美肌効果あり!オイルマッサージで脚やせ

すらっとした美脚を目指すなら、スクワットやウォーキングの前にオイルマッサージをしたほうがいいとご存知でしたか?下半身のセルフマッサージには、血行を改善し、むくみを取ってくれる効果があります。むくみを取ることで脚をすっきりさせるだけでなく、オイルを使った美肌効果にも期待ができます。

ダイエットのためには筋肉をつけたり有酸素運動で脂肪を落とすのも大切ですが、まずむくみを取ったりセルライトを除去してあげることで、いきなり運動するよりもやせやすく太りにくい脚を手に入れることができますよ。

マッサージは脚やせにどれくらい効果があるのか

マッサージは、自分でも手軽に行えるボディトリートメント。詳しい知識がないと効果がないと思うかもしれませんが、基本を押さえておけば意外と簡単なんです。そんなマッサージは、特に脚やせで効果を発揮すると言われています。その理由として挙げられるのが、ふくらはぎが第2の心臓と呼ばれている事です。

歩く、走る、階段の上り下りを行うといった動作によって、ふくらはぎの筋肉は収縮します。そして、この収縮がポンプのような役割となって、脚のリンパ液や血液が循環しています。立ちっぱなしや座りっぱなしだと脚の筋肉を使わないため、ふくらはぎがポンプの役割を行わなくなり、脚のリンパ液や血液の流れが妨げられてしまいます。

一日立ち仕事だったり、デスクワークで座りっぱなしという人は、それだけで脚がむくんでしまいやすいのですね。そこでマッサージを行うと、外側からリンパ液や血液の流れを促進させる事が出来るため、脚をすっきりさせ、代謝の良い、太りにくい体質へと導いてくれます

マッサージが脚やせに重要なわけとは?

マッサージが脚やせで重要なわけは、リンパ液や血液の流れにあります。立ちっぱなしや座りっぱなしでは、リンパ液や血液の流れが悪くなってしまいます。リンパ液や血液は体内の老廃物や不要な水分を体外へ排出してくれる役割を持っていますから、これが滞ると体内の浄化作用がスムーズに行われなくなってしまいます。

そうして余分な老廃物や水分が体内に蓄積されてしまった結果が脚のむくみです。余分な老廃物や水分は、免疫力の低下、コリ、むくみといった、身体の不調の原因となります。さらに、脚に溜まった老廃物や食物繊維が脂肪に絡んで固まったものがあのイヤなセルライトなんです。

マッサージは体内の循環を促進するだけでなく、しっかり揉むことでセルライトを解消する手助けもしてくれるんです。ただ運動するだけではセルライトになってしまった脂肪を燃焼させることはなかなかできませんから、まずマッサージをして脚をしっかりほぐすことの重要さがわかりますよね。

脚やせマッサージを実践してみよう

マスターしよう!基本の揉み方3パターン

脚やせマッサージを行う上で、覚えておきたいのが基本の揉み方です。基本の揉み方は、3パターンあります。そこで、3パターン全てをマスターするようにしましょう。

1つ目は、両手の手の平を広げて、脚にペタッとくっつけるやり方です。両手で包むようにし、ぎゅうぎゅう揉まないようにするのがポイントで、脚全体をさする場合などはこのパターンが一般的です。応用として、両手の手の平でぎゅっと脚を絞るようにするパターンもあります。いずれも、力を入れすぎず、痛くない程度の力加減が重要です。

2つ目は、親指の腹を使って、脚のツボを押すやり方です。向こうずねの外側の窪みを刺激する場合などは、このパターンを利用します。こちらもあまり力を入れてぐりぐり押し込まないように気をつけましょう。特に爪が長い場合は、皮膚に食い込まないように注意する必要があります。

3つ目は、拳を握って脚を揉み解すやり方です。指の関節の部分をうまく使って、強めにもみほぐすことができます。くるぶしやふくらはぎなど、冷えやすい部位はこのパターンを使う事によって、温める効果が期待出来ます。

