emsの脚やせ効果は?家庭用とエステのemsに違いとは?

効果的に脚やせを進めていくためには、筋肉をバランスよく鍛えていくことがポイントです。ただ、素人が運動や筋トレで鍛えられる筋力には限界があります。そこでおすすめなのがemsという方法です。emsでは、電気の力で筋肉を鍛えていき、全身の筋力をバランスよくアップしていくことができます。

トレーニングやエクササイズなし!emsによる脚やせ

emsとは一体何?概要説明と特徴

emsとは、一体なんでしょうか?emsという言葉を聞いても、ピンとこない人も中にはいるでしょう。

emsとは?
emsとは、Electrical Muscle Stimulationの頭文字をとったもので、電気による筋肉への刺激を意味しています。emsでは、電流を流して刺激して、筋肉を鍛えていくことができます。

本来、筋肉を鍛えるためには、筋トレや激しい運動で大きな負荷をかける必要がありますが、emsの場合はその手間が省けます。通常人が筋肉を動かす時には、脳からの電気的な指令が働いています。その脳の代わりにemsが電気を送り、筋肉を働かせるという仕組みです。

また、これにより人が意識的に動かすことの難しい部位まで刺激できるのが特徴。もともとはスポーツ界のトレーニングや医療分野のリハビリなどに利用されている方法であり、それを応用して今では人気のダイエット法の1つにもなっています。

emsでは、全身の筋肉を楽にバランスよく鍛えることができ、代謝アップや脂肪燃焼効果も効率的に得られます。これが最大の特徴であり、ほっそりとした脚を望む女性のダイエットにも十分役立てていくことができます。しかも、極端なケースであれば寝ながらでも筋肉を鍛えることができるため、体力的にも非常に楽ができるというわけです。

なぜ脚やせできるの?電気刺激に期待できる効果とは

一体なぜ電気刺激で脚やせが期待できるのでしょうか。それは、先にも述べたように電気刺激によって筋肉が鍛えられ、それによって体全体の代謝がアップしていくからです。どんなに運動をしてもトレーニングを積み重ねても、元々の筋肉量が少なければ、消費できるカロリー、脂肪細胞は限られてきます。

その点、emsでは元々の筋力をアップしていくことができるため、代謝をぐんと底上げすることができます。脂肪燃焼効果に関しても同様です。日常生活の中での活動で今までと同じような動きをするだけでも、カロリー消費の数字をぐんとアップさせることが可能です。無理に激しい運動を始めなくても、普段の生活の中で十分にダイエット効果を得られるという人もいます。

emsで脚やせするなら知っておきたい筋肉の話

体の中の筋肉には、速筋と遅筋の二つの種類があります。

速筋とは
短距離走、高跳びといったフィールド競技やウエイトリフティングなど、瞬発力を必要とする運動や活動に使われます。皮膚に近いところに位置し、その色合いから「白筋」とも呼ばれています。一般的な筋トレによって鍛えられるのは、この筋肉です。
遅筋とは
マラソンやジョギング、ヨガといった有酸素運動をする時に使用されます。皮膚から遠い体の奥に存在し、よくインナーマッスル、コアマッスルと言われているのはこの筋肉です。見た目の色合いから「赤筋」とも呼ばれ、エネルギー源として脂肪を使います。

脚の形をより綺麗にしていきたい、引き締め効果を高めていきたいというのであれば、速筋を鍛えることができる低周波での施術がおすすめです。それに対して、脂肪燃焼、むくみ改善を第一とするのであれば、中周波や高周波を組み合わせるのがよいでしょう。

emsで脚やせをしていくのであればまず、それぞれの周波数による効果をしっかり理解することが大切です。そして、どの筋肉を鍛えれば自分の脚やせに効果があるのかを、知識としてしっかり身につけておきましょう。この二つを理解した上で、emsを使いこなし、適度な運動、筋トレを取り入れることができれば、おのずとダイエットの成果もより実感しやすくなっていきます。

電気刺激の周波数によって効果に違いはある?

emsは電気刺激の周波数を変化させることで、効果にも違いを持たせています。そもそも、周波数は低周波と中周波、高周波の3つに分けることができます。

それぞれの周波数
低周波…1~1,000Hz
中周波…1,000~2,000Hz
高周波…3,000~50,000Hz

低周波は、皮膚から浅い位置にある部位を刺激します。このため、瞬発力を発揮するときに使う速筋という部分に効き目があり、より綺麗なボディラインを維持するために役立ちます。腹筋や胸、二の腕などのパーツに効果的。家庭用ems機器の多くは、この周波数を利用しています。

中周波は、皮膚から約3~4センチの範囲にアプローチする周波数です。速筋の刺激に加え、リンパの流れを促したり、血行促進効果があるため、むくみや冷えによって脚が太くなっている人におすすめです。ふくらはぎのむくみや太もものセルライトを解消したい人に向いています。

それに対して高周波は、より肌から奥深い10センチのところまで届く周波数で、いわゆるインナーマッスルを効率的に鍛えることができます。遅筋と呼ばれる持久力のいる運動に用いられる筋肉をピンポイントで鍛えることが可能。脂肪を早く燃焼させていきたいという人には、このタイプがおすすめです。

また、複数の振動を使って、より広範囲にアプローチしていく干渉波を利用するems機器もあります。

エステサロンの施術で可能!emsの脚やせ

emsの施術はどこで受けられる?

