特別な日のために!1日で足を細くする方法とは

ボディラインをより綺麗な状態にしていきたい、特別な日を前にした女性がそう考えるのは当然のこと。しかし、デートやイベントが明日に迫っているなら、急いで対処しなければいけません!そんな時におすすめなのが1日で脚やせを目指す方法です。人によっては数センチ単位で足を細くしていくことができるので、とっておきのファッションを身に着けたい時にぜひ試してみてください。

1日脚やせダイエットを成功させる秘訣とは

1日で脚やせするには何をすべき?

1日で劇的な脚やせ効果を得るために、最も手っ取り早い方法として挙げられるのが、その部位のむくみを解消する方法です。下半身、特に足部分は、特にむくみの症状が出やすい場所です。血流が悪くなって足に老廃物や余分な水分がたまっていくと、これがさらに悪循環となり、血行不良、代謝低下を誘発していきます。

こうした症状を緩和するためにまず有効なのが、血行を促すための入浴、そしてマッサージです。入浴で血行をある程度促進することができれば、自然とむくみの症状は治まっていきます。より効果を高めていきたいのであれば、マッサージによる刺激で、老廃物と余分な水分を血流に押し流していきましょう。

この組み合わせを1日試すだけでも、十分に脚やせ効果を実感することができます。

1日で脚やせするには上半身への働きかけが重要!

たった1日で脚やせを実現するためには、下半身へのアプローチだけでなく、上半身への働きかけも重要です。下半身だけ血行が良くなったとしても、それはあまり意味がなく、あくまで全身の代謝がアップしていった方が得られる効果も高くなっていきます。

下半身痩せ、そして脚やせのために代謝を良くしていくなら、上半身の血流も促進していくようにしましょう。先に挙げたように、入浴によって身体を芯から温めるのも1つの手ですし、時に上半身にもマッサージを施すことによって、さらに血行を促進することができます。一見すると関係ないように思える上半身のマッサージ、まずはその重要性について押さえておくことが大切です。

血行がよくなることでむくみの症状が緩和され、それだけでも脚やせの効果を十分に実感することができるでしょう。

1日で脚やせするために!上半身に働きかける入浴方法

入浴なら毎日しているのに痩せない!、という人も多いでしょう。しかし、入浴しているといっても、軽くシャワーだけで済ませてしまっては意味がありません。

入浴は、短時間ではなく、少しぬるめのお湯でゆっくりと続けていくのがおすすめです。上半身に働きかけるポイントとしては、身体を芯から温めるために、休憩を挟みながらできるだけゆっくりお湯に浸かることです。

熱いのが苦手という人であれば、半身浴に挑戦するのもよい方法です。

半身浴の方法 入浴時間 お湯の温度 お湯の量
目安 20~30分 38~40度 みぞおちまで

半身浴であれば、体に無理な負担をかけることなく、じんわりと温め、血液やリンパの流れを促進できます。1日だけでなく、継続していけば、脚やせばかりか冷え性の悩みも軽減するのではないでしょうか。

また、上半身の血行を良くする別の入浴方法として、岩盤浴があります。岩盤浴は、鉱石による遠赤外線効果もあって、自宅での入浴よりも効率的に体を温めることができます。1日脚やせダイエットと平行して取り入れることで、下半身と上半身、同時にケアしていくことができるというわけです。もちろん、費用がかかる分、向き不向きが出てきますが、脚やせに効果的な方法として押さえておいて損はありません。

1日で美脚をゲット!明日までに脚やせする方法

ストレッチを行って1日で脚やせする方法

血行を良くするという意味では、ストレッチもその方法の1つとして挙げられます。ストレッチは全身の筋を伸ばし、筋肉の緊張をほぐす効果があるほか、血管やリンパの状態を良くしてその流れを促進していくことができます。

【1日脚やせストレッチのやり方】

1.床の上へ横向きに寝転がり、体の下側にある手で頭を支えましょう。
2.上側の脚を体の前方に出してずらします。
3.ゆっくりと下側の脚を床から持ち上げていきます。
4.脚を上げた状態で10秒間静止したら、今度は下ろしていきます。床に着く寸前で止めます。
5.脚の上下を5~10回繰り返します。
6.体の向きを変えて、反対側の脚も同じように行いましょう。

これを1セットとして、3セット行います。

ストレッチによる脚やせ効果を高めるには?
入浴後など、できるだけ体の温まった状態でストレッチをするようにすれば、相乗効果を得られます。
開始前、コップ1杯の水を飲んでおけば、リンパの流れがよくなります。

1日脚やせダイエットに取り組む日以外でも、運動の後などにストレッチはおすすめ。この場合、血行促進効果の他にも筋肉や筋の疲れを癒す目的もあるため、その日の疲れを次の日に持ち込むことがありません。ストレッチが万能というわけではありませんが、次の日の筋肉痛、ひざ痛などが嫌だ、予防しておきたいという人は、その後のストレッチを徹底していくようにしましょう。

椅子に座ってできるエクササイズで脚やせ

脚やせしたい日までたった1日しかないのに仕事が休めない!そんな場合には、椅子に座ってできるエクササイズを実践してみましょう。簡単なものを挙げるとすれば、かかと上げ運動がおすすめです。かかと上げ運動はその名の通り、椅子に座って姿勢を正した状態でかかとを大きく上げていくという1日脚やせエクササイズです。

【かかと上げ運動のやり方】

1.いつものように椅子に座り、背筋を伸ばして、足裏を床につけます。
2.つま先は床から離さないまま、かかとを高く持ち上げます。
3.この状態で床を踏みつけるように力を入れ、この形を10秒間キープします。

