モデルのような脚になりたい!おすすめの脚やせ方法について

テレビや雑誌で見かけるモデルやタレントさん。全身のスタイルがよいのはもちろん、美しい脚線美を持っていて、彼女たちのような美脚になりたい、脚やせしたい、と憧れる人も多いでしょう。しかし、芸能人だからといって、なんの努力もなくほっそりとした脚を維持している人ばかりではないのです。憧れの人のやり方を真似て、理想のモデル脚を手に入れてみませんか

脚のキレイなモデルはどんなことをやっているの?

モデルのような脚ってどんな脚?

客観的に見て魅力的に思えるモデルの脚とは、どのような脚でしょうか。モデルの脚をよく観察してみると、単純な棒のように細いわけではないことがわかります。

無駄なぜい肉がないことやよく手入れされた美肌はもちろんですが、ある程度の筋肉がつき全体のバランスがよいことが美しい脚の条件ではないでしょうか。ふっくらとした曲線部分ときゅっと引き締まった部分にメリハリがあるのが、多くのモデルに共通する特徴でしょう。

つまり、キレイだと思われる脚になるためには、単にひたすら細く痩せればよいというわけではなく、筋肉という要素も大事なのです。多くのモデルやタレントさんは、美脚を維持するためにそれぞれのやり方で努力を重ねています

菜々緒さんがやっているのはボクササイズ

女優しても活躍中の菜々緒さん、9頭身と言われているスタイルで、脚の長さはもちろん、見入ってしまうようなバランスのよさが見事です。そんな菜々緒さんが取り組んでいると噂なのが、ボクササイズ

ボクササイズとは?
ボクササイズとは、アッパーやストレートなどのパンチを繰り出す、ボクシングの動きを行っていくエクササイズのことです。

ボクササイズは、菜々緒さんのほか、ローラさんや小嶋陽菜さんも実践しているそう。基本の姿勢は、ボクシングと同じく体を斜めにした構え。音楽をかけ、それに合わせるようにすると、リズムよくパンチを出せるようになります。

脚よりも腕の動きの方が激しいのでは?と感じられますが、意外にもその動きを支えるための負荷は脚にもかかっています。また、腹筋、体幹が鍛えられるため、基礎代謝も上がり、スッキリと痩せやすくなる動きなのです。

菜々緒さんは、ボクササイズのほか、加圧トレーニングも行っているのだとか。努力を怠らない意識の高さをぜひ真似したいですね。

ダレノガレ明美さんがやっているのはウォーキングや水泳

抜群のスタイルを持つダレノガレ明美さん。今の外見からは想像できないのですが、164センチの身長で67キロという体重になってしまった時もあったそうです。実は太りやすい体質であり、腹筋の見事なボディーを維持するには、徹底した意思でトレーニングを行うことが欠かせないのだとか。

そのトレーニングとは、ウォーキングや水泳といった有酸素運動で、ウォーキングにかける時間は1時間、水泳では泳いだり歩いたりを1時間半行っています。その上、ジムではヒップアップに重点をおいた筋トレメニューにも取り組んでいるようです。朝はスムージー、夜は炭水化物抜きの食事など、食べ物の内容にも気を遣っているみたいですね。

実際プロ意識の高いモデルとまったく同じことをやるのは難しいかもしれません。しかし、もう少し手軽に取り組める運動や自分に向く方法を取り入れ、実践していくことで、憧れの脚に近づくことは可能です。

モデル脚を目指して、効果的な運動を実践!

バランスの良い体になれる!脚やせ運動

下半身太りの原因として、筋肉不足ということも挙げられます。筋肉が少ない事で、代謝が落ちてしまっていて、血流も悪く老廃物がリンパでつまってしまい、その周りの脂肪と結合してセルライトができてしまいやすくなります。

ですから、バランスの良い身体になるためには、下半身の筋肉もつけていくことが理想です。スクワットは、ふくらはぎ、太もも、そしてヒップにも働きかけることができ、血流もアップさせることができますので大変おすすめです。

ダイエットには、軽く筋肉痛になる程度の負荷がとても効果があると言われています。逆に筋肉痛にならない程度の無酸素運動は、あまり効果がないと言ってもよいでしょう。少し負荷をかけて運動を行った後にタンパク質を摂ると、さらに効果的です。

目指せ健康美!脚やせに欠かせない有酸素運動

有酸素運動は脂肪を燃焼させることができる運動です。ウォーキング、ジョギング、踏み台昇降運動、エアロビクスや自転車こぎなどがこれにあたります。脚やせにはこういった有酸素運動が欠かせません。

特に脂肪太りの方は、食事制限だけをしても、筋肉から減ってしまったりしますし、それによって代謝が落ちてしまうなどのデメリットも生じてきてしまいます。逆に筋肉をつけていくことで代謝を上げ脂肪燃焼しやすい体質にしていくことができますので、筋トレも重要です。

ここがポイント!
筋トレは無酸素運動の部類になり、有酸素運動の前に行うことで、よりダイエット効果が上がりますので、組み合わせて行っていくことが重要なポイントといえるでしょう。

雨の日も関係ない!お家で簡単ストレッチ

ダイエットプログラムを自分で作り、たとえば毎日ウォーキングやジョギングをしようと目標をたてたとしても、雨が降ってしまうと、トレーニングの実行が無理な日も出てきてしまいます。しかし、そういった場合でも、室内でできるエクササイズなら大丈夫です。

モチベーションを下げないために、毎日簡単に続けられることというのは、条件の1つでしょう。ストレッチは運動が苦手な方でも始めやすいですし、リンパの流れをよくすることで、デトックス効果も上げていくことができますので、とてもおすすめです。

