3日で脚やせの成果を出せるダイエット法

本来、ダイエットはじっくり時間をかけて行うもの。無理なダイエットで急にやせようとすると、体を壊してしまったり、肌あれなど美容に悪影響が出たり、そもそもリバウンドにつながりかねません。一時的に体重を落とすだけならともかく、見た目で変化がわかるほどの部分やせとなるとちょっとむずかしいものです。

それでも、プールデートや結婚式などのイベントが控えていて、どうしてもあと3日でやせたい!という時があるかと思います。脚は体型カバーしづらい部分でもありますし、気になる方も多いのではないでしょうか。短期決戦で脚やせしたい方向けに、比較的即効性のあるダイエットメニューをご紹介します。

 

「正しい知識」を武器に短期決戦で脚やせしよう

脚やせに効果があるとされている方法はいくつかありますが、短期間で実現させるためには本当に効果のある方法を選ばなくてはなりません。じっくり長期間かけて効果が出てくるダイエット方法をいくらがんばっても、3日で効果を出せるわけがないですよね。

短期間で脚やせするには、ただ努力するだけでは足りません。短期間でやせるための正しい方法を実践する必要があります。では、正しい方法って一体なんでしょう?それは「自分に合った方法」のことなんです

一口に脚やせダイエットと言っても効果的なやり方は人それぞれ違います。それは人それぞれの体質や、下半身太りの原因が異なっているからです。自分にピッタリ合う方法を実践しようと思ったら、どうして太くなってしまったのか原因を把握する必要があるでしょう。

あなたの下半身太りは何が原因?

足が太くなる原因は、ざっくりと言えば水分や老廃物によるむくみと、蓄積した脂肪によるものに二分されます。細かく見ていくと、筋力低下、血行不良、リンパの流れが悪くなっていたり……それらの原因も、運動不足や寝不足、ストレス、食生活の乱れや冷えなど非常に多岐に渡ります。思い当たる原因はありましたか?

きつい運動をせずともできることはたくさんあります。足元を冷やさないようにする、睡眠時間の確保を心がける、塩分の多すぎる食べ物を控える、体を温める効能のあるものを食べるなど、今日からできそうなことから実践してみましょう。

むくみを取ろうとして血液やリンパ液の流れを促進するためにマッサージを行う方は多いですが、脂肪が溜まってセルライトになってしまっているのにむくみを取ろうとしてもうまくいきませんよね。逆に、水分でむくんでしまっているのを脂肪と勘違いして有酸素運動をがんばっても、脚に疲労が溜まってしまいむくみが改善されないということも考えられます。

無理をしないことも効果的なダイエット法
実は、むくみを取りたいだけならマッサージや生活習慣の改善などで比較的ラクに脚やせをすることができるのです。しかし、脂肪が溜まっていたり、それがセルライトになってしまっていたりすると並大抵ではありません。本当に短期間で結果を出したいのであれば、無理に一人でがんばろうとせず、エステサロンなどで効果的に絞ってもらうことも視野に入れましょう。

3日で脚やせ成果を出すにはまずマッサージ

3日という短期間で脚やせ効果を実感したいときは、運動よりもマッサージを意識するのがいいでしょう。脂肪がついている人もまずはむくみを解消することがその後の脚やせにもつながります。決して運動が無駄というわけではありませんが、特に筋トレは即時に効果が出るものではないので注意が必要です。

脂肪を燃焼させる効果があるのは有酸素運動。無酸素運動である筋トレは、そのものにカロリーを消費する効果はありません。十分な筋力をつけることによって、有酸素運動で消費するカロリーを増加させてくれるのが筋トレですから、短期間で少しでもやせたい!という時には不向きと言えるでしょう。

短期間に筋力トレーニングを頑張りすぎてしまうと、脂肪が燃焼する前に筋肉がついてしまい逆に脚が太くなってしまう可能性もありますので気をつけて。長期間でじっくり、リバウンドしにくいキレイな脚を目指したいときには筋トレがおすすめです。