ここがポイント!
この部位にはどのやり方でなければいけない、といった決まりは基本的にありません。効果的に力を加えることができれば、やりやすいように行って構いません。また、必ずしも手を使ってマッサージする必要もないです。ローラーやマッサージ用のスティックなど、使いやすい道具があれば試してみるのがいいでしょう。

下半身全体に効くリンパマッサージ

マッサージのやり方を覚えたら、さっそく実践してみましょう。下半身全体に効くリンパマッサージ大まかな流れをご紹介します。リンパを流して老廃物を内臓まで届け、体外へ排出するのが目的ですから、足先に老廃物を押し込んでしまっては逆効果。必ずつま先から太ももに向かってマッサージをするよう意識しましょう。

くるぶし、ふくらはぎ、膝裏、太ももの順番で、リンパの流れを意識しながらマッサージをします。拳を使って、冷えているところや気になるところをくるくるマッサージしてあげましょう。大きなリンパ節のある膝裏は、手でぐっと持ち上げてぱっと離す、を数回繰り返すとリンパの流れが良くなりますよ。

続いて、太ももを横、内側、股関節周辺に分けて、上から下へと、両手を使ってさするようにマッサージして行きましょう。そして、お尻の付け根からウエストにかけても、拳で円を描くようにマッサージして行きましょう。

何もしないと体内の水分は重力の影響でどんどん下半身に溜まっていきます。ですからこのように下から上へとマッサージで刺激を与える事で、下半身全体のリンパ液の流れをスムーズにする事が出来ます。力加減はそれほど強くなくて良いので、肌の表面を撫でる程度の力で行いましょう。

マッサージにオイルを使うとさらに脚やせ効果アップ

皮膚が乾いた状態でマッサージを行うと、肌が擦れて赤くなったり、傷ついてしまうことがあります。そんな肌トラブルを未然に防ぐため、マッサージオイルやクリームを使うようにしましょう。オイルやクリームを使用すると滑りが良くなりますから、摩擦による肌トラブルを防ぐ事が出来ます。

マッサージオイルの中には、肌のきめを整えてくれたり、保湿して脚をきれいにしてくれる、脂肪の分解を促進してくれるなど、美容に効果のあるものもあります。気になるものを好みで選んで構いませんが、体質に合わなかったり品質の悪いものだと肌荒れの原因などになりかねませんから、パッチテストは必ず行いましょう

また、テクスチャー次第ではマッサージしにくく感じるオイルもあります。その為、マッサージ目的でオイルを選ぶ場合は伸びの良いテクスチャーのオイルを探すのがいいでしょう。

脚やせに有効なオイルの特徴と種類

脚やせに有効なオイルとして有名なのが、ピーナッツオイルとオリーブオイルです。ピーナッツオイルは、リンパ液の流れを促進させるという特徴を持っています。そしてオリーブオイルのオレイン酸は、筋肉をほぐして柔らかくするという特徴を持っています。その為、脚やせに有効なオイルとしてよく活用されています。

それぞれ単体で活用しても効果的ですが、より効果を高めるには2つのオイルを混ぜ合わせて使うのがオススメです。ピーナッツオイルとオリーブオイルを、同量ずつ混ぜ合わせて脚やせマッサージに使用すると、よりリンパ液の流れを促進させながら、筋肉のコリをほぐす事が出来ます。

オリーブオイルと言っても、食用のものは肌には合わなかったり、匂いが残る場合がありますから、ボディケア用のオイルを選ぶようにしましょう

好きなアロマでオイルを自作してみよう

リラックス効果を期待する方には、アロマオイルをマッサージオイルに垂らすのもオススメです。好きな香りを選べばストレス解消効果もありますし、ものによって皮膚を引き締めてくれたり、食欲を抑えてくれたりと嬉しい効果のあるものも。