また、ヨガの動きであれば、ストレッチしつつインナーマッスルも鍛えていくことができますので、相乗効果があります。筋肉をつけることで脂肪も燃焼しやすくなります。

筋肉を鍛えてシェイプアップ!脚を引き締めるエクササイズ

筋トレをするのは、ムキムキになる人というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、プライベートジムに行っても、エステサロンに行っても、ダイエットのためには「筋トレをしましょう」と必ず勧められるはず。これは、筋肉があることで代謝がアップすることを、専門家として知っているからです。

脚を引き締めるためには、筋肉が必要です。筋肉があることで、血流がアップしてリンパの流れも良くなりますし、脂肪が燃焼しやすい状態を作っていくことができます。また、筋トレなどの無酸素運動を行った後に、ジョギングや踏み台昇降運動などの有酸素運動を行うことで、より脂肪は燃焼しやすくなりますので、セットで行うことをおすすめします。

初心者の場合、最初は楽なものから始めていきましょう。

忙しい毎日でも脚やせできる!生活の改善と工夫

下半身太りの原因になる冷えの予防と対策

下半身太りの方は、冷え、むくみ、便秘になっている特徴があります。女性は特に男性よりも筋肉量が少ないということも影響していて、血流が悪くなってしまったり、それに伴いリンパの流れも悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。老廃物がリンパで溜まってしまっていることで、近くの脂肪と結合してセルライトができてしまい、さらに冷えやむくみの状態を進めてしまうのです。

ですから、代謝を上げていくということがまず大事です。血流アップ、筋トレの意味でもスクワットなどの筋トレはとても有効です。内太ももを鍛えるエクササイズも、太ももの筋肉を付けるということでの効果が期待できます。その上で、有酸素運動を行うと、とても効果があります。

ダイエットに役立つバランスの良い食生活とは

ダイエットを自己流で行っている方の多くは、食事制限から入ることが多い傾向があります。しかし、この食事制限、単にカロリーオフにすればよいというものではありません。

痩せやすい体質にするための食事のポイントとして、タンパク質はとても重要です。タンパク質は、筋肉を作ることができる栄養素だからです。ダイエットには筋肉量がポイントになりますし、その筋肉を作るタンパク質、そしてビタミンや鉄分、カルシウムや亜鉛、葉酸など、さまざまな栄養素をバランスよく摂っていきましょう

美容効果があるイソフラボンやビタミンなども忘れずに取ります。また、体を温める食材を知り、進んで取るようにすると、代謝アップや冷えの改善につながります。

身体を温めることができる食材は?
たまねぎ、大根、ごぼうなどの根菜類。生姜、かぼちゃ、こんにゃく、赤身の肉など

こういった食材を調理して、積極的に取っていきましょう。

むくみ脚の解消に!脚やせマッサージ

脚のむくみは、リンパの流れが悪くなってしまっていることで起こります。同時に、筋肉が少ないと、血流が悪くなり、代謝も落ちます。それに伴って、デトックス機能が落ちてしまうということもあり、さらにむくみやすい状態になります。まずはむくみを解消して、老廃物が流れやすい状態を作っていくことが大事です。

そのために行う脚のリンパマッサージは、大変効果があります。お風呂の中で、また湯上りに行うと、身体も温まっている上血流もよくなっているため、効果も絶大です。アロマオイルを使えば、リフレッシュ効果も高いですし、肌の上のすべりもよいので、マッサージもしやすいです。より効果が高いマッサージをしたいということでしたら、エステサロンでも受けることができます。

脚やせがうまくいかない場合に取る方法

太い足を解消できる効果的な脚やせ法は?

立った時に太ももの内側が左右くっついてしまっていることで、太い脚だと感じてしまうことも多いのではないでしょうか。ここに隙間を作ることで、細い脚に見せることもできます。

ラインのあまりよくないO脚は、ふくらはぎの外側の筋肉が発達してしまうことで太くなってしまいます。骨盤の歪みによってO脚になってしまうことがあるので、骨盤矯正から始めていくのがオススメです。

また、この場合、セルライトがたまりやすい代謝の低い体質の方が多いのです。骨盤矯正をして歪みを解消し、筋肉を付けることで、デトックスしやすい痩せ体質にしていくことができます。東洋美容を取り入れた脚痩せ方法を試してみるとよいでしょう。

脚が細くならない!脚やせしにくい人の特徴

ダイエットをしているのになかなか足が細くならないと悩んでいる方は、代謝に注目してみましょう。むくみがち、冷え性、そして便秘がちな方は、代謝が低くなっている傾向があります。

また、骨盤の歪みが原因となっていることも多々あります。歪みにより余計な隙間ができる事で、脂肪が付きやすくなり、リンパの流れも悪くなります。そのことによってデトックス機能が落ち、その周りの脂肪と老廃物が結合してセルライトができてしまうという悪循環が起こります。

脚がむくんでしまっていたり、脂肪太りしているのでしたら、やはり骨盤矯正をして歪みを解消して体質改善していくことが大事です。さらに、無酸素運動でもあるスクワットなどをして筋肉をつけ、有酸素運動で脂肪を燃やすのが理想です。

脚やせで理想の脚を目指すための秘訣とは

脚やせで理想の脚を目指したいなら、まずは体質改善から始めていくことをおすすめします。とにかく代謝を上げるということが一番大事なポイントです。そのためには筋肉を付けること、そして筋トレを行った後に有酸素運動でしっかり燃やすという行程がおすすめです。

また、セルライトがあると、代謝は落ちてしまいがちですし、なかなか成果が出ないこともあります。どうしても落とせないセルライトに関しては、エステサロンのマシンを利用するというのも1つの手段です。エンダモロジーやキャビテーションは、大変効果がありますし、口コミでも評判になっています。体験から始めていくこともできますので、興味のある人は試してみると良いでしょう。