リズムに合わせて楽しく脚やせできるダンスダイエットの魅力

ダンスダイエットは踊りながら楽しくやせられるのが大きな魅力です。基本的には全身を使った運動ですので、全体のダイエットになるのはもちろんのこと、さまざまなステップを踏むことで脚やせを目指すこともできるんです。

ダイエットに挑戦したいけど、単調なジョギングや筋トレを延々と続けるなんて耐えられない!もっと楽しくチャレンジできるダイエットがいい!というあなたにぴったりのダンスダイエットをご紹介します。

楽しみながらやせられるダンスダイエットの効果

ダンスダイエットの大きな魅力は楽しさがあることです。ノリのいい音楽を聴いたら、思わずその場でスイングしたくなっちゃうような人にはぴったりのダイエット方法なんです。ダイエットといえば単調な走り込み、ジムでの筋力トレーニングを思い浮かべるかもしれませんが、ダンスをすることでもちゃんと効果があるんですよ。

ダイエットに必要なのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ること。カロリー過多の食事を控え、消費カロリーを多くするような運動を続けていれば、かならずダイエットは成功します。ここでポイントになるのは、カロリーを多く消費するのは有酸素運動だというところ。言い換えれば、有酸素運動であれば何でもかまわないのです。

有酸素運動はジョギングやウォーキングに代表されるように、しっかり呼吸をしながら長時間続けられるような運動です。息が上がってしまってまともに呼吸ができないような運動は、無酸素運動となってしまい脂肪を燃焼する効果があまりありません。また、筋トレも無酸素運動になりますが、こちらはダイエットにも必要ですので後述します。

つまり、有酸素運動のなかで自分が楽しく継続できるものを選ぶことがダイエット成功のコツなんです。ダンスの種類もいろいろありますから、好きな音楽や挑戦してみたいスタイルを選ぶ楽しみもあります。新しいステップに挑戦したり、一曲通して踊れた時の達成感を感じながら、しっかりやせられるのがダンスダイエットのいいところです。

楽しさがありつつもしっかりと体を引き締められるダンスダイエットを実践すれば、ダンス自体の面白みを感じつつダイエットも実現することができます。おまけにダンスの基礎までも学ぶことができるという一石二鳥の良さまでも備えているのです。

初心者でもいいの?ダンスダイエットのはじめ方

「興味はあって試してみたいけど、リズム勘もないし、そもそも運動音痴で動きについていけるかどうか……」というあなたでも大丈夫。いきなりプロのダンサーのように踊る必要はまったくありません。フィットネスジムのスタジオプログラムであれば、初心者向けのコースはたくさんの受講者がいることでしょうし、DVDのお手本もビギナー向けに丁寧に解説してくれるものばかりです。

やり方も簡単であり、基本的にはインストラクターの真似をして動くだけです。ある程度の経験を積むことで動きに幅を持たせられるようになりますが、それまでやってきたことの組み合わせですので、基本ができていれば難しいことはないです。

最初からうまく踊れないのは当たり前
最初は慣れていないことに加え、体力を消耗しやすいために付いていくだけでやっとの場合があります。無理をして完璧を目指さずに、ひとつひとつの動きを丁寧にこなすことを心がけましょう。続けていればいつの間にか動きも滑らかになり、ダンスとしての質も向上させられること間違いなしですよ。

いきなり難しいプログラムにチャレンジしても、うまく踊れずに挫折してしまいかねません。まずは初心者向けのやさしいコースから、基本の動きを学んでコツコツ成長していきましょう。うまく踊れるようになる頃には、ダイエットの効果も出てきているはずです。

ダンスダイエットで消費できるカロリーは?