皮膚に使うアロマオイルは必ず「精油」「エッセンシャルオイル」と表記されたものを用います。100円ショップなど、あまりに価格の安いものは100%精油でない場合が多いので気をつけましょう。

基剤となるキャリアオイルに対して精油の割合が1%以内に収まるようにします。光毒性のあるベルガモットやレモン、グレープフルーツなど柑橘類のオイルはシミの原因になりますから使わないようにしましょう。

ここがポイント!
単体で問題ないオイルでも、混ぜることで皮膚に刺激を与える場合もあります。まずは少量から慎重に試して、もし肌荒れが起こったら使用したオイルを持って皮膚科を受診しましょう。

オイルマッサージはいつ行うのが効果的?

脚やせオイルマッサージを行う場合、入浴後が効果的です。何故なら、入浴後は身体が温まっているからです。身体が冷えた状態では、マッサージをしたところで身体が凝り固まっており、十分な効果が期待出来ません。

そこで、お風呂でしっかりと身体を温めてから、オイルマッサージを行うようにしましょう。また、入浴後にオイルマッサージを行う場合は、オイルを肌に馴染ませるような感覚で行いましょう。

決して強い力を入れずに、優しく肌に塗りこむような感覚で行いましょう。さらに、余程オイルがベタつかない限りは、マッサージ後にオイルを拭き取る必要はありません。そのまま脚全体に馴染ませた状態で就寝すると、保湿効果が期待でき、美肌に繋がります。

マッサージオイルに副作用やデメリットはない?

基本的に、マッサージオイルを使う事による、重篤な副作用は報告されていません。しかし、刺激の強い成分が配合されている場合、肌が敏感な方の場合、刺激で肌トラブルが起こる可能性があります。

そこで、事前に刺激の強い成分が配合されていないかどうかをチェックしてから、マッサージに使用するようにしましょう。原材料が同じオイルでも、商品によって配合されている成分が異なることがあります。実際に買う前に口コミサイトを参考にするのもいいですね。

デメリットとしては、マッサージ後に肌がべたつくといった事が挙げられます。しかし、先に紹介したように余程ベタつかない限りは、そのままで問題ありません。何故なら時間が経てば、オイルは自然と肌に浸透して行くからです。

なお、どうしてもベタつきが気になるといった場合には、蒸しタオルで拭くとスッキリと取り除く事が出来ます

脚やせに効果的な骨気マッサージ

骨気マッサージのやり方をご紹介

骨気では、まず足裏をマッサージする事からスタートします。オイルもしくはローションを脚に塗ったら、拳を握って、脚の指の付け根から足首まで圧力をかけてすり上げて行きましょう。親指の付け根から足首、小指の付け根から足首といったように、指ごとに1回ずつ行います。

その後、両手で拳を作り、骨を挟むように足首から膝、膝からふくらはぎ、ふくらはぎから足の付け根といった順番ですり上げて行きます。それぞれ3回から4回ずつ行い、最後に足の付け根をマッサージしましょう。

脚がポカポカと温かくなったら、骨気マッサージによってリンパ液や血液の流れがスムーズになった証拠です。むくみも取れるので、特に脚がむくみやすいという女性にもオススメです。

女性の悩みを解決してくれる骨気マッサージの効果

骨気マッサージは、即効性が高いと言われています。その為、少しでも早く脚やせの効果を実感したいという方にオススメです。個人差はありますが、骨気マッサージを行ってからおよそ2日後に、最も効果を感じると言われています。

そこで、脚を露出するファッションや水着を着る場合、その2日前に骨気マッサージを行うと、スラリとした脚に見せる事が出来ます。しかも嬉しい事に、1度の骨気マッサージで、1週間から2週間程度効果が持続すると言われています。

だからといって、毎日行わなくても良いかというと、そうではありません。骨の位置を安定させる為に、毎日行った方が効果的です。そして、3か月程度毎日継続して骨気マッサージを行えば、脚やせをキープ出来るでしょう。