左右一緒にできるので、時間がかかることはありません。しかも椅子に座りながらできるので、仕事中や勉強中でも可能。たった1日という超短期間で脚やせを目指せる方法です。あくまでかかとを上げた状態で足の形をキープしていくのがポイントです。

普段からむくみ防止のために取り入れるのもよいでしょう。ある程度この動きに慣れてきたら、膝の上に本や荷物などを置いてみるのもおすすめです。足への負荷が大きくなる分、鍛えられる部分が大きくなりますし、それによって脚やせの効果も得やすくなります。

1日で足が細くなるリンパマッサージの方法

足が細くなる方法としては、マッサージが有効です。マッサージでは、セルライトやむくみを解消するやり方があります。1日で脚やせしたいのなら、特に、リンパの位置をうまく刺激して、老廃物や余分な水分を押し流していくことができるリンパマッサージがおすすめです。リンパマッサージはリンパ液が流れる部位を刺激することで代謝をアップさせていくことができます。

この時、強く刺激を与えすぎると血管が切れてしまったり内出血を起こしてしまう危険性もあるため、その力加減はよくよく注意しなければいけません。

リンパマッサージの際には、あくまで皮膚表面をなでるように、弱い力で行うことが大切です。また、必要に応じてマッサージオイルを使うなどして、リラックスしながら作業を行うのもおすすめです。

いざという時のために!普段から脚やせダイエットを

足の引き締め効果絶大なスクワットで脚やせ

1日のうちに脚やせダイエットができる方法もあれば、長期的に見て太りにくい脚を作っていく方法もあります。いざという時のために、キレイな脚を持続できるよう、1日だけでなく、普段から脚やせダイエットに取り組んでおきましょう。

足の引き締め効果が絶大な方法としては、なんといってもスクワット運動がおすすめです。筋トレの1種であるスクワットをすれば逆に筋肉が付きすぎてしまい、ダイエットの逆効果となるのではと思われる人も中にはいるかもしれませんが、実はそうではありません。むしろ、ある程度の筋肉を鍛えることによって代謝が良くなり、足を太くする原因となっていたむくみも解消することができます。

足の引き締めのためのスクワット、あまり無理をして取り入れるのは危険ですが、無理のない程度で続ける分にはおすすめです。1日といわず長期的な脚やせのために継続していきましょう。

スクワットのポイント!
腰を落とす際、お尻を突き出さないような姿勢を意識するようにしましょう。

この方法で太ももやふくらはぎ、欲しい筋肉だけをピンポイントに鍛えていくことができます。

太ももを重点的に絞る有酸素運動で脚やせ

先に挙げたかかと上げ運動は足全体をバランスよく鍛えていくことに長けています。それに対して、太ももだけをピンポイントで絞っていきたいという場合には、また別の方法がおすすめになってきます。

太ももやせに効果が高いとされているのは、健康にもよいと言われている有酸素運動です。有酸素運動は、ゆっくりと長い時間続ける運動のことを指します。心拍数が極端に上がることがないため、心臓への負担が少なく、より長い時間血流を促進させることができます。1日脚やせ法に加えて、ぜひ取り入れてみてください。

手軽にできる有酸素運動は?
ジョギング、ウォーキング、スイミングなど

水泳での脚やせならこちらの記事を参考に→脚やせ効果バツグンの水泳ダイエットで健康的にやせるには

また、同時にそれだけの時間脂肪燃焼に効果があるということなので、脂肪が蓄積されやすい太もも部分に対しても痩せる効果が期待できるというわけです。太ももをピンポイントで絞っていきたいという人は、ぜひ有酸素運動を取り入れていくといいでしょう。

1日脚やせダイエットの効果を長続きさせる生活習慣

足のむくみは塩分を控えめにして脚やせ

そもそも、足のむくみを助長させるものとして塩分の摂りすぎが挙げられます。普段から外食が多く、自炊することが少ないという人の場合には、特に注意が必要です。とりわけ外食では味が濃いめに作られているので、知らず知らずのうちに塩分を摂りすぎてしまうもの。1日脚やせダイエットを行う上でもマイナスポイントとなるわけです。

足のむくみを解消するためには、まずは塩分を制限していくことから始めていきましょう。もちろん、すべての塩分を取り除くというのは無理ですが、出汁の味を生かした和食レシピを多く取り入れ、それを中心にメニューを組み立てていくと、塩分が減らせます。たったこれだけの食生活の工夫でも足のむくみは予防できますし、症状の解消にも役立っていきます。

脚やせに必要な正しい生活習慣は1日にしてならず

足が太る不摂生な生活習慣として、カロリーが高く塩分の多すぎる食生活が挙げられます。ほかにも、睡眠不足や過度のストレス、疲れなど体に悪影響を及ぼす要素は多いため、注意が必要です。

睡眠不足や過度のストレス、疲れはそれだけでホルモンバランスを乱していきます。ホルモンバランスが乱れてしまえば、代謝の低下はもちろんですが、体調不良などを引き起こすこともあり、脚やせダイエットの天敵となってしまいます。

努力すれば1日でスッキリとした脚に見せることは可能ですが、その脚やせ効果を持続させるためには、代謝に優れた痩せやすい体を作っていくのが大切です。そしてそのためには生活習慣を改善して対処していくことが大事なのです。ダイエットのためにと過度の運動、食事制限を取り入れるよりも前に、規則正しい生活を心がけていくことを第一としましょう。