ダイエットだから運動!食事制限!と思わずに、まずはマッサージで脚をもみほぐしてあげましょう。むくみを取ることもそうですが、硬くなったセルライトはもみほぐしてやわらかくしないと解消できません。セルライトがある状態でいくらがんばって運動しても、その部分の脂肪を燃焼させることはできないのです。

血行促進でむくみ解消リンパマッサージ

足が太くなる原因の一つにむくみがあります。長時間立ちっぱなしの仕事に就いている方はもちろんですが、長時間座りっぱなしのデスクワークの方もむくみが発生しやすくなります。夕方になると履いている靴が窮屈に感じるようであれば、むくみを解消する必要があるでしょう。

むくみは余分な老廃物や水分が停滞することで発生するため、むくみを解消するには循環をスムーズにしなければなりません。リンパマッサージを実践すると血液とリンパ液の流れを促進させることができるので、慢性的なむくみにお悩みの方はリンパマッサージをマスターしましょう。

皮膚を傷つけないよう十分にクリームやマッサージオイルを塗り、足首からふくらはぎ、太ももと必ず下から上に向かって進めていきます。ふくらはぎなどは自分で行うとヒザ→足首の方向にマッサージしたくなるかもしれませんが、目的は脚に溜まってしまった老廃物を排出すること。そう考えれば、足首に向かって老廃物を押し込んでしまうのは逆効果だとわかりますよね。

脚やせ効果を引き出すならマッサージのタイミングも重要!

マッサージは脚やせのために効果的な方法ですが、より高い効果を引き出すならタイミングにもこだわった方がいいでしょう。いつマッサージしても同じ効果が得られるというわけではありません。血行が良くなっている状態で行うとリンパの流れもスムーズになりやすいので、入浴した後が効果的です。

循環が良くなることで溜まっていた老廃物や水分が体の外に排出されやすくなり、余分な脂肪が燃焼しやすい状態になります。バスソルトなどを使用することでも血行を促進することができますね。汗をかきづらい人は、お風呂にゆっくり入ってたくさん汗をかくだけでもむくみ解消の効果があるので、じっくりと全身浴することを心がけてみましょう。

もちろん入浴後だけでなく入浴中も血行が良くなっていますから、バスタブに浸かりながらマッサージを行ってもいいでしょう。入浴中のケアなら毎日忙しい方も無理なく続けられますし、入浴剤の作用で温熱効果も得られます。冷えも取れますし、足だけでなく全身痩せを目指す方にもおすすめです。

がんばりすぎはNG
お風呂でマッサージをする際は長湯でのぼせないように気をつけて。長く入れば入るだけよいというわけではありませんから、温まったと感じたらお風呂からあがりましょう。また、水分が不足すると汗をかきづらくなりますから、お風呂の前にしっかり水分補給をしましょう。紅茶やコーヒーなど利尿作用のあるものは避け、お水か麦茶を飲むのがおすすめです。

しっかり温まったあとは、足先が冷えないようにルームソックスなどを着用するのがいいでしょう。就寝中も使える着圧ソックスは、履いて寝るだけで脚のむくみがすっきりと解消されますから是非試してみてはいかがでしょう。

リバウンドしない脚を目指すエクササイズ

太りにくい体質を作る有酸素運動

脚やせのためにトレーニングやエクササイズ、マッサージなどの方法を実践する方が多いですが、脚やせ効果が現れ始めたら再び太くならないように工夫することも大切です。普段から太りにくい体質を維持するために、食事を見直したり運動習慣を身につけるなど生活習慣を改善することも必要不可欠です。

運動を行うときは有酸素運動を取り入れるといいでしょう。有酸素運動とは酸素を多く取り入れながら行う運動法で、体の中に入った酸素が余分な脂肪を燃焼させる効果を発揮します。短期間でやせるためにハードな運動を始める方もいますが、呼吸が乱れるほどの運動は有酸素運動には該当しません。ウォーキングやエクササイズといった簡単で続けやすい運動がおすすめです。

