どんな場所でも脚やせができるつま先立ちダイエット!

脚やせダイエットに挑戦したいけれど、時間を取って筋トレしたり、ジョギングに出掛ける時間はないという方も多いはず。毎日忙しいと、せっかく新しいエクササイズを始めてもなかなか続きませんよね。何かいい方法はないものでしょうか。

でも、誰にでも家の中で立って歩く時間はありますよね。たとえば、夜帰ってきて料理や洗い物をする時。朝起きて、洗面所で顔を洗ってメイクする時。あるいは掃除したり洗濯物を干したり、取り込む時など……。実はちょっとした時間をつま先立ちで歩くだけで、脚やせ効果があるんです。簡単「ながらダイエット」に挑戦してみませんか?

つま先立ちダイエットって何?どうして脚やせができる?

つま先立ちダイエットのやり方は、その名の通りつま先立ちをするだけです。つま先立ちしてみると、いつもとは違うところの筋肉を使っていると思いませんか。特に、ふくらはぎの筋肉が緊張していることを実感できるでしょう。この筋肉を鍛えることで、脚のむくみを解消することができるんです。

日中、座りっぱなしや立ちっぱなしで仕事をしていると、ふくらはぎの筋肉はほとんど使いません。それに普通に立ったり、歩いたりするだけではあまりふくらはぎの筋肉を鍛えることができないのですが、つま先立ちすると普通に歩くよりもふくらはぎの筋肉を使いますから、オフィスでちょっとコピーに立つ時などでも運動効果を得られるのです。

ダイエットスリッパが人気ですが、これはかかとの部分がありません。履くだけで自然とつま先立ちと同じような状態になれるので、原理は同じですがただつま先立ちをするより楽ちんです。オフィスで使えるようなものや、足ツボのマッサージ効果のあるもの、パイル生地で部屋ばきにちょうどいいものなど、気に入ったものがあれば使ってみるといいでしょう。

つま先立ちをすると得られるダイエット効果の数々

女性は男性に比べてふくらはぎの筋肉が弱く、ホルモンバランスの関係などから血行も悪くなりがちです。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、大きな筋肉が脚の血流を促すポンプの役割をしてくれています。

このふくらはぎの筋肉が弱かったり、立ち仕事やデスクワークばかりであまり使われていない状態の人は、ふくらはぎのポンプ機能が正しく働いていません。そのままでは老廃物や余分な水分が重力の影響で脚の方に溜まってしまい、むくみの原因となるのです。

つま先立ちダイエットをすることでふくらはぎの筋肉を鍛え、ポンプ機能を正常化すれば、むくみにくくなり脚のサイズダウンにつながります。また、つま先立ちは全身でバランスを取る必要がありますから、全身のスリムアップにも効果が期待できます。むくみやすい自覚のある人ならば、ダイエット効果はもちろんむくみや冷え性の解消にも効果があることでしょう。

しかも、つま先立ちをしている時は背筋が伸び、姿勢が自然と良くなります。姿勢が良くないとふらついてしまいますから、普段猫背などで姿勢が悪くなっている人は姿勢の改善も期待できるのです。背骨や骨盤がゆがんでいると肩こりや腰痛の原因にもなりますから、つま先立ちで姿勢を正すことが健康にもつながることでしょう。

つま先立ちは冷え性や便秘改善などにも役に立つ!

女性に多い冷え性や便秘改善にもつま先立ちダイエットは効果を発揮します。やはり、ふくらはぎの筋肉を鍛えることがポイントです。足先は心臓からもっとも遠い場所なので、体を動かさないでいると血流が滞ってしまいがちです。ふくらはぎの筋肉をたくさん使うことで足先の血流が改善されますと、手足が冷えて仕方がなかった人も冷えにくくなるというわけです。

血流が改善されれば、内臓の働きも活発になるため便秘改善にもなりますし、老廃物が排出されやすくなるため美肌効果も期待できます。冷え性の人の中には、肌荒れが気になっている人も多いはず。血流が悪くて老廃物がうまく排出できず、肌にあらわれてしまうのがニキビやできものなんです。

また、姿勢が悪く前かがみの状態でいることは内臓を圧迫し、お通じを悪くします。お腹にガスや便が溜まったままではやはりお肌によくありません。つま先立ちで姿勢を正してお通じがよくなることも、美容のためによいことだといえるでしょう。

正しいつま先立ちダイエット

意識するポイントは「おへその下」

つま先立ちするときは、脚ではなくお腹やお尻に力を入れてください。おへその下のあたりを意識しましょう。ここに力を入れてつま先立ちしてみてください。すると、脚に力を入れなくてもしっかりとつま先立ちできるはずです。

お尻もキュッと力を入れてみましょう。お腹とお尻に力を入れるだけで、脚には力を入れなくてもつま先立ちできるので、この状態で歩いてみてください。ふらつくことなく歩けるでしょう。

最初のうちは、慣れていないでしょうし、お腹やお尻の筋肉は普段意識することも少ない部位のため、ふらつくこともあるでしょう。まずは無理をせず、お腹に力を入れた状態で姿勢をキープすることを心がけてください。少しずつ続けていけば、次第に歩けるようになるはずです。

間違った方法は足を太らせる原因に!