emsの施術は、エステサロンや医療機関などで受けることができます。より気軽な施術で美脚を目指したいなら、世間一般に浸透しているエステサロンの痩身コースに申し込むのがよいでしょう。エステサロンでは、痩身コースの中にemsが組み込まれているものもあれば、ems単体で施術が受けられるところもあり、それぞれで特徴は異なってきます。

徹底的に脚やせをしていきたいというのであれば、emsと合わせて他の施術を組み合わせていくのがおすすめです。もちろん、費用面での負担がその分大きくなるため、それがネックになる、予算が限られているという場合にはemsの施術のみの利用で活用していくのがおすすめです。

ems施術を受けられるエステサロン
ミスパリ、スリムビューティーハウス、エルセーヌ、たかの友梨、ラ・パルレなど

気になるemsにかかる費用の相場について

ここまでくると、エステサロンでemsの施術を受けるといくらほど費用が必要になるのか、気になってくる人もいるでしょう。具体的な金額についてはそれぞれのサロンによって違うため、一概に言えるものではありません。平均では、1回あたり1万円から2万円程度の費用が必要になってきます。

中には数千円や体験メニューの一環として数百円程度で利用できるものもありますが、ほとんどは会員限定、もしくは初回限定のサービスとして利用できるものです。もちろん、継続して利用するのであれば利用するに越したことはありません。

しかし、ある程度予算に余裕がある場合であれば、別の方法として、複数回の施術がセットになっている痩身コースがおすすめです。

emsによる脚やせを自宅で実践していくなら

エステだけじゃない!自宅で使用できる家庭用emsとは

実は、emsを利用する方法は、エステサロンに通わなくても可能です。emsには家庭用機器があり、それをうまく活用すれば、素人でも自宅で簡単にスッキリと脚を引き締められることが期待できます。もちろん、エステサロンでの施術に比べると質は下がってしまいますが、わざわざエステサロンに通って高い料金を支払うよりは賢い方法だといえます。

販売されている家庭用emsの多くは、素人でも安全に使えるようにとそのパワーが弱めに設定されています。あまりに強い出力のマシンだとケガや火傷のリスクも高まりますが、家庭用の場合にはそのリスクが軽減されているというわけです。

性能自体はエステサロンで使われているものと大差はなく、使い方に関しても変わりません。もちろん、メーカーや価格によって品質の差は出てくるものの、ダイエットのためのアイテムとして十分に役立てていくことができます

機器によって、パッドを貼るタイプやバンドタイプ、グローブタイプといった形状の違いがあります。また、中には、エステメニューでも人気の高いキャビテーションやラジオ波といった機能を搭載しているものもあるので、実際に購入する場合は、よく比較して検討しましょう。

効果をしっかり出すために!家庭用emsの正しい使い方

ダイエット効果をより高めていくために、家庭用emsを使う時には正しい方法を心がけていきましょう。使用する部位が決まっている場合にはそれを守ること、そして使用時間、回数に関しても同様です。この回数や時間を守らないと、副作用や痛みを引き起こす恐れもあるため注意が必要です。

また、効果を高めるためのポイントとして、できるだけ大きな筋肉を鍛えていくようにします。大きな筋肉を広範囲に鍛えることができれば、それだけ代謝もアップしていきますし、脂肪燃焼にもつながります。小さな筋肉をいくら鍛えても効率的な脂肪燃焼にはつながらないこと、この点はしっかり押さえておくようにしましょう。

電気刺激で負荷をかけた筋肉は、回復するのに1~2日程度を必要とします。毎日同じ部位を刺激するのではなく、日ごとに場所を移動させて、1度刺激した部位を休ませるように意識しましょう

人気の家庭用ems機器
ボニックPro、スレンダートーン、パーフェクト4500HOT、シックスパッドなど

emsを利用するにあたっての疑問や心配点

エステと家庭用emsそれぞれの利点と欠点

エステで行うemsの施術の利点、それはなんといっても本格的な施術で成果が得やすいという点です。家庭用のマシンに比べて高性能であり、痛みがあまりないというメリットがあります。また、エステサロンによっては品質保証がなされているため、安心してサロンに通うことができます。

ただ、その反面で価格が高すぎる点がネックになってきます。予算が少ない人にとってはデメリットとなるため注意が必要になってきます。

価格の点で魅力的なのが、家庭用のemsです。安いものでは数千円程度で購入できるものもあり、初期費用だけで安定的に施術を繰り返すことができます。予算が限られているという人であれば家庭用emsがおすすめです。ただし、機器によっては定期的にパッドの交換やジェルが必要なものがあり、初期費用のほかにも費用がかかってきます。

エステと比較すると、効果の出方にばらつきがでてしまいますが、わざわざ外出しなくても使用できるというメリットもあります。

一番気になるemsの痛みや副作用は?

emsは効果が高い分、体に何かしらの副作用があらわれるのではないか、そう思われる人も中にはいるでしょう。確かに、人によってはemsによる電気刺激で身体が過敏に反応し、痛みを感じることもあります。ただ、これはごく一部の例で、マシンのパワーを調節することで十分に対処していくことができます。

また、emsの商品の中には使用する部位があらかじめ決まっているものがあります。お腹に使用するタイプのものであればそれに特化した設計になっているため、他の部位に使うことで皮膚トラブルや痛みを誘発するリスクが出てきます。そもそも、使い方を間違えなければ問題が起きる確率は低いものです。emsを使う際には、使用方法に十分注意して取り扱うようにしましょう