むくみやセルライトで太った下半身の脚やせ対策

脚やせは部分やせの中でも対策しづらく、やせにくい部位と言われています。エクササイズをがんばったり、食事制限をしてみても太ももやふくらはぎが細くならない!と思っている方は、脚やせに特化した対策を狙ってみるといいかもしれません。

実は、いわゆるダイエットをがんばっているだけではなかなか脚やせしづらいのにはきちんと理由があるのです。これを機会に正しい対策方法を知って、美脚をゲットしたくありませんか?この記事では、脚やせのための正しい対策、人気のダイエット方法などをまとめてご紹介しています。

脚やせ対策に悪影響!?むくみ・冷え性と脚やせの関係とは

脚が太いのは脂肪が蓄積しているのが原因だろうと思って、有酸素運動や食事制限を試してみたけど脚だけなかなかやせない……という方は、自分の脚が冷えていないか?むくんでいないか?ということを確認してみるのがオススメの脚やせ対策です。お腹まわりや上半身のダイエットに成功したのであればなおさらです。

なぜなら、お料理に使うお肉をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、脂肪は冷えると固くなり、燃焼させる効率が悪くなってしまうんです。冷え性やむくみは下半身の血流が悪くなってしまっていることが原因で起こりますが、この状態のままダイエットをがんばるよりも、循環の良くなった状態で運動をしたほうが脚やせしやすいんですね。

ここがポイント!
また、むくみはセルライトの原因にもなってしまうため、脚やせ対策のためにもむくみを取ったほうがいいことはご存知でしたか?セルライトの原因の半分ほどは脂肪が溜まりすぎて固まってしまうことですが、その次に多いのがむくみからできるセルライト。脚に溜まってしまった老廃物が脂肪と絡み合って固まってしまうのが原因なんです。

これらのセルライトを対策せず放置しておくと、ぎゅっとつかまなくてもボコボコがわかる硬化セルライトに悪化してしまうこともあります。脚が冷えてるな、と思ったら、運動よりもまずは半身浴やマッサージなどで血行を改善するのがいいでしょう

そもそもむくみってどうして起きるの?

脚やせ対策の大敵・むくみ。どうして脚にばかりつらいむくみが起こってしまうんでしょうか。それは、足先が心臓からもっとも遠い位置にあるためです。心臓がポンプの力で全身の血液を循環させてくれていますが、足先は心臓から遠く、また体全体でもっとも重力の影響を受けるため、血液が足先から心臓に戻るための力が弱まってしまうんです

これを補って脚やせをサポートしてくれるのが第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉です。でも、女性の方がどうしても男性より筋肉がつきづらいため、対策しないとふくらはぎのポンプ機能が衰えがちです。

また、ふくらはぎの筋肉は心臓と違って動かさないと作用しませんから、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、日中ずっと同じ姿勢で仕事をしていたりすることも脚やせ対策の大敵です。

そもそも筋力が弱いうえ、あまり使っていないとなるとポンプの作用も弱まってしまうもの。冷え性やむくみに悩んでいる人は、少しでもふくらはぎの筋肉を使うよう意識して習慣づけるといいでしょう

ここがポイント!
また、骨盤が歪んでいても腰から下の血流が妨げられてしまうため、生理の前後で骨盤がゆがみやすい女性は男性よりも下半身の冷えやむくみに悩みがちです。骨盤矯正のためのベルトやストレッチ、ヨガなどを試してみると脚やせ対策にもなりますし、腰痛の改善にもつながりますよ。

 

むくみをなくすのに有効な手段とは?

むくみに悩む方にとって、どのような手段を使えば有効なのかは関心が高い所でしょう。まず、むくみの対策としてはふくらはぎのマッサージやストレッチがあります。血行を促進して、不必要な水や老廃物を流れやすくする目的がある手段です。

運動も有効な手段であり、脚を動かす事で脚やせの対策をする事ができます。ダイエットにもなるような本格的な運動以外にも、室内でできる簡単な運動や寝る前に少しできる運動もあるので、様々な対策から利用しやすいものを試してみましょう。

ストッキングにもむくみの対策に使いやすい物があります。市販されているものでも、医療用の技術を応用した着圧レギンスが脚やせ・むくみ対策に人気です。適切に使う事で効果的になりますが、着用しにくいという欠点もあるので人によって向き不向きがあります。

セルライトを落とすのに有効な手段とは?

セルライトを落とす為には、原因別に適切な対策を行う必要あります。お財布に余裕がある方ならエステサロンに通ってみると、プロのエステティシャンのアドバイスを受けられますのでオススメです。美容の観点からも無理のない脚やせ対策を教えてもらえるので、通わないまでも一度行ってみるといいかもしれません。

むくみを原因とするセルライトであれば、エステティシャンと相談をした上で衝撃波による施術やマッサージになどよって対策していく事になるでしょう。衝撃波での施術を行う事で、セルライトのに直接働きかけて溶かすこともできますので、短期間での脚やせを狙うなら検討してみてください。

ここがポイント!
初めて利用するエステサロンではカウンセリングが行われます。このカウンセリングからセルライトを落とす対策方法やアフターケア等を検討していく事になるので、正確な情報を受け答えする事が大切です。はずかしいと思わず、どの部分を脚やせしたいかなどきちんと質問に答えましょう。

自分ではむくみが原因と思っていても、実際は肥満が原因である等の場合はむくみとは別の方法での施術になるでしょう。自己判断で極端な対策を行うと体に良くない影響があることもありますから、エステティシャンのアドバイスを受けておくことは脚やせ対策のうえでも決して無駄にはなりません。

脚やせに有効的な手段はマッサージ!