筋力不足を解消するエクササイズ

足が太くなってしまった原因が運動不足にあるという方は、目標期限のあともじっくり腰を据えて筋力トレーニングに繋がるストレッチを実践することをおすすめします。スクワットは場所を選ばずどこでもできるトレーニング法ですから、リビングや寝室などで手軽に実践できるでしょう。

ただ長い間運動不足になっていた方が急にスクワットを始めると、かなりキツさを感じます。慣れるまでは腰に手を当てて無理のない姿勢で行います。徐々に慣れてきたらスクワットの回数を増やしたり、体への負荷を増やしながら効果的な方法にシフトしていきましょう。

骨盤の歪みが足の太さの原因になっている方は、骨盤の歪みを解消しなければなりません。横になった姿勢で片足ずつ上に上げるだけでも引き締め効果が実感できます。

ヒップアップ効果が嬉しいスクワット

スクワットはハードな運動というイメージをお持ちの方も多いですが、場所を取りませんし高いスリムアップ効果が得られますから、脚やせやヒップアップを目指す方にはスクワットを習慣にすることをおすすめします。

筋力トレーニングやジョギングなどの方法と比べても手軽ですし、室内で実践できるため天候に左右されることもありません。スクワットによって引き締められるのはお腹周り、お尻周り、足と広範囲に及び、筋肉が鍛えられるうえ血行促進や脂肪燃焼など嬉しい効果に期待できます。

毎日続けるためにも1度に行う回数は少なめに設定しておくことがポイントです。体がキツいときは5回程度で止めて、両手を頭の後ろにおけるようになったら10回から15回と増やしていくといいでしょう。

セルライトの溜まった太もものエクササイズ

太ももにセルライトが溜まっているか動かを確認したいときは、左右の親指を太ももに押し当ててみるといいでしょう。皮膚の表面がデコボコとした状態になればセルライトが溜まっている証拠と言えるでしょう。

太ももは足の中でも一番太く、マッサージやストレッチだけでは細くなりにくい部位です。より高い効果が期待できるエクササイズを取り入れて中から細くしていきましょう。太もものエクササイズでは筋力の強化がポイントになります。

普段使わない筋肉をしっかりトレーニングするために、片足のヒザを90度に曲げてもう片方の足を後ろに伸ばします。このエクササイズを左右交互に行えば、太ももだけでなく骨盤の強化にも繋がります。エクササイズと同時に着圧レギンスなどを取り入れるのもいいでしょう

 

足を細くする歩き方と太らせる間違った歩き方

足が太くなってしまう原因は歩き方にもあるので注意が必要です。足を細くしたい方はかかとの高いヒールを履くこともありますが、実際にはヒールを履くことで余計な力が入ってしまい、ふくらはぎに筋肉を付けてしまいます。

緊張感を持たせることは大切ですが、ヒールを履く場合は前かがみにならないように気を付けて正しい姿勢を保つことを心掛けましょう。普段スニーカーやパンプスなど比較的履きやすい靴を履いている方は、しっかりと足を上げて歩くことで脚を引き締める効果があります。

意識して歩くだけでも足に力が入りシェイプアップ効果につながります。全体的に姿勢が悪く猫背になっていると、足だけでなくお腹周りにも脂肪がつきやすくなります。時間があるときはモデルウォークを練習し、正しい姿勢を身に付けましょう。

 

脚やせを実現するために不可欠な条件とは

短期間で脚やせを実現させるために必要な条件となってくるのがモチベーションを維持することです。脚やせを目指す方はマッサージや温熱作用、筋力強化などいくつかの方法を実践することになりますが、どの方法も続けなければ意味がありません。

もちろん1回のマッサージでもある程度の効果は実感できますが、2回や3回と何度も繰り返し行っていけばさらに高い効果が得られます。しかし仕事から帰ってきて疲れていると、ついマッサージが面倒になってしまうときもあるでしょう。

そのようなときでもモチベーションをしっかり維持しておけば継続させる力になるので、最初に掲げた目標に近づくことができるのです。自分が理想としているモデルさんの切り抜きをいつでも見える場所に貼っておくだけでもモチベーションの維持に繋がります。