ただつま先立ちすれば良いとは言え、間違った方法で行ってしまうと、かえって足が太くなってしまいます。だから、気を付けなくてはなりません。お腹ではなく脚に力を入れて歩いてしまうと、ふくらはぎの筋肉ばかりを使ってしまうことになるのです。

ふくらはぎの筋肉を鍛えることはむくみ改善になりますから、ある程度はふくらはぎの筋肉を鍛える必要があります。しかし、鍛えすぎるとふくらはぎが太くなってしまうのです。お腹に力を入れて歩いてもふくらはぎの筋肉を使わないわけではありません。むしろ、脚には力を入れないくらいのほうが効果があります。

また、おかしな方向に力を入れて歩いてしまうと、余計に脚をゆがめてしまうことにつながりかねません。つま先立ちダイエットの最中は、あくまで正しい姿勢をキープすることを心がけてください。

ダイエット用のスリッパを使ったつま先立ちダイエットの方法

つま先立ちするだけで良いとは言え、意識してみると難しいものです。気が付くと普通に歩いてしまうこともあるでしょうし、もともと家の中でスリッパを使っている人はダイエット用のスリッパを使ったほうが良いでしょう。ダイエットスリッパを使って歩く際は、膝を傷めないように気をつけてください。

かかとのないダイエット用のスリッパをはいてみると、自然とつま先立ちのような状態になります。最初はバランスが取りづらいと思いますので、無理をして歩こうとせず、ただ立ってバランスを取るだけでも効果があります。慣れてきたら少しずつ歩いてみましょう。一日10分程度からで十分ですので、無理せずに慣らしていきましょう。

また、足底が船のようになっていて足首の引き締め効果も期待できるもの、土踏まずを刺激するボールが入っているものもあります。つま先立ちができれば効果は同じですから、口コミやランキングサイトなどを参考にプラスアルファで効くと思うスリッパを選んでみてください。

O脚改善に効果があるスリッパもありますので、もともと脚がゆがんでいる、靴底の減り方がおかしいなど自覚のある方はそういったものを利用すると脚のゆがみを根本から改善できるかもしれません。

ここがポイント!
普通のつま先立ちをしている時と同じように脚には力を入れないで、お腹とお尻に力を入れるようにしてください。美脚を手に入れられるでしょう。つま先立ちだとふらつきやすい人もスリッパをはいているほうがやりやすいかもしれないので、つま先立ちが苦手な人は履いてみてください。

バスや電車などの中で行うつま先立ちダイエットのポイント

家の中でしかつま先立ちダイエットできないわけではありません。バスや電車などを利用している時もつま先立ちダイエットしましょう。立っている時は、両足同時にかかとの上げ下げしても良いですが目立ちますので、片足ずつかかとの上げ下げをしてみてください。十分、つま先立ちと同じような効果が得られます。

座っている時ならば、ひざを直角にしてかかとを上げましょう。十分、つま先立ちと同じような状態になりますから、座っていてもつま先立ちダイエットできます。

座っている時は問題ないでしょうけれども、立っている時はバスや電車の揺れに気を付けてできればつり革などにつかまった状態で行ったほうが良いでしょう。そうすれば安定感があるのでよりやりやすいはずです。しかし、満員の時にもしふらつくと周囲の迷惑になりかねませんから、ほどほどに

脚やせ効果を得るのにかかるつま先立ちダイエットの時間

つま先立ちダイエットは、1日30秒間行うだけで十分です。最初は難しいと思うかもしれませんが、30秒間続けられるように頑張ってみてください。慣れてくるともっと長い時間つま先立ちを続けられるようになるでしょう。スリッパを使う場合でも、一日5~10分ほどで十分効果が得られます。

脚やせ効果が出るまでは、個人差があります。早い人ならば、2週間くらいで脚やせ効果が出ることもあります。もちろん、もっと時間がかかる人もいるでしょう。脚やせよりもお腹痩せを先に実感するかもしれません。

つま先立ちダイエットの脚やせ効果を高めるコツ

より脚やせ効果を高めたいと思ったら、かかとの上げ下げをやってみましょう。その場でかかとの上げ下げを繰り返すだけでも十分効果が高められます。これが慣れてきたら、もっと負荷をかけてみましょう。階段や踏み台などを使ったエクササイズをご紹介します。

まず、階段や本などに足を乗せます。かかとが浮く場所に乗せてください。そして、かかとの上げ下げを繰り返しましょう。ずっとかかとが浮いている状態でふくらはぎを使うことになりますから、かなり負荷があります。

つま先立ちダイエット慣れていないうちから無理をする必要はありません。つま先立ちダイエットに慣れてきて物足りなさを感じたら、台を使ったかかとの上げ下げにチャレンジしてみるといいでしょう。

つま先立ち後にはストレッチやマッサージが大事!

簡単そうに見えますが、つま先立ちをすると筋肉を使いますから、終わった後はストレッチやマッサージをしてください。慣れていないうちは特に筋肉痛になる恐れがあります。翌日以降に足に痛みを感じたら、その日のエクササイズは中止してください。筋肉痛が収まったら再開して大丈夫です。

筋肉痛は運動不足の脚に筋肉がついてきている証拠。筋肉がつけば、次からはもっと血行がスムーズになりますし、カロリーを消費する効率もアップします。筋肉は脂肪を燃焼してくれるエンジンのようなものですから、やせやすく太りにくい体作りにもつながります

ふくらはぎは普段あまり使わない筋肉ですから、つま先立ちダイエットのあとはしっかりとストレッチやマッサージをしてあげましょう。無理をすると脚を痛めてしまいかねないので注意してください。今日は疲れたな、と思ったらお風呂などで温めて、ゆっくり脚をいたわってあげてくださいね。