脚が太い原因は様々にあり、そのため脚やせの対策も様々です。もし、むくみが原因で脚が太いのであれば、有効的な手段の1つがマッサージになります。マッサージを自分で行う際は、より良いマッサージになるようにコツを覚えておきましょう。

タイミングが重要!マッサージで脚やせ対策

まず、マッサージを行うタイミングを選ぶ事です。体が温まっている状態がベストですから、お風呂やシャワーの後を脚やせ対策チャンスとみてマッサージを行いましょう。自分でマッサージする際は、肌が擦れて痛いという場合もあるでしょう。そこで、マッサージ用のクリームを入手しておくのがおすすめです。

脚やせマッサージ専用のクリームは高価ですが専用のものですので安心して使用できるという安心感があります。また、代用としてコールドクリームなどを利用するのも良いでしょう。リーズナブルで使いやすいので、マッサージの際に役立つアイテムになります。

脚やせ対策のできるマッサージの種類とそのやり方

脚やせ対策にぴったりのマッサージ
むくみが気になる リンパマッサージ
冷え性が気になる 足ツボかっさマッサージ
セルライト対策 セルライトつぶしマッサージ

脚やせを狙ってマッサージをする場合は、マッサージ機械を使うかセルフマッサージを行うかの大きく分けて2種類があります。マッサージ機械というと高価なマッサージチェアをイメージするかもしれませんが、近年は小型で比較的リーズナブルな脚やせ対策用のマッサージ機械からも選べるでしょう。

セルフマッサージをする際は、基本的に下から上へと行っていく形になります。爪先から揉み始めてふくらはぎから脛、膝の裏から太ももと場所に応じてさすったり揉んだりしていく方法です。ツボなどを調べて刺激してあげると、脚やせ以外にもさまざまな対策ができますから試してみてください。

ここがポイント!
あまり力を入れると痛くなるだけでなく肌を痛めてしまうこともありますから、気持ちいいと感じる程度の力で進めていきましょう。手の様々な部分を使って、揉んだりさすったりしやすい部分を探しながら行うのがコツです。リンパの流れを意識したリンパマッサージなら、より効率よくむくみの改善ができますよ。

脚の太り方によって脚やせ対策は異なる!

脚の太り方は人それぞれで、全員の原因が同じという訳ではありません。むくみが原因の方と、肥満が原因の方の脚やせ対策は異なりますから、全く同じ方法を使ってやせるのは無理があります。しかし、太り方によって適切な脚やせ対策がありますので、個別の方法を参考にしながらダイエットを行っていきましょう。

また、脚の太り方のタイプの違いはあれど、共通して重要なのは適度な運動です。脚の健康を保つには運動が重要であり、体の機能を活発にして痩せやすくする事ができます。また、痩せた後も運動を続ける事で、太りにくい脚にする事もできます。

これらのように、脚の太り方によって脚やせ対策は異なるものです。適切な方法さえ理解できれば、脚やせを実現していくのは思っているより簡単になるでしょう。

下半身太りを対策するための脚やせ運動

下半身太りを解消するための運動として、無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが有効になります。一般的にダイエットは有酸素運動が効果的とされていますが、順序を守って無酸素運動を取り入れる事でより脚やせにとって効果的になる理由があります。無酸素運動を行った後は、人間の体が脂肪を燃焼しやすい状態になっているからです。

例えば、室内でフィットネスバイクを使った有酸素運動をする際に、少しだけ筋トレをしておきましょう。本格的なメニューを組んで行うと疲れてしまい、脚やせ対策には逆効果になってしまいますからほどほどにしておきましょう。あくまで、有酸素運動を効果的に行う為の準備として行う事が重要です。

有酸素運動は30分以上継続して行う事で、効果がある方法になります。例にあげたフィットネスバイクの場合は、心拍数によって負荷を自動調整してくれるモデルを選ぶと良いでしょう。軽く漕ぐ事ができて、それでいて効果的という有意義な下半身太りの対策法になります。

脚やせするときに用心しておきたいポイント

脚やせをする際は、目標の体重やボディラインを達成できるように計画的なダイエットをする事がポイントになります。あまり急激なダイエットをすると皮膚がたるんで脚のボディラインが綺麗にみえにくくなるので、用心しましょう。

また、リバウンドを抑止する意味でも1か月につき1kg程度の目安でダイエットをして、その中で脚を細くしていくようにするのが適切です。時間を掛けてついた脂肪はそうそう急に落とすことはできません。脚やせ対策に大切なのはなによりも継続することです。

また、細くて綺麗なボディラインにするには、ある程度筋肉も必要です。単純に細く見えるだけでなく脚の曲線が綺麗に見えやすくなります。筋トレと減量の為の運動を両立するのは少し難しいので、負荷がかかり過ぎないように調整しながら進めていきましょう。油断すると脚の痛みが生じるので、健康管理に用心する必要があります。

脚やせダイエット中には食生活が重要な対策ポイントに!

脚やせダイエットのポイントとして、食生活についても把握しておきましょう。まずは、自分の体をチェックして何が脚を太くしている原因になっているのかを調べる必要があります。もし、肥満が原因であればダイエット向けの食事である高カロリーの抑止をするのが効果的です。糖分や脂肪分の多い食生活であれば、見直しすることで脚やせ対策になりえます。

むくみによって脚が太くなっている場合は、塩分のコントロールが重要です。塩分の取り過ぎが原因で脚のむくみが生じやすくなっている場合があるので、脚やせのためにも料理の味付けを工夫して減塩していくようにしましょう。

ここがポイント!
筋肉が鍛えられて脚が太い場合は、食事量かカロリー量に注意した対策が必要です。運動量を調整して脚を細くしようとすると、食事量だけが強い筋肉を維持する為と同程度のままになってしまいます。運動量を少なくするのなら、食事量も見直して、カロリー量が過大にならないようにしましょう。