しに20回行い、反対の脚も同じように行っていきます。

とても簡単な方法で足首の引き締め効果がありますので、誰でも簡単に取り入れることができます。行う時は正しい姿勢を保つように気をつけながら、呼吸を止めないように注意しなければなりません

脈を意識で効果UP
脈拍数に近い速度で回すとより効果的であり、老廃物も流れやすくなるといわれていますので、1分間で60~80回程度を目安に行っていくと良いようです。正しく行うと骨盤が矯正され、血行やリンパ液の流れが良くなってむくみが解消されます。

足首を太くしてしまう悪い生活習慣とは

生活習慣で見直さなければならないことは、運動不足や塩分の過剰摂取です。運動を十分にしていない人は足首も動かしていませんので、関節が硬くなってしまいます。運動といっても何も特別なことをする必要はなく、歩くだけでも十分に効果を得られます。

日頃から積極的に歩くようにしていれば自然と柔軟性が出てきますので、巡りが良くなって足先に老廃物や血液、リンパ液などが滞らなくなります。

また、塩分の過剰摂取がむくみにつながることは非常に有名であり、足首のむくみにも関係しています。味の濃い食事を好む人は薄味にすると物足りなく感じますが、香辛料などを上手く活用すれば薄味でも満足感が得られますので、調理を工夫すると良いようです。

足首をほぐすことで得られる健康効果

足首を回すと細くすることができますが、ダイエット効果だけでなく健康効果まで得られることが分かっています。女性にとって嬉しいのは冷え性の改善です。冷えはむくみを引き起こしたりセルライトの原因になりますので、冷え性の改善はダイエットにもつながります。足先が冷えて困るという人は、足首を定期的に回すことが重要です。

また、自律神経も整いますのでメンタルバランスを整えたり睡眠の質を向上することもできます。自律神経は体の免疫機能にも関与している部分であり、免疫力のアップにも役立つといわれています。その他にも、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎ部分がほぐれることで、心臓の負担を減って全身の疲れを取り除くことができます。