加圧レギンスで履くだけ簡単脚やせ!むくみ解消や骨盤矯正も!

脚やせに効果あり!と口コミで話題の加圧レギンスや着圧ソックス。履くだけですっきりやせる、むくみを解消できるなど、さまざまな効果が謳われています。気になってはいるけれど、まだ試していなくって……。いろいろ商品があるけれど、どれが本当に効果があるの?など、気になる点も多いですよね。

スリムウォークやメディキュットなど、一度は聞いたことがあるはずの加圧レギンス。履くだけでやせる理由や、昼用や夜用にはどんな違いがあるのか、自分に合った商品の選び方など。話題の加圧レギンスについてご紹介します。

女性は下半身太りしやすい!?そのワケとは

下半身太りで悩んでいる女性は多いのですが、そもそも女性は男性よりも下半身太りしやすい体質なんです。実は、男性はすぐにエネルギーとして使える内臓脂肪が溜まりやすく、女性は長期間蓄えることができる皮下脂肪が溜まりやすい傾向にあります。

内臓脂肪は内臓の隙間につきますので、見た目には出にくいものの健康を害する危険が高いもの。逆に皮下脂肪は、その名の通り皮膚のすぐ下に溜まっていく脂肪ですから、同じ脂肪でも見た目が太って見えやすいんです。

また、どうしても女性は男性より筋肉がつきづらいため、心臓から遠い下半身の血行が悪くなりがちです。血行不良や運動不足は下半身のむくみを招きます。そして、脚の太さで悩んでいる女性の大半が、脂肪ではなくむくみによる脚太りをしているそうなのです。

脚やせダイエットには加圧レギンス!
加圧レギンスはそのマッサージ効果でむくみを解消してくれますし、履いて歩くことで普通に歩くよりも筋力トレーニング効果、脂肪燃焼効果などをアップさせてくれます。脚太りに悩んでいるけど、忙しくてダイエットにチャレンジする暇がない!運動する時間が取れない!という方にぴったりのダイエット法なんですね。

加圧レギンスでどうしてやせるの?

圧力で筋ポンプ作用をサポート

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、全身の中でも特に大きな筋肉がついています。筋ポンプ作用といって、この筋肉が血液を心臓に戻してあげる機能を持っているのです。しかし、この筋肉が衰えてしまったり、座りっぱなしや立ちっぱなしであまり使っていなかったりすると、心臓から遠い下半身の血流は悪化してしまいます。

下半身の静脈の血流やリンパ液の流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が下半身に溜まってむくんだりする原因になります。加圧レギンスは圧力をかけることで筋ポンプ作用をサポートしてあげるために使われます。着用するだけでも圧力がかかるため、足が細く見えるようになりますし、圧力がかかった状態で筋肉を動かすことで筋力トレーニング作用もあります。

心臓から離れている部分ほど心臓からの影響力が弱まるため、血液を戻してあげるためには強い圧力が必要になります。そのため加圧レギンスは足首の部分が最大圧になります。そこから足の付け根に対して段階的に圧力を下げることで下から上へさすっているような働きをしてくれるのです。

製品によって圧力が違うので自分にあったものを選択するのがポイントです。もし圧力が高すぎると締め付けることになってしまい、血流やリンパの流れを逆に止めてしまいます。あくまでも補助的な加圧なので違和感があったらすぐに使用を中止しましょう。

マッサージ効果でむくみを解消

加圧レギンスは、脚全体に圧力をかけるようにできているため、履くだけでもある程度引き締まります。でも、それは一時的な効果であって、脱ぐと元に戻ってしまいます。本来の目的となる働きは、脚全体のマッサージ効果です。加圧レギンスを着用して歩くことによって、脚をマッサージされている状態を作り出すことができるのです。

ふくらはぎや太ももに外部から均等に圧力がかかることで血管やリンパ節にも圧力がかかります。その力は血管内の血液、リンパ節内のリンパ液を押し上げる働きがあります。だから血行が促進されて、リンパの流れも良くなります。

むくみや冷え性は血行が悪く下半身に老廃物や不要な水分が溜まってしまうことで生じます。加圧レギンスで血の巡りやリンパの流れが改善されることによって下半身に老廃物がたまらなくなり、余分な水分もたまらなくなるため、むくみが解消されて代謝も良くなり、脚やせ効果が期待できるのですね。

加圧レギンスは骨盤矯正効果もあり!

ストッキングタイプの加圧レギンスなら、骨盤をしっかり支えることで矯正する効果も期待できます。骨盤は下半身に上半身を載せている大事な骨格です。歪んでしまうと、下半身太りの原因にもなります。

骨盤がゆがんでしまう原因の一つは、アンバランスな姿勢によるものです。そのため、加圧レギンスがしっかりと骨盤に均一な圧力をかけることで歪みを解消します。骨盤の矯正は正しい姿勢の維持が重要ですが、常に意識していることは難しく、時間がかかります。

その点、加圧レギンスなら意識する必要なく骨盤を均等な圧力で維持してくれます。着用するときには骨盤にしっかり当たるようにしっかりと調整します。この時にゆがんでいると着用する意味がなくなります。

加圧レギンスはこんな女性にピッタリ!