ダンスによってどの程度の消費カロリーとなるかがダイエットにおける疑問点です。この点については個人差があるものの、30分程度のダンスをすることで150~200kcal程度の消費効果には期待が持てると言えます。時間をもっと長く行い内容もハードにすれば、さらなる消費カロリーとなりますので、求める効果によってダンスを選択していくのが良いと言えるでしょう。

その他のダイエット方法の場合の参考値も挙げてみますが、ウォーキングを30分やった場合は80~100kcal、同じくジョギングを30分行った場合は230~300kcalとなっています。このことからダンスはウォーキングとジョギングの中間あたりの効果に期待ができるダイエット方法ということが分かります。

有酸素運動は20分~30分以上継続することでようやく体のエンジンがかかり、脂肪燃焼効果がアップしてきます。そこからしばらくは脂肪の燃えやすい状態が続きますから、30分でやめてしまうのは実はとってももったいないのです。30分以上の長さがあるプログラムがダイエットには適しているといえるでしょう。

ダイエットに筋トレは必要なの?
筋トレはそのものが体脂肪を効率的に燃焼することができるわけではありませんが、筋肉は脂肪を燃やすためのいわばエンジンです。このエンジンを鍛えることで、有酸素運動をした際にさらに効率よく脂肪を燃焼させることができるため、筋トレもダイエットには不可欠というわけなんです。

ダンスダイエットなら体を素早く動かしたり、激しい動きを必要としますから筋トレ効果も期待できます。運動不足からのダイエットを目指すなら、まずはダンスを楽しむことに集中しましょう。慣れてきて、もっと運動強度を上げたくなったら必要な筋トレを取り入れるのが効果的です。

ダイエットに適したダンスのジャンルって?

メリハリボディを目指すならベリーダンス!

ベリーダンスとは西アジアからイスラム文化圏に見られる女性の踊りのことですが、腰を細かく素早く動かすことに特徴があるダンスです。妖艶にも見える魅惑のダンスで女性らしさを高めたいという人からも人気があります。

そんなベリーダンスはダイエットにも効果があるとして注目されています。腰を中心とした動きを多く取り入れることによってウエストの引き締め効果とくびれを作る効果があり、加えて腕や足も使った動きをしますから全体へのダイエット効果に期待ができるのです。

ウエストが引き締まることでバランスよく全身のメリハリも出すことができます。腰の動きをなめらかにすることで骨盤のゆがみが正され、血流が良くなり下半身やせの効果もあります。下半身の血流が改善されるとむくみも取れやすくなりますから、下半身やせにもぴったりのダンスといえるでしょう。

ダンスと言えば有名なのがエアロビクス!

ダンスで有名なのがエアロビクスです。有酸素という意味を持ち、アメリカの軍医によって開発されたトレーニング法を指します。元々が健康を促進するためのエクササイズですので、ダイエットに最適と言えるでしょう。

ストレッチや筋力トレーニングも兼ねた内容で、初心者向けのプログラムなら振り付けもシンプルなものが多いので始めやすいダンスダイエットになります。メニューによっては非常に激しく動きますから、なれないうちは自分に合った運動強度のプログラムを選ぶことが重要になってきます。息が上がってしまうと無酸素運動になってしまいますから決して無理をせず、自分のペースに合わせて運動していきましょう。

まずはエアロビクスから始めてみよう
エアロビクスはひとつひとつの単純なステップで組み合わされており、楽しさを感じやすいとされる運動でもあります。そのため継続性に優れているのも魅力と言えるでしょう。ダイエットとしての人気も高く、多くのフィットネスジムでスタジオプログラムとして取り入れられていますから、とっても始めやすいダイエットエクササイズなんです。

ダンスダイエットを続ける期間は?

有酸素運動は、基本的に期間にとらわれることなく継続的に行っていくのが理想と言えます。続けることでやせやすい体質を作ることができるものであり、やせ効果があった場合でもすぐに止めてしまうとリバウンドをする可能性もあるからです。継続することで体型のキープもしやすくなりますので、習慣として取り入れることで体の悩みも持ちにくくなることでしょう。

効果を実感したい場合は短期集中プログラムに取り組むのも良いと言えます。ダンスダイエットは内容をハードにすることで運動強度を高めることができ、短期間でやせさせることもできるのです。一週間程度でダイエット効果を実感できるというダンスダイエットもあるため、内容次第では短期間やせを実現できます。

ダンスダイエットの効果が出やすいベストな時間帯は?