加圧レギンスは脚やせを目的に着用しますが、特に水太りや脂肪太りの人に効果が期待できます。忙しくて運動できない女性は着用するだけでエクササイズと同じような効果があるため、便利です。

特にむくみで悩んでいる女性には改善効果が高いため、加圧レギンスがおすすめになります。着用することですぐに効果が実感できるはずです。脂肪太りの方は少し時間がかかりますが加圧レギンスで代謝が良くなった脚は脂肪も燃焼しやすくなるので、継続的に着用することで効果が現れます。

また冷え性で足が寒いと感じる女性にもおすすめです。下半身の血流が悪く、代謝機能が低下しているおそれがあります。加圧レギンスでマッサージすることで血流とリンパ液の流れが良くなり、下半身があったかくなることがわかるはずです。

加圧レギンスにはどんな種類があるの?

まずは加圧のレベルです、自分にあった圧力のものを選びます。基本的には足首が一番高く20hPaから30hPaの範囲です。太ももに行くに従って半分ぐらいに圧力まで下がります。

次に素材です、ナイロンやポリウレタン、ポリエステルなど様々です。素材によって伸縮性のあるものや発熱効果があるものもあります。また、暑い時でも着用できるように蒸れにくいタイプのアイテムもあります

そのほかにも日中用と夜用に分けることができます。日中用は外出時に着用できるようにデザインが重視されているものがほとんどです。夜用は、就寝時に着用するため外に履いて行くことは想定されていません。日中用と比べて圧力が低く設定されているものもあります。目的によって自分に合うものを探し出しましょう。

たくさんある加圧レギンス、どうやって選ぶ?

加圧レギンスの種類には実にたくさんのものがあります。その中で最適なものを選ぶためにはしっかりと違いを理解することが重要です。ランキングや口コミサイトなどで評判をチェックするのもいいでしょう。価格が高ければいいというわけでもありませんし、安すぎてもすぐに破れてしまったりするので口コミは参考になります。

加圧レギンスの失敗しない選び方

使いたい場面によってファッション性のあるものを選んだり、夏場なら薄い生地のものを、冬なら暖かいものを選ぶようにしましょう。タイツ型のもの、トレンカ型のものなど形状もさまざまですし、ソックス型のふくらはぎだけのものや、スパッツ型でお尻~太ももをサポートするものなどありますからやせたい部位によってアイテムを切り替えるとより効果が高まります。

ボディケア向けのマッサージ作用がメインのものや、履いて歩くことでシェイプアップ効果のあるものなど、むくみ対策と脂肪燃焼のどちらを重点に考えるかでも選び方が変わってきますよね。加圧レギンスをどういう場面で使いたいかを考えることで、自然とどんなものがほしいかがわかってくると思います。

ここだけは気をつけて!購入時のポイント

加圧レギンスの圧力が必要以上に高いと締め付けが強すぎて血の巡りが悪くなり、むくんだり冷え性の原因となりかねません。まずは圧力の低いものからはじめて様子をみて、効果が薄いようなら一つ上の圧力に切り替えるようにしていきましょう。

もうひとつのポイントは正しいサイズのものを選ぶことです。もし中間の値でサイズに迷ったら大きいサイズのものを選びましょう。過剰な圧力による圧迫は危険ですから、複数サイズから選べるブランドのものだと安心です。圧力が適切にかかっていれば、血流やリンパ液を押し戻す力をサポートすることに変わりありません。

寝ている時にも脚やせ!夜用加圧レギンスとは

夜用加圧レギンスは寝ている間に着用して、血流やリンパ液を流れやすくするものです。基本的な構造は日中用と変わりありません。生地が薄く蒸れないようになっています。寝ている状態で着用するので、お腹周りの圧力は緩くなっています。

そのほかにも付加機能として、着用するだけで涼しくなるものや冬場にあったかくなるようなものもあります。必要な圧力はかけますが、眠りを妨げるような圧力はありません。毎日着用しても問題にならないように開発されています。日中用と違って見せるようにはできていないものがほとんどです。購入時には外観よりも機能を重視して選ぶことになります。

日中用の加圧レギンスは履いて歩くことを想定しているため、夜用のものより圧力が高い傾向にあります。就寝時の脚には圧力が高すぎて逆にむくみを引き起こしてしまう可能性もありますから、夜は必ず夜用の加圧レギンスを着用するようにしてください。

加圧レギンスの間違った履き方と正しい履き方

加圧レギンスは履くだけで効果が期待できますが、間違った履き方をすると意味がありません。間違った履き方とは、位置がずれている状態のことです。加圧レギンスは場所によって圧力が異なるためずれてしまうと意味がありません。

履き方としては足首、ふくらはぎ、太ももがしっかり当たっていることを確認してください。もし、位置がずれてしまい足首の部分がふくらはぎの部分まで上がってしまうと圧力が異常にかかってうっ血してしまうため、注意してください。

また、骨盤矯正用の機能があるものについては、しっかりと左右対称になるように鏡を見ながら履きましょう。骨盤矯正の位置がずれてしまっては加圧レギンスを履く意味がありません。前後も含めて位置がずれていないか確認します。

今人気の加圧レギンスはある?

現在、ネット販売で最も販売されているのが「リンパマッサージセルライトスパッツ」です。生地にゲルマニウムやチタン、銀が配合されています。また、骨盤周辺に形を引き締めるための補強がついているのでしっかりとホールドします。

もう一つは「Vアップシェイパー」です。良い姿勢をキープするためにいろいろな工夫がなされています。特にヒップアップ効果です。お腹周りも調整してくれるので、お腹まわりの脂肪が気になる人におすすめです。

これを着用してからパンツを履くときれいなラインに見える効果があります。特に骨盤が前かがみになることを防いでくれます。もちろん下半身のマッサージ効果も期待できるのでむくみの解消などの効果も安心です。