ダイエット効果を実感しやすい時間帯と言えば、それは朝食の前です。エネルギー効率が良いタイミングですので脂肪を効果的に燃焼させることができます。さらに朝に運動をすることによって一日の代謝を高められるというメリットもあります。

代謝は目覚めてから徐々に上がっていき、夜になると下がっていきますが、朝に運動をして代謝を一気に上げることで消費エネルギーが高まった状態を維持し続けることができるのです。つまりやせやすい体を作ることができます。

ただ、朝にダンスダイエットを行うと、お腹が空いてしまい朝食の食事量が増えてしまう可能性がありますので、食事量の調節に気を配ることが大切です。また、目覚めた直後に運動をすると負担が大きいですから、寝起きの1時間後くらいを目安に行うのもポイントです。

ダイエット効果を高める食事の摂り方!

食事の摂り方もダイエットと関係性があります。様々なコツがある中での基本として、まずよく噛んでゆっくりと食べることです。噛む回数が少なく早食いをすると、満腹中枢の作用が遅れてしまいます。食べ過ぎになってしまう懸念がありますので、咀嚼を十分に行うことを心掛けながらお腹を満たすことが大切です。

食べる順番にも気を配った方が良いと言えます。はじめに食物繊維を食べ、その後にタンパク質、最後に炭水化物という流れが基本です。順番を守ることによって血糖値の急激な上昇を抑えられるというメリットがあります。炭水化物を先に食べてしまうことで血糖値が上がりやすくなりますが、するとインシュリンが沢山分泌されるようになります。

そしてインシュリンが糖分が余っていると判断して脂肪として溜め込もうとしますので、結果的に太りやすくなってしまうのです。それを予防するためにも食物繊維を食べて血糖値を急激に上げないようにすることが大切です。

種類によってはかなり激しい方法も!ダンスダイエットの注意点

ダイエットを目的としたダンスにはレベルがあります。初心者でも簡単に取り組める内容のものもあれば、激しくハードな内容になっているダンスもあるのです。慣れている場合は激しいダンスに取り組むことで、引き締め効果も高めることができますが、そうではない場合はいきなり激しい内容にトライするのは避けた方が良いでしょう

最初から激しい内容ですと続けにくくなるという懸念があります。ハードルが高くなってしまいますので心も折れやすく失敗に繋がります。少しずつ慣らすことも大切ですから、入門用の内容からトライした方が良いと言えます。

怪我のリスクが高まるのも注意点の一つです。特に運動をする習慣がない人ですと筋肉も硬くなっている傾向があり、無理をするとケガをします。そうではなくとも重たい筋肉痛で辛い思いをし兼ねませんので、少しずつステージを上げるようにしましょう。

ダンスダイエットを継続させるコツとは

継続をするには自分にとって楽しいと思えるダンスを選ぶことが重要です。たとえ効果の高いと言われるダンスだろうと楽しさを感じることができなければ苦痛になってしまい兼ねません。頑張りすぎて辛い内容になるとたちまちダイエットも失敗しやすくなります。

ダンスダイエットには沢山の種類があり選択の幅も広いですから、多方面に目を向けてみて自分に合うダンスを探すようにした方が良いでしょう。一つのダンスに縛られないことも大切です。同じダンスを集中的に行うのも良いのですが、しかしながらずっと同じ種類ですと飽きてしまう可能性があります。

いくつかのダンスに取り組んだ方が刺激を感じることができますから続けやすくなり、また、様々なダンスで多彩な動きをすることで引き締め効果を高めていくことができるのです。あなたが一番楽しめるプログラムを探